茶 摘 み 唄 茜 襷 は も う 見 へ ず

ちゃつみうた あかねたすきは もうみえず

「夏も近づく八十八夜 あれに見えるは茶摘みじゃないか 茜ダスキにスゲの笠」

手摘みはまだ行われているとのことですが、驚くほどの大きさの摘み取り機が、茶畑を席巻します。

あっという間に若芽を摘み取っていくようすは隔世の感があります。

作業が楽になるのはいいことです。

最近の五月の天候は、熱中症と無縁ではないことですし。

今年は冬に充分な寒さを超えているため、質のいい八女茶が取れていると聞きます。

今日は八十八夜です。

この句も読まれています。

うつうつと 今日も働く 雪吹いて 働かなければなりません。 雪のふる寒い朝、ああこんな日にも働くから、これが給料分か と思います。
寂しさが 渦を捲き来る 虎落笛 冷たい風が、電線をうならせて、ヒューヒューとなんともやりきれない音を出す。 コートの襟を立てて歩く。寒さは変わらない。悲しみ寂しさが自分を真ん中にしてつむじ風を起こしているような気が する。虎落笛のなく日は、こころが凍える。...
青 蜜 柑 (みかん) 逢 え て 嬉 しと 言 わ れ け り... 3283 / sakura_chihaya+ 挨拶かもしれない。久しぶりに 出逢った人に、逢えて嬉しいと 言われた。そりゃああたしも、 驚いたしもちろん嬉しかったけ れど、ストレートな言葉はとき に胸を打つ。...
踏み切りの 向こうは見えず 梅雨出水  ... バケツをひっくり返したような雨。洗え洗え荒い流せ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください