茄 子 漬 け や 入 山 規 制 麓 村

なすづけや にゅうざんきせい ふもとむら

宮崎県と鹿児島県の県境、新燃岳の火山活動が活発らしい。

火山性ガスやらの噴出があって、鹿児島県伊佐市では今年の稲作を諦めなければいけない状況とか。

長い間おとなしくしていたものが、急に噴煙を上げ、生活をおびやかすことを、普賢岳の火砕流で見たはずなのに、27年も経つと、忘れてしまいがちです。

ふもとの町では、今のところ普段通りの生活が営まれているようですが、どうか災害になりませんよう祈るばかりです。

この句も読まれています。

春 の 雨 外 人 墓 地 は 山 に 溶 け 雨に煙る古い外人墓地は、もう風景に馴染みすぎて景色と一体化している感があります。 話は変わりますが、外国人墓地は、ひとりずつ埋葬しているのだと思うのですが。 日本は一族で同じ墓に入ります。 別々がいいのです。 霊園の敷地内に、小さな穴をたくさん掘って、そこに一人分ずつのお骨を納めればいいと思うのです...
浅漬けの 胡瓜冷たし 秋夜寒 きゅうりの漬物が、冷たく感じられる。炊きたての白いご飯に豚汁と漬物。今日のごはん。
あ れ や こ れ 想 い 散 ら か し 秋 日 和... いい気候になって、とてもうれしいのだけれど、相変わらずこざこざと、次から次に煩わしいことの連発。 いいと思ったことは、それほどいいこともなく、最高と思ったことは、最悪へのスタートラインだったり、眠れないほどの心配ごとは、時が移れば、何とは無しに落ち着いてきたり、ぜったい揺るがないと長く信じた人は、思...
母 子 草 名 前 の ゆ え に 引 き 抜 か れ... 母の日参観 / yamakazz つまらない話ですが、あたしは親に恵まれていません。 生みの母に5歳で生き別れ、24歳の継母に虐待を受けて育ったいやらしい育ちです。 新聞の投稿欄も、「母」とあれば詠む気がせず、母を唄った歌は聴く気がせず、 なんともおそまつな話です。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください