茨 の 芽 ご め ん ご め ん と 鋏 入 れ

いばらのめ ごめんごめんと はさみいれ

薔薇の剪定は2月と決まっています。

この時季に剪定しないと、春にきれいな花をつけることが出来ないと、NHKの「趣味の園芸」で言ってました。

2月も終わりですから、紅い新芽がいっせいに出たところです。

もう少し早く取り掛かればよかった。

この小さな芽吹きの前に。

シュートと呼ばれる高いところに伸びた枝先まで切らねばなりません。

天気のいい日曜日です。

この句も読まれています。

烏 瓜 許 さ ざ る も の 絡 め 取 り からすうり ゆるさざるもの からめとり からすうりの花。 あのいかにも田舎くさい赤い実からは、想像もつかない、レース編みのような真っ白い五弁の花びらと、絡み合う細く白い長い糸。 夕方から夜に咲きます。 幻想的で、何かしらたくらみのありそうな雰囲気を持つのです。...
こうなれば 麦酒は薬と 思うべし 私の職場は私をいれて三人。ふたりは私に話しかけない。参ってることがわかると、よけいに攻撃してくるから、一応アタマはあげておかなければならない。週に二日の解禁日は、もう治療の代わり、ビールは薬、生きて行くのはたいへん。...
斑の入る 茅とすすきの 月見酒 斑入りのかや…名前はなんと言ったか忘れましたが、好きな草です。 そこにあるだけで、秋が見えるのです。
網の目を やっと抜け出し 狐の剃刀... すみっこのすみっこのみんな忘れたようなところで、ひとり悪戦苦闘しているような、 人なつっこい花です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください