芽 吹 き た る 遺 愛 の 鉢 の 手 に 負 へ ず

めぶきたる いあいのはちの てにおえず

盆栽というのは、わかる人には、その魅力と価値がわかるのですが、素人には、花が咲けばきれいですけれど、なんだかよくわからないものです。

父は、サツキと松が好きで、よく手入をし楽しんで面倒を見ていました。

同じ鉢を毎日何をしているのか、気にかけたこともありませんでした。

故人となったとたん、どうしていいものやら分からず、ほとんどは、庭木の剪定に来たシルバー人材センターのおじさんたちに引き取ってもらいました。

覚えのある人も多いようで、盆栽は喜んでもらわれていきました。

残り物の小さな松がウチにひとつあるけれど、針のような葉が伸びて、ちょっと見では、松には見えないのですが、一応遺品だし、捨てるわけにもいかず、目にふれない隅の方に置きっ放しです。

ハリセンボンが怒ったときのようです。

この句も読まれています。

お の お の が 己 れ の 墓 だ け 盆 の 墓 地... Cemetery. / MIKI Yoshihito (´・ω・) 盆の霊園の華やかなこと。花を供えて 線香あげて。先祖供養で家内安全合格 祈願病退散商売繁盛。それぞれがてん でんバラバラ自分のしあわせ。だから って文句を言うつもりなどさらさらな い。わたしだって同じことをする。た だ霊園を高いと...
亀 鳴 い て 祝 儀 袋 は 連 名 に かめないて しゅうぎぶくろは れんめいに お見舞いの熨斗袋に、連名で書けとわたしに言うかな。 ボールペンというわけにもいかず、筆ペンを持ち出してはみたものの、生来の悪筆はさらにきわまり、これはなんだという仕上がりに。 亀はむかしから鳴くと言われているらしいけれど、亀には鳴く器官がないらしい。 春の...
新聞に 冬菜くるみて 笑みこぼれ ちょっとこれ持って行きなさいって、大根一本だったり 二番目に育ったかつお菜だったり。にっと笑って差し出す。 こんなふうに歳をとりたいと思う。...
叩くなよ いつか仕返し 梅雨の夢 ずいぶんと理不尽なことで、叩かれて育ったものだ。ずいぶんな時間を震えおののいて過ごしたものだ。返せ。わたしの心を。おびえた時間を。「人を許すことで、あなたも救われるの。仕返しなんて考えても、むなしいだけだわ。その人の幸せを心から願えるようになったら、あなたは大きな人間になれる。」 ふざけんな。仕返し...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください