茨 の 芽 ご め ん ご め ん と 鋏 入 れ

いばらのめ ごめんごめんと はさみいれ

薔薇の剪定は2月と決まっています。

この時季に剪定しないと、春にきれいな花をつけることが出来ないと、NHKの「趣味の園芸」で言ってました。

2月も終わりですから、紅い新芽がいっせいに出たところです。

もう少し早く取り掛かればよかった。

この小さな芽吹きの前に。

シュートと呼ばれる高いところに伸びた枝先まで切らねばなりません。

天気のいい日曜日です。

この句も読まれています。

慰霊の日 弔いの雨 降り止まず 今日は沖縄の慰霊の日らしい。沖縄には行った ことはない。六十余年たってなお、あんなに涙を 流すことがあるのか。めためたになる悲しい経験 を持つ人は、もしかしたら、そんなに少ないわけじゃ ないのかもしれない。耐えて耐えて、誰にも言えず ただ息をするだけでも、生きてはいる。...
ゆ く あ て の な し と 聞 こ え て 虎 落 笛 (もがりぶえ)... 冬の烈風が、垣根や電線、竹垣や柵などに吹きつけて、まるで笛のような音を出すことを虎落笛というらしい。 わたしにはこれが、人の声のように聞こえてならない。 辛いことほど、人には言えない。 ほんとに困ったら、人は無口になる。 相談相手などこの世にはいない。 相談機関などあてにならない。 最悪は身内かもし...
浦 島 を も て あ ま し た り 亀 鳴 け り... 浦島太郎 / mkuma443 浦島太郎は、何故玉手箱を持たされたか。 亀を助けたにもかかわらず。人間はすぐ調子に乗る。 その戒めだとわたしは思う。 乙姫は、思いのほか美しかったのだろう。 亀を助けたお礼を言われて、舞い上がった。 容易に想像できる。 女っ気のない浦島は、まず、鯛やヒラメにセクハラ...
春寒し 坊主の読経は 耳入らず 最近のお寺は立派なものです。広すぎる部屋に、数人の法事では、なんか申し訳なく思います。 おかげで、ちっとも暖まらない。 数珠を持って、震えながら、終わるのを待っています。 終われ終われと思うと、お経は長い。 よかったらクリックください。励みになります。 ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください