花 見 客 心 霊 ス ポ ッ ト 溢 れ た り

はなみきゃく しんれいすぽっと あふれたり

おどろおどろしい伝説もあり、心霊スポット。

通用するのは、地元とその周辺だけ。

外国人はもとより、よそ者はあずかり知らぬこと。

よって花見の客でごった返しとなりました。

この句も読まれています。

関 門 の 春 潮 空 と 光 り 合 ひ かんもんの しゅんちょうそらと ひかりあい 関門海峡の春。 浪は穏やかで、海がこんなに光るかと思うくらいきらきらとまぶしい。 空もまたどこまでも碧く、海のあお、空のあおはいつか混ざりあいます。...
単線の 待ち合い時間 夏至の雨 単線の路線は、あちこちの駅で待合時間がある。 初めての路線は、景色も新鮮で、河を渡るときなど、 わくわくする。 空は低く、ときおり雨が降る。 低い家並みや、代かきの終わった田植え真近の田んぼ、 車の通れない小さな踏み切り、 どれもこれも新鮮。...
綻 び て 野 梅 も 欲 し き 褒 め 言 葉... ほころびて のうめもほしき ほめことば 梅園には梅が盛りです。 寒さのゆるんだ午後には、散策の人々が、その美しさを愛でながら、ゆったりと時間をかけて見て回る姿があります。 野梅は自生です。 山にある、人間の手の入らない梅ですから、自由といえばそうなのですが、たまには良く咲いたとか、立派なもの...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください