茄 子 漬 け や 入 山 規 制 麓 村

なすづけや にゅうざんきせい ふもとむら

宮崎県と鹿児島県の県境、新燃岳の火山活動が活発らしい。

火山性ガスやらの噴出があって、鹿児島県伊佐市では今年の稲作を諦めなければいけない状況とか。

長い間おとなしくしていたものが、急に噴煙を上げ、生活をおびやかすことを、普賢岳の火砕流で見たはずなのに、27年も経つと、忘れてしまいがちです。

ふもとの町では、今のところ普段通りの生活が営まれているようですが、どうか災害になりませんよう祈るばかりです。

この句も読まれています。

新緑に 覆われ結核 療養所 今はもう誰もいない。 空気のきれいな山の少し奥に、後保護指導所というものがあった。 結核で、入院治療して治った人が、社会復帰するため、一時的に入所するところだったらしい。 昔むかし、まだ結核が難しい病気だったころの施設で、今は入れないようにしてある。 古いむかしの小学校をかなり小型にしたような建物で...
日脚伸ぶ 針の手元の 先までも 小さな折りたたみのテーブルを出して、縫い物をしている。 縁側にさしていた日差しは、いつの間にか伸びて、もう手もとまで来ている。 季節がかわろうとしている。 よかったらクリックください。励みになります。...
狐 火 や 骸 は 土 に 馴 染 み し か きつねびや むくろはつちに なじみしか 山野や墓地に青白い炎がちらつく現象を、狐が口から吐く火だと古代の人間は見ていたと聞きます。 原因は、人骨や獣骨のリンが微光を放つものと辞書にはあります。 実際にキツネは冬に活動が活発にになります。 それに、稲荷信仰が重なったと考えられています。 今と...
新築の マンション春の 空取られ 少し離れた、道路を挟んだところに、新しいマンションができた。 今まで部屋から見えていた、空が、5分の4くらいに 減った。駐車場になるはずだったのに。 布団に寝ると、右も左もマンションになった。 隣のばあちゃんのとこに、救急車が来たとき、 マンションのベランダにびっしり人が出てきて、 花火大会のときと...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください