花 見 客 心 霊 ス ポ ッ ト 溢 れ た り

はなみきゃく しんれいすぽっと あふれたり

おどろおどろしい伝説もあり、心霊スポット。

通用するのは、地元とその周辺だけ。

外国人はもとより、よそ者はあずかり知らぬこと。

よって花見の客でごった返しとなりました。

この句も読まれています。

原 爆 忌 そ の 寸 前 の 普 通 の 日 げんばくき そのすんぜんの ふつうのひ ヒロシマ、そして長崎。 8月6日、9日のその瞬間まで、戦時中とはいえ日常の生活が営まれていたはず。 弁当を持たせ、行ってきますと言い、学校や徴用された工場へ当たり前に出かけ、当たり前に送り出し。 いたずらか、運命か、多くの人が亡くなるなか、いのちを得た人もい...
田 植 え 着 の 泥 の 乾 き し ま た 泥 に... たうえぎの どろのかわきし またどろに いくら機械化が進んだとはいえ、田植えは泥の中の肉体労働にかわりはありません。 汚れて濡れてもこの日差し、昼ご飯までにはすっかり乾き、午後からも泥の中作業が続きます。 天候にめぐまれますように、台風や水害にあいませんように、豊かな実りを祈りつつ、近所と共同...
五月雨の 過ぎ行く列車の 音包む 雨が降る。 特に強いわけではない。 いつまでも止みそうにない雨が降る。 列車は心なしか、音を小さくして、雨の中走り去る。...
打ち水を 済ませて朝の 飯を喰う まだ涼しいうちに、打ち水をしてみた。 気分のものだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください