茶 摘 み 唄 茜 襷 は も う 見 へ ず

ちゃつみうた あかねたすきは もうみえず

「夏も近づく八十八夜 あれに見えるは茶摘みじゃないか 茜ダスキにスゲの笠」

手摘みはまだ行われているとのことですが、驚くほどの大きさの摘み取り機が、茶畑を席巻します。

あっという間に若芽を摘み取っていくようすは隔世の感があります。

作業が楽になるのはいいことです。

最近の五月の天候は、熱中症と無縁ではないことですし。

今年は冬に充分な寒さを超えているため、質のいい八女茶が取れていると聞きます。

今日は八十八夜です。

この句も読まれています。

ブローチの 珊瑚は 虫歯のごと 並ぶ... 昔々父が出張のお土産に珍しいことに珊瑚が並んだブローチを買ってくれたことがあった。 わたしは物には執着が薄いほうだと思っているが、長い人間の歴史の上で、小さなプレゼント はしたほうがいいのかもしれない。人は必ず別れるものだから。...
紅 梅 や 男 追 ふ ご と 咲 き 急 ぎ こうばいや おとこおうごと さきいそぎ 梅はまず白が咲きます。 何処の梅でもそうです。 古来から決まっているので、今年は紅が先だったなんてことはありません。 まるで、自分にはチラとも心のないオトコを追いかける若いムスメのように見えたりもします。...
去 年 今 年 た ら い を 舟 に 漕 ぎ 出 で る... 理不尽なこと、腹のたつこと、さまざまな納得のいかないことを抱えてというか、抱えたまま今年がスタートした。 たらいは、今にもひっくり返りそうだし、大きな船が通ると、その余波で沈まないように、沈められないように、生きた心地がしない。 浴びて溜まった水を掻き出すのも一苦労。 人の言動に、小さな引っかかる...
花菜漬 真似てみようか ひとり夜に... もう三月も半ばだというのに、霙降る夜。買っておいた菜の花に塩をして、おもしを置いてみる。これでできるだろうか 花菜漬け。花をちょっと食べてみる。菜の花の味、春の野原の味。  ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください