花 石 榴 い ず れ 想 ひ の 実 を 付 く る

はなざくろ いずれおもいの みをつくる

あのかっぱり割れたざくろの実。
種ばかりで、食べるところはなく、果汁を吸うしかないのだけれど、なぜか魅力的です。
花はオレンジで、小ぶりで綺麗です。
ただ幹がゴツゴツして、見栄えがせず、冬のあいだはその醜さを我慢しなければなりません。
食べるほどの実もならず、枝ぶりも、愛想も色気もないためか、近年庭木にはあまり見かけることがありません。
わたしには、懐かしいざくろの実です。
庭の隅の隅にでも植えようかと思います。

この句も読まれています。

諫 早 に 海 苔 の 筏 の あ り し こ ろ... いさはやに のりのいかだの ありしころ いさはや湾、有明海の西岸からさらに奥の海。 むかしの呼び方、泉水海。 遠浅で、古くから干拓が行われてきたといいます。 泥干潟で、シチメンソウ、ウミマイマイ、タイラギ、アゲマキ、アリアケガニ。 すべてが死滅。 水質汚染が進み、悪臭を感じるようにもなっ...
幸 せ は 海 鼠 腸 の 瓶 詰 め 込 ま れ... しあわせは このわたのびん つめこまれ コノワタとは、ナマコの腸のシオカラのこと。 古い書物にも、「コノワタ」の珍味のゆえんが記されているとか。 寒中に作ったものが良いとされ、いまも酒好きには、とくに珍重されています。 わたしには、はじめての経験でしたが、だいたいもとからシオカラのたぐいは好...
運 動 会 マ ー チ に 乗 り て ポ ス ト ま で... うんどうかい まーちにのりて ポストまで 近所の幼稚園が運動会のようです。 聞き慣れた行進曲が拡声器で鳴らされており、別にリズムに乗るつもりはないけれど、ついつい規則正しく歩いてしまう。...
行楽の 日和続いて 疲れおり どこに行楽に行くでもないが、暑い日差しだけでも疲れるものだ。 仕事はまだ見つからない。求人がない。落ち着かないというより、落ち込む。 こんな時、人はどうやって過ごし、どんな風に考えるのかしら。みんな強いなあ。へこんでるのは私だけか。 真梨幸子の小説を読んだ。【殺人鬼フジコの衝動】【孤虫症】他にもいく...