花 筏 こ の 虚 し さ も 混 ぜ て お く

はないかだ このむなしさも まぜておく

サクラが川や湖のような水面に散ると、まんべんなく散り渡るわけではなく、大きさはさまざまながら、固まりを作り動きます。

ハナイカダと言われます。

なかなか情緒のある美しいもので、サクラは何度も見どころがあるものです。

うつうつとした重苦しい気分も、困りごとも、ハナイカダに混ぜて消してしまいたいものです。

この句も読まれています。

茅(かや)の葉の しなるほどなる 白露かな... 朝露が、私の好きなふ入りの茅の葉を大きくしならせるほどにつく季節にようやくなりました。二十四節気ではたしか白鷺というらしいです。すがすがしい朝です。...
山笑う 大方の(おおかたの)ことは やり過ごし... いろいろある。 ある本で、読んだこたですが、頭の中に、 シチューなどの煮込み料理をする煮込み鍋をセットしておくことが大事。 解決のつかないこと、時間を要すること、 急いで結論を出さない方が、きっとうまくいくと思われることなどを その鍋に放り込んでおくと、いつの間にか、 いくべきところに行く、導かれる...
機 械 と は い ふ て も 田 植 へ の 腰 に 来 る... 100523_taue_akita / ivva 植えるのは田植え機。確かに。 でも箱苗を運んだり、積み上げたり、セットしたり、下準備の大変なこと。 むかしの人とは比べものにならないほど楽になったが、それでもこたえる。 やがて植田一面に水が張られ、また一年が始まる。...
今 生 の 身 内 居 ら ず も 浅 き 春 こんじょうの みうちおらずも あさきはる 亡くなった父も母も含めて、ママ母や妹たちも、みんなみんなもう終わりにします。 これまでも、そしてこの先もずっと、命にかかわるほど困っても、相談することはありません。 もちろん向こうもそう。 輪廻転生と言うけれど、もう二度とお近づきになりたくない人種です。 ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください