花 ミ モ ザ 廃 屋 覆 ひ 空 覆 ひ

はなみもざ はいおくおおい そらおおい

幹線道路をふた角ほど中に入り込むと、狭い狭い道沿いに、もうとっくに人が住んでいないと思われる家がそこここにあります。

決して田舎のことではなく、政令都市とされる街中です。

なんでこんなもったいないことになるのか、固定資産税は払わずにすんでいるのかと、余計なお世話がはたらきます。

住宅地は、決定的に駐車場が足りず、マンションもまた、一戸当たりひとつしかスペースはないようでえ、みんなクルマを停めるのに四苦八苦です。

コインパーキングにでもしてくれたら助かるのにと思ったりもします。

遠いむかし、この家に元気な家族が居て、子どもが学校に通っていた頃植えられたのか、ミモザの花が幹も大きく育ち、黄色い花はまるで天から降り注ぐように、朽ちかけた屋根に覆いかぶさります。

この樹を植えたころ、誰が今の状況を想像したでしょう。

人生は、一寸先さえわからないと思うのです。

この句も読まれています。

色街の 柳にもたれて 福禄寿(ふくろくじゅ)... 七福神のひとり、福禄寿さま。 人間の幸せは、血のつながった子どもを持つこと、財産 健康的な長寿だと。ついでにきっとドスケベにちがいない。 色街との境を示す枝垂れ柳にもたれかかっているのが見える。 まったくオトコはどうしようもない。...
小春日に 手洗い場など 洗いおる 11月、木枯らしが吹くかとおもえば、今日みたいにほっかり暖かい日もあったりする。ふと思い立って、外の手洗い場の掃除をする。砂利が詰まったりして気になっていた。水が冷たくて億劫だったので。...
出 柩 の 合 図 の 泣 い て 凌 霄 花(は な)の 落 つ... 1976 Cadillac Miller-Meteor Hearse / That Hartford Guy あの世に旅たつ人の、最後の声のように聞く、霊柩車のクラクション。 走馬灯のように、思い出が巡る。 はなむけだろうか。 ノウゼンカズラの、オレンジのあざやかな花が落ちた。 花の形そのままに。...
ホウ酸の 団子こねます 梅雨の夜は... NHKで、ホウ酸団子の作り方見ました。 天敵ごきぶりをやっつけるためには、時間も手間も惜しみません。 パンやケーキ作りはいっさいしませんが、ホウ酸団子作りには燃えるのです。 できあがったら、ちょっとだけ焼肉のたれをたらすのが、コツだそうです。 頑張ります。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください