芽 吹 き た る 遺 愛 の 鉢 の 手 に 負 へ ず

めぶきたる いあいのはちの てにおえず

盆栽というのは、わかる人には、その魅力と価値がわかるのですが、素人には、花が咲けばきれいですけれど、なんだかよくわからないものです。

父は、サツキと松が好きで、よく手入をし楽しんで面倒を見ていました。

同じ鉢を毎日何をしているのか、気にかけたこともありませんでした。

故人となったとたん、どうしていいものやら分からず、ほとんどは、庭木の剪定に来たシルバー人材センターのおじさんたちに引き取ってもらいました。

覚えのある人も多いようで、盆栽は喜んでもらわれていきました。

残り物の小さな松がウチにひとつあるけれど、針のような葉が伸びて、ちょっと見では、松には見えないのですが、一応遺品だし、捨てるわけにもいかず、目にふれない隅の方に置きっ放しです。

ハリセンボンが怒ったときのようです。

この句も読まれています。

きき酒の 盃(さかずき)持ちて 徘徊す... いよいよ秋の到来です。毎年の新酒会に今年も行きました。小さな盃を100円で買って、次から次、今年のしぼりたて新酒を試飲して回るのです。係のお姉さんは、一瞬また来たかって顔をするのですが、なにせ小さい小さい盃ですから、注いでくれます。わたしは日本酒は苦手なのですが、今日だけは飲まねばなりません。にごり...
正 月 や 雨 に 普 段 に 戻 さ る る しょうがつや あめにふだんに もどさるる 正月の淑気が、この雨ですっかり洗い流され、世の中は日常に様変わり。 いつもの日々が戻ります。 良い年でありますようになんて思わないけれど、どうか何もありませんように。...
傷ついて 隠して 笑って 泣いて秋... 話をする中で、きのうまで居留守をつかわれてたことが、わかった。 八回も。あたしの電話には一回も出なかったのですから。 でもそれがわかったからといって、追求なんてできるわけもない。 やっとつながったのに。楽しいものにしなくちゃいけないのに。 でないと、さらに嫌われてしまうから。 わからなかったふりをし...
初霜に 山茶花の赤 縁どられ 霜がおりた。 寒い朝。 山茶花の赤い花は、周りを白くいろどられ、また粉砂糖をふったみたいに、 きれいです。 葉っぱもそうです。 一枚一枚丁寧に縁どられて、見事です。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください