若 け れ ば お く れ 毛 の 美 し 梅 雨 は じ め

わかければ おくれげのはし つゆはじめ

梅雨どきは湿気が多いせいか、ひとつに結んだ髪がいく筋か落ちて、首すじにまとわりついて気持ちの悪いものです。

古い映画では、むかしの女優さんが、その後れ毛をクビをかしげながら、片手で持ち上げるしぐさが色っぽくて艶っぽくて魅力的です。

ふつうの人がマネすると、クビを痛めたのかと聞かれそうです。

「美し」と書いて、「はし」と呼ぶことを、俳句講座で覚えました。

いつか使ってみたかったものですから。

分不相応は承知しております。

この句も読まれています。

踏 青 や 遠 足 解 散 吉 野 ヶ 里 とうせいや えんそくかいさん よしのがり 春、草が芽生えた野に遊ぶこととのことです。 もともとは古代中国の行事だそう。 春の野遊びです。 整列していた子供らが、吉野ヶ里の歴史公園で、一斉に解き放たれ、お弁当を食べたり、自由に遊ぶ時間です。...
スケッチの 大楠なぜか 屋根に生え... 観世音寺という由緒あるお寺があります。 そこでもスケッチ大会がありました。 大屋根のむこうにそびえる大楠、その雄雄しい姿を絵にしたものです。...
春 潮 の 真 ん 中 あ た り は 藍 の 渦... 「海峡」という言葉が好きで、聞くだけでわくわくする。 決して広くはなく、かといって狭いわけでもなく、複雑で激しい流れは、読みとることは難しいと。 少し高いところから見ると、岸に近いところは穏やかな春の海、霞がかかって遠い向こう岸は薄ぼんやりとしている。 そして海の真ん中は、渦を巻いている。 青が濃く...
綿 虫 を 両 手 で わ ん わ ん 払 い た る... わたむしを りょうてでわんわん はらいたる わたむし。 冬のはじめの頃、空中を飛ぶというか漂うというか、小さな綿のような虫を見ることがあります。 飛ぶ姿が、空中を漂う雪のように見えることから、雪蛍なんて、身に余る名前を頂戴してもいるらしいです。 わたしは、口に入らないように、鼻から吸い込まな...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください