若 け れ ば お く れ 毛 の 美 し 梅 雨 は じ め

わかければ おくれげのはし つゆはじめ

梅雨どきは湿気が多いせいか、ひとつに結んだ髪がいく筋か落ちて、首すじにまとわりついて気持ちの悪いものです。

古い映画では、むかしの女優さんが、その後れ毛をクビをかしげながら、片手で持ち上げるしぐさが色っぽくて艶っぽくて魅力的です。

ふつうの人がマネすると、クビを痛めたのかと聞かれそうです。

「美し」と書いて、「はし」と呼ぶことを、俳句講座で覚えました。

いつか使ってみたかったものですから。

分不相応は承知しております。

この句も読まれています。

垣根から 顔を覗かせ 水引草 赤い小さな花がまるで水引のような水引草。控えめながらしぶとい。ほとんど土がないと思われる石垣やコンクリートの隙間から、今頃の季節になると、顔を覗かせる。秋もそろそろたけなわか。昨日は一日、古い着物をほどいて、ドライで洗って、干して、アイロンかけた。失業中でなけりゃできないことを、見つけてしている。今...
割 り 竹 の 裸 足 休 ま せ 夏 座 敷 Bamboo pole on carpet #3 / Iwan Gabovitch 竹の敷物。 もう古くなって飴色。踏めば冷たくて 心地よい。暑過ぎて、夏座敷の設えも 見かけなくなって久しい。せめて竹の カーペットと江戸風鈴で、小さな夏。...
梅 雨 の 夢 昔 の 些 末 浮 か び 消 え... なぜか梅雨の頃はおかしな夢をみる。 リアルな場所で、けっこう変な状態にいつもなっている。 うれしいことは、あまりない。 目が覚めたとき、何故かいつも疲れている。 そして目が覚めてからも、暫くは覚えている。 目が覚めた途端に忘れることも多いのだけど、この時期の夢だけはそうではない。 湿度が高いせいか。...
病 院 の 床 の テ ー プ は 錦 鯉 Colored carp / haru__q 病院の床は、「心電図は赤いテープをお進みすださい。」 「レントゲンはグリーンのテープです」って、満艦飾のテープはりめぐらしてあります。 ちゃんと季語もいれましたの。 それにしてもむかつきません?あの待ち時間 あれで、病気になりそうです。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください