茶 の 花 の お ぼ つ か な さ や 冬 日 和

ちゃのはなの おぼつかなさや ふゆびより

お茶の木は、初冬小さな白い花をつけます。
花びらは小さく、その割には真ん中の黄色い芯が大きくて、アンバランスなかわいい花です。
原産は、中国南部からインド方面と言われ、臨済宗の開祖、栄西が中国から持ち帰り、茶の湯の広まりとともに、各地で栽培されるようになったそうです。

この句も読まれています。

新着の 求人はなし 秋紅葉 ハローワークにもすっかり慣れて、新着だけ見れば充分となりました。ほんの二分? iPhoneからの投稿
練 習 の カ ヌ ー 尻 目 の 船 頭 唄 熟練の船頭さんの竿さばき。 流れのゆるいところでは、初心者のカヌーの練習。 服装はいっぱし。 淵に沿って、恐る恐るの気持ちが、その動きに出ている。 若い頃から、荒い仕込みで見よう見まねで技術を身につけた、老練の船頭には、ちゃんちゃらおかしい様子。 何にも言わない、ただ地元の民謡など聞かせるだけだけど...
倒 れ し は 一 株 一 株 稲 を 刈 る たおれしは ひとかぶひとかぶ いねをかる 水害で、穀倉地帯と言われる地域の、稲刈り寸前の稲が大きな被害を受けました。 救えるものはなんとかしようと、水に浸かって倒れてしまった稲を、立て、水で重くなったものを、一株ずつ鎌で刈り取っていく、とんでもない重労働にある農家があります。 稲を、米を救いた...
冬木立 忘れたはずの 陽を浴びる 遠い昔を思い出す、この落葉の季節には。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください