若 け れ ば お く れ 毛 の 美 し 梅 雨 は じ め

わかければ おくれげのはし つゆはじめ

梅雨どきは湿気が多いせいか、ひとつに結んだ髪がいく筋か落ちて、首すじにまとわりついて気持ちの悪いものです。

古い映画では、むかしの女優さんが、その後れ毛をクビをかしげながら、片手で持ち上げるしぐさが色っぽくて艶っぽくて魅力的です。

ふつうの人がマネすると、クビを痛めたのかと聞かれそうです。

「美し」と書いて、「はし」と呼ぶことを、俳句講座で覚えました。

いつか使ってみたかったものですから。

分不相応は承知しております。

この句も読まれています。

六 月の 植 田 を 走 る 堰 の 水 田を植えるまえの、水を張った田圃は静かな緊張をたたえ、うつくしい。 細い用水路が走っていて、そこに小さな堰があり、水を調整できるようになっている。さあ、いま全開。 明日はいよいよ田植えが始まるのだろう。...
山笑う 高齢化率 町一番 むかし開けた団地が、老人団地になっている。 当時は、小さい子供を抱えた団塊世代。 子供たちは巣立って、年寄りばかりが残された。 当時は誰も予想だにしなかったこと。 先のことはわからない。 よかったらクリックください。励みになります。 ...
埋 み 火 ( うずみび ) の め ら と 炎 を 隠 し 持 つ... とうに自分の中では気づいているいろんな想いを 今は見ないふりをしている。 人間というものは、瞬時にあらゆることを頭に描くものだとしみじみ思う。 考え方には、人それぞれクセがあるようで、わたしは、自分が傷つかないように、用心用心して、足を踏み出すようにしている。 それでもなお驚くような番狂わせはあるも...
ランドセル 馴染んで跳ねて 青葉風 School kid / yumtan まだ二ヶ月にもならない。大きなランドセルにのけ反りそうになりながら、新一年生が登校する姿は微笑ましいものだった。桜が若葉となり、だんだん力をつけて、青葉が繁るこの頃、もうすっかり慣れたのか。一年生同士が元気に下校する姿を見かけるようになった。もう上級生の世話に...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.