茶 摘 み 唄 茜 襷 は も う 見 へ ず

ちゃつみうた あかねたすきは もうみえず

「夏も近づく八十八夜 あれに見えるは茶摘みじゃないか 茜ダスキにスゲの笠」

手摘みはまだ行われているとのことですが、驚くほどの大きさの摘み取り機が、茶畑を席巻します。

あっという間に若芽を摘み取っていくようすは隔世の感があります。

作業が楽になるのはいいことです。

最近の五月の天候は、熱中症と無縁ではないことですし。

今年は冬に充分な寒さを超えているため、質のいい八女茶が取れていると聞きます。

今日は八十八夜です。

この句も読まれています。

寒牡丹 童(わらべ)のごとし 藁(わら)帽子... 寒牡丹は、麦わらの帽子をかぶされている。 その上に、雪が積もっている。 わたしは今まで、恥かしいことだけど、寒牡丹は温室にあると思っていた。 一般の牡丹とは、種類が違うことを今年知った。 藁の笠がかわいらしい。 うちの牡丹が咲くとき、貸してほしい。 季節がちがうから。 一般の牡丹が咲くころは、牡丹に...
今 朝 の 虹 老 練 の 恋 程 を 読 み けさのにじ ろうれんのこい ほどをよみ ずいぶん前「マディソン郡の橋」というのがありました。 世間では好評だったようでした。 あまり美しいものだとは思えなかったけれど、実際には年を重ねてからの恋愛はあるものだと思います。 ジムに、外を走って、ロッカーと、入浴だけを提供するコースが、以前からあったも...
寒雲の どこまで空か 海荒れて 一面の冬の雲、灰色の海は波荒く、うねるようで恐ろしい。 いつもなら見えるはずの小島も見えず、たたきつける波のしぶきだけ白い。 冬の海は見ていて、すごい、飽きない。...
もろもろの 不安の雲の 湧き上がり... まるで入道雲を早送りで撮影したみたい。 あれもこれも考え出したらきりがない、止まらない、眠れない。 よかったらクリックください。励みになります。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください