花 筏 こ の 虚 し さ も 混 ぜ て お く

はないかだ このむなしさも まぜておく

サクラが川や湖のような水面に散ると、まんべんなく散り渡るわけではなく、大きさはさまざまながら、固まりを作り動きます。

ハナイカダと言われます。

なかなか情緒のある美しいもので、サクラは何度も見どころがあるものです。

うつうつとした重苦しい気分も、困りごとも、ハナイカダに混ぜて消してしまいたいものです。

この句も読まれています。

初 詣 賽 銭 箱 の 広 々 と はつもうで さいせんばこの ひろびろと 大きな白い布を広げ、そう大きさにして10畳を軽く超えるくらいの広さ、人の背ほどの高さに設置された賽銭箱、箱ではなく賽銭広場。 先ずもって商売繁盛を極めているのは、天満宮だけかとも思われます。 的が広いから、失敗することはまずありません。 今年も何事もなく、穏...
どくだみを 干して 五月の雨を聞く... どくだみの花が咲いたら、根っこから採って洗って干して、お茶にしようと思う。前は20度の甲 類の焼酎に漬けて、どくだみ化粧水を作っていたけど、たいていできる前に飲んでしまうので やめた。どくだみを干すと部屋中にどくだみの香りが充満して、すがすがしい。嫌う人もいるが わたしは好き。どくだみを束にして、つ...
豆腐切る 水の冷たさ 秋の朝 いつもはパンだけど、最近の朝の冷え込みで、 味噌汁を作った。手のひらに豆腐を載せて切る。 水の冷たさ。もうすっかり秋。 うれしくてしょうがない。...
ど ん ど 焼 き 二 日 掛 か り に 竹 を 組 み... どんどやき ふつかがかりに たけをくみ 小正月の火祭りのことです。 神社の横を通りがかったら、もう大きな青竹が何本も組み立てられ、いつ始まってもいい緊張感。 子どもの頃なら、興奮して友だちを誘って周りをウロウロし、怒られてただろうと想像します。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です