花 石 榴 い ず れ 想 ひ の 実 を 付 く る

はなざくろ いずれおもいの みをつくる

あのかっぱり割れたざくろの実。
種ばかりで、食べるところはなく、果汁を吸うしかないのだけれど、なぜか魅力的です。
花はオレンジで、小ぶりで綺麗です。
ただ幹がゴツゴツして、見栄えがせず、冬のあいだはその醜さを我慢しなければなりません。
食べるほどの実もならず、枝ぶりも、愛想も色気もないためか、近年庭木にはあまり見かけることがありません。
わたしには、懐かしいざくろの実です。
庭の隅の隅にでも植えようかと思います。

この句も読まれています。

生 身 魂 企 業 戦 士 の 影 今 も いきみたま きぎょうせんしの かげいまも 生身魂、年老いた人を、尊敬の念を込めてそう呼びます。 戦後の復興を支えた世代です。 夜昼なく働き通しに働いて、満員電車に揺られまたは工事現場を支え、懸命に過ごした日々だったことと想像します。 もうとうに現役を引退し、家のなかでも存在が薄くなりつつあるな...
汽車走る 稲穂の中を 秋の田を 煙をはいて、汽車が走ります。 黄金色の稲穂の中を、ひたすら走ります。 空は青い秋の空です。 なにも言うことはありません。 贅沢を言わなければ、いまこの瞬間は幸せだからです。...
ハローワーク むかし職安、今ハローワーク。9時 オープンなのに、8時半にはもう入 りきれない車が列をつくっている。 道路脇には満開の桜。訪れる人は それどころではないはず。職探しは ずいぶんと改善されて、ずらっと並 んだパソコンは、ほとんど待ち時間 はなく利用できる。ファイルをめく ることもなく、年齢や職種をぽん...
星 生 ま れ 星 消 へ し 後 寒 明 く る... ほしうまれ ほしきえしのち かんあくる 冬の夜空は、凍てついて、星はくっきりとその姿を現します。 寒さはこれからが本番ですが、ちらほらと見る季節外れの一輪二輪のサクラを見ると、もう少しかと思ってしまいます。 今日は一日雨だったけれど、気温は12℃もあったとか。 寒ヒデリと言ってもいいくらい雨...