茨 の 芽 ご め ん ご め ん と 鋏 入 れ

いばらのめ ごめんごめんと はさみいれ

薔薇の剪定は2月と決まっています。

この時季に剪定しないと、春にきれいな花をつけることが出来ないと、NHKの「趣味の園芸」で言ってました。

2月も終わりですから、紅い新芽がいっせいに出たところです。

もう少し早く取り掛かればよかった。

この小さな芽吹きの前に。

シュートと呼ばれる高いところに伸びた枝先まで切らねばなりません。

天気のいい日曜日です。

この句も読まれています。

牛車引く 秋の大祭 道真忌 菅原道真の遺体を乗せた牛車が、停まったところが大宰府だという。 榎社と天満宮を結ぶ秋の田舎道を、雅楽の演奏とともにそぞろ歩く。 九月半ばのこと。...
スケッチの 大楠なぜか 屋根に生え... 観世音寺という由緒あるお寺があります。 そこでもスケッチ大会がありました。 大屋根のむこうにそびえる大楠、その雄雄しい姿を絵にしたものです。...
瓦屋根 落ち葉を載せて 夕時雨 瓦の屋根は落ち葉が降り積もる。 つるつる滑りそうだが、なかなか滑らない。 色が変わって、きれいじゃなくなっても、そのまま。 夕方時雨が屋根を打つ。 落ち葉を載せた瓦を容赦なく雨が叩く。 雨が上がれば、きれいじゃない落ち葉は、ますますみすぼらしくなる。...
いつのころ 電車の天井 扇風機 冷房のないころの電車には、天井に激しく回る扇風機がついていたものです。 ブイーンブイーンと音をたてて回ります。 自分のほうに来ると、ほっとしたものです。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください