茶 の 花 の お ぼ つ か な さ や 冬 日 和

ちゃのはなの おぼつかなさや ふゆびより

お茶の木は、初冬小さな白い花をつけます。
花びらは小さく、その割には真ん中の黄色い芯が大きくて、アンバランスなかわいい花です。
原産は、中国南部からインド方面と言われ、臨済宗の開祖、栄西が中国から持ち帰り、茶の湯の広まりとともに、各地で栽培されるようになったそうです。

この句も読まれています。

懐 メ ロ は ど れ も 唄 ヘ リ ひ き が え る... なつめろは どれもうたえり ひきがえる わたしにとってのナツメロは、生前父が歌っていた唄でした。 「かえり船」とか「めんない千鳥」とか「長崎のひと」とか「泣くな妹よ」とか。 いつの間にかナツメロは若返り、わたしの青春のころの歌に様変わりしていることをテレビで知りました。 情けないほどぜんぶ知って...
蓮 沼 に 耳 納 連 山 風 渡 る はすぬまに みのうれんざん かぜわたる 佐賀県吉野ケ里町の少し奥まったところに、人知れずと言えば大袈裟ですが、けっこうな広さの沼があります。 蓮の葉が広がりつつあります。 中に直立して、きっちり巻いた葉が直立しており、これは花になるといいます。 もう間もなく、ぽんぽんと音を立てて、蓮の花が咲き出す...
子 パ ン ダ の ま る ま る と し て 山 眠 る... こぱんだの たいじゅうふえし やまねむる パンダというのは、生まれたときの小ささもさることながら、すごいスピードで大きくなるんだと、テレビのおかげで知ることができました。 三頭身の愛らしい姿は、こころをなごませます。 見届けて、山は眠りについたようです。 モミジも終わり、静かになった山は、来...
シャバシャバと 雨の降る芽の 勢いて... よく雨が降る。春の前触れか。木も草も勢いを増すだろう。この雨で。じっくり土に染み込んで、ちょっとの干ばつくらいで負けないように。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください