芽 吹 き た る 遺 愛 の 鉢 の 手 に 負 へ ず

めぶきたる いあいのはちの てにおえず

盆栽というのは、わかる人には、その魅力と価値がわかるのですが、素人には、花が咲けばきれいですけれど、なんだかよくわからないものです。

父は、サツキと松が好きで、よく手入をし楽しんで面倒を見ていました。

同じ鉢を毎日何をしているのか、気にかけたこともありませんでした。

故人となったとたん、どうしていいものやら分からず、ほとんどは、庭木の剪定に来たシルバー人材センターのおじさんたちに引き取ってもらいました。

覚えのある人も多いようで、盆栽は喜んでもらわれていきました。

残り物の小さな松がウチにひとつあるけれど、針のような葉が伸びて、ちょっと見では、松には見えないのですが、一応遺品だし、捨てるわけにもいかず、目にふれない隅の方に置きっ放しです。

ハリセンボンが怒ったときのようです。

この句も読まれています。

推し量る  術(すべ)ばかり得て 秋の月... 大人の顔色ばかりみて、育ってきたせいか、いつもいつも人の気持ちばかりこそこそと見る癖がついてしまっている。 まるでしみのように、消えない、癖のようなものか。とても疲れるけど、それ以外の気持ちの持ちようを知らない。ただ長い年月の間に、まるで自由奔放に振舞っているかのように見せる術は身につけたと思う。み...
黄落に ひなた探して 落ち葉踏み 樹々の長い影、一面のもみじ、ポケットに手をいれて、出したばかりのナフタリンクサイマフラー巻いて、日なたを選びながら歩く。 人生の状況は良くないけど、思わず秋の空を仰ぐ。 iPhoneからの投稿...
菊 人 形 お 岩 も ろ くろ も い た 昔 たぶん5歳の頃、菊人形展なるものを見に連れて行かれた。 小菊を針金で誘引したのか仕立てたのか、とても大きな、張り出したものになっていて、香りも色も見事だった。 中に進むと、灯籠から顔の半分が潰れた女の首が恨めしそうに垂れ下がり、目はしっかりとこちらを睨みつけていた。 ろくろ首もいて、精いっぱいクビを...
戻り梅雨 はるか異国に ハイビスカス... まるで作り物のような花がかわいくて、ハイビスカスを買った。鉢に植えた。しょぼしょぼといつまでも降り続く冷たい雨に打たれている。ごめんね、ごめんね。雨のあたらないところへ非難させた。南国の花が、故郷も知らず、とんでもなく遠くにつれてこられたものだ。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください