茶 の 花 の お ぼ つ か な さ や 冬 日 和

ちゃのはなの おぼつかなさや ふゆびより

お茶の木は、初冬小さな白い花をつけます。
花びらは小さく、その割には真ん中の黄色い芯が大きくて、アンバランスなかわいい花です。
原産は、中国南部からインド方面と言われ、臨済宗の開祖、栄西が中国から持ち帰り、茶の湯の広まりとともに、各地で栽培されるようになったそうです。

この句も読まれています。

逝 き し 人 応 援 席 に 甲 子 園 いきしひと おうえんせきに こうしえん 夏の高校野球の県大会。 横顔ながら、あまりに似ている。 世の中に、似ている人はかならず居るとは言うものの。 帽子のかぶり方、取り方。 笑顔。 涙でよく見えない。...
草取りの 手を止め毛虫を 焼き始め... 樹にも薔薇にも、いっぱい毛虫がついているのを、草取りの途中で 発見した。 これはもう放っとけない。 みるみるうちに若い葉っぱを食い荒らす。 チャッカマンで焼いた。 おもしろかった。...
船 の 行 く 関 門 の 霞 ( かすみ ) 晴 れ る ま で... 関門海峡 / so-oh 海というのは、見飽きることがない。 和布刈公園から、関門海峡を眺める。 霞がかかって、遠くははっきりしないけれど、海面がキラキラキリコ細工のように輝き、遠くを大小の船が行き交うのが見える。 遠出をする習慣のないわたしは、ここまで来ても、遠くに来たなと思う。 門司港は、観光...
冬の暮れ 屋根重なりて 湯の町の 冬の夕暮れ、温泉の街の、あちこちから 湯煙があがっているのは、みているだけで 温まるような気がします。 ひなびた街は、黒い屋根の古い民家ばかりで、 新しいものは、何もない。 日が暮れる少し前の、いつもの風景。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください