芽 吹 き た る 遺 愛 の 鉢 の 手 に 負 へ ず

めぶきたる いあいのはちの てにおえず

盆栽というのは、わかる人には、その魅力と価値がわかるのですが、素人には、花が咲けばきれいですけれど、なんだかよくわからないものです。

父は、サツキと松が好きで、よく手入をし楽しんで面倒を見ていました。

同じ鉢を毎日何をしているのか、気にかけたこともありませんでした。

故人となったとたん、どうしていいものやら分からず、ほとんどは、庭木の剪定に来たシルバー人材センターのおじさんたちに引き取ってもらいました。

覚えのある人も多いようで、盆栽は喜んでもらわれていきました。

残り物の小さな松がウチにひとつあるけれど、針のような葉が伸びて、ちょっと見では、松には見えないのですが、一応遺品だし、捨てるわけにもいかず、目にふれない隅の方に置きっ放しです。

ハリセンボンが怒ったときのようです。

この句も読まれています。

ツユクサに 有刺鉄線に 玉の露 野の花に、空き地に捨て置かれた材木に、針金に、おんなじように秋の露が降りて、 まるでちがう景色に見える。 あたしの大好きなカーディガンの季節がきた。...
新 し き 絵 の 具 捻 り し 今 朝 の 秋... あたらしき えのぐひねりし けさのあき 机の上を片付けて、手を拭くタオルを湿らせて、きれいな水を入れて準備完了。 座布団に正座して、絵の具の蓋を開け、色を決め、やおら小さな蓋を捻り、逆さま向けて蓋の尖った部分でちょっと押すと、銀色のカバーが少しだけ開き、色が出てきます。 新しいものをおろすときは、...
味薄い 年越しそばを 作りけり なぜか料理が下手であります。 味の薄い蕎麦で、来年は大丈夫なんだろか、 心配…。
ほおづきの 先は青うて 売られおり... まだ完全には色づいておらず、先の方は青いままの そしてまだ完全なホウヅキの赤ではない、少し うらなりのほうづきが売られている。 今年は、生育が遅いのか、暑さのせいなのかは わからないけど、うらなりのほうづきもそれはそれなり。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です