苗 札 に 指 紋 残 し て 売 ら れ け り

なえふだに しもんのこして うられけり

近所に、とっても素敵な庭木屋さんがあって花や木の苗から植木鉢、門扉などに掛けて飾る針金や金属製の器具まで売っていて、しょっちゅう覗いていたのに、経営者がほかの事業に失敗したとかで、店を閉めてしまいました。

今はドラッグストアになっています。

わたしは一年草のちゃらちゃらした花がキライで、都忘れやテッセン、オダマキや矢車草、アジュガや日本水仙を探しているのですが、流行遅れなのかさっぱり見つかりません。

今年の初めの頃には、朝倉の道の駅で、ザクロの苗を見つけて飛びつきました。

葉はぜんぶ落ちて、枯れ木のようでしたが、札にザクロと書いてあったので。

今も大きさは変わらないのですが、緑の葉に覆われ、オレンジ色の小さな花をひとつつけています。

この句も読まれています。

そ の う ち と 言 ふ て は 遅 し 喪 の 葉 書... そのうちと いうてはおそし ものはがき これが片付いたら、声をかけてみようなどと、音沙汰のない人と会うことを、後回しにしてはいけないと思いました。 病があれよあれよと進むことあり、喪中のハガキが来ました。 思いたったときに、少々無理してでも時間を作って会っておかないと、取り返しがつきません。 ...
踏み固む 近道急ぐ 秋の暮れ 道ではないところに、みんなが通るから道が出来てしまっている場所がある。長い街路樹の隙間、芝を張った広場のななめ道、いつもはそんな道は通らないんだけど、日の落ちるのが早い秋の夕暮れは急ぎ足になって、そんな近道をしてしまう。別に急ぐこともないのに。大好きな季節の、好きな時間なのに、なんで急いでしまうんだ...
暑 か り し 沢 庵 噛 め ば 脳 に 来 る... あつかりし たくあんかめば のうにくる暑さのせいなのか、わかりません。トシのせいかもしれないのです。自分がタクアンを噛む音が、脳天に響き渡り、音はより大きく感じます。気のせいでしょうか。アタマ、大丈夫でしょうか。歯医者が先でしょうか。...
コ ス モ ス に 埋 も れ か つ て の 一 等 車... こすもすに うずもれかつての  いっとうしゃ コスモスあふれる児童公園の片隅に、機関車ではないけれど、使用済みの客車が置かれています。 コスモスは満開なれど、居場所のなさそうな、そんなおもむきです。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください