花 筏 こ の 虚 し さ も 混 ぜ て お く

はないかだ このむなしさも まぜておく

サクラが川や湖のような水面に散ると、まんべんなく散り渡るわけではなく、大きさはさまざまながら、固まりを作り動きます。

ハナイカダと言われます。

なかなか情緒のある美しいもので、サクラは何度も見どころがあるものです。

うつうつとした重苦しい気分も、困りごとも、ハナイカダに混ぜて消してしまいたいものです。

この句も読まれています。

黄 泉 の 人 勢 揃 い し て 霜 夜 か な... よみのひと せいぞろいして しもよかな 振り返れば、いろいろ。 後悔の連続。 今、逢っておかなければと思うものの、そんなときに限って、身内にいろいろあったりして、思うようにはいかなかった。 もっと話したいことがあって、凍えるような霜の降りる夜には、来てくれるような気がするものです。 こうや...
どうあれど 生きてゆくしか 春の雨... じーっと我慢してれば、情勢って変わるのかな。辛抱は大事かな。日曜日の夜は、立派にサザエさん症候群さ。
花 魁 の 運 び に も 似 て 勝 ち 力 士... おいらんの はこびにもにて かちりきし吉原風俗を代表するといわれるおいらん道中。いわば昔のファッションショー。外八文字を踏みながら、練り歩く姿はプライドのかたまりだったとか。田舎の祭り相撲でも、優勝すれば横綱です。にわか横綱でも、引き上げて行く姿は、それなりの風格を感じるものです。...
馬車道に 路線バス行く ずくし柿 開発をまぬがれたむかし道。 なぜか路線バスが通る。 神社があり、低い塀から、昔の納屋を車庫に使っているようすが見える。物干し竿には玉ねぎが下がっている。 取りそこなった柿が、じゅくじゅくに熟れている。 自転車が通ると、車は離合できない。 人が歩いても、車は離合できない。 じっと待つしかない。 iPh...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください