ま ず は 花 想 ひ 出 向 か う に 押 し や り て

みんなみんな前をのみ見て歩いているように見えます。
昔のことなどどうでもいいと、語る人もなく、話したところで思い出す人もないと感じます。
人には、つまらないことだからかもしれません。
今は立派なロータリーの出来た駅前で、泥んこの水溜りで遊んだことや、貸本屋のホラー漫画を、毎日3冊立ち読みして、2冊借りて帰ったことやら、休んだ級友に、学校からのプリントや給食のパンなど届け物をするのに、喜んで廻り道やら道草やらしたこと、塀越しにポケットいっぱいグミを盗ったことなど、どうして忘れられるのか、わたしにはわからないのです。
きっと人生が楽しくて、つまらないむかしの小さなことなど忘れて当然なのでしょう。
遠い日のことは、春の日差しの中で吹き抜ける風のようなものかもしれません。
一人くらい、わたしのつまらない思い出を聞いてくれる人はいないものでしょうか。

この句も読まれています。

冬 帽 子 付 い て 離 れ て 植 木 市 植木市という名のまつり。 / Ys おそらくはご夫婦だろう。植木市の、あるところでは、いっしょに鑑賞し、あれこれと言い合い、あるところでは、めいめいが勝手に動いて、いつも一緒でないのがいい。興味や意見は、同じだったり、そうでなかったり。人はそれぞれ。都合のいいところだけ、共有するのがいい。...
雨 降 り て 袖 濡 ら し た り 乱 れ 萩... あめふりて そでぬらしたり みだれはぎ あれほどにたおやかで咲き誇るわけでもない、静かな美しさを漂わせた萩も、 暴風雨の後は見る影もなく、細い小径に覆いかぶさって、カニ歩きで通ったけれど、服は濡れてしまいました。...
三太郎の トンネル過ぎて 里の雪 その三太郎トンネルを過ぎたら、大口(おおぐちじゃなくて、おおくち) という町があります。いまは伊佐市というそうです。 西郷隆盛が西南の役で、負けて逃げる途中、ここを通ったそうです。 静かないいところです。...
七 夕 の 竹 切 り に 来 し 空 は 風 たなばたの たけきりにこし そらはかぜ 竹林。 地上では風など吹いていないのに、竹はザワザワと、空に近い上の方だけ音を立てます。 揺れています。 近ごろでは、七夕の竹の調達もタイヘンと聞き、運び屋としてついて行きました。 二日も経てば、カサカサになり、みずみずしさはすっかりなくなるのですが、人造の...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください