ま ず は 花 想 ひ 出 向 か う に 押 し や り て

みんなみんな前をのみ見て歩いているように見えます。
昔のことなどどうでもいいと、語る人もなく、話したところで思い出す人もないと感じます。
人には、つまらないことだからかもしれません。
今は立派なロータリーの出来た駅前で、泥んこの水溜りで遊んだことや、貸本屋のホラー漫画を、毎日3冊立ち読みして、2冊借りて帰ったことやら、休んだ級友に、学校からのプリントや給食のパンなど届け物をするのに、喜んで廻り道やら道草やらしたこと、塀越しにポケットいっぱいグミを盗ったことなど、どうして忘れられるのか、わたしにはわからないのです。
きっと人生が楽しくて、つまらないむかしの小さなことなど忘れて当然なのでしょう。
遠い日のことは、春の日差しの中で吹き抜ける風のようなものかもしれません。
一人くらい、わたしのつまらない思い出を聞いてくれる人はいないものでしょうか。

この句も読まれています。

身 の 次 第 触 れ ず ひ た す ら 夏 を 言 ふ... みのしだい ふれず ひたすら なつをいう ドラッグストアで、何十年ぶりに年賀状のやり取りだけの友人とばったり会いました。 とても明るくて、やたら明るくて、自分のことはピタリと話さず、もっぱらこの夏の暑さと人の消息ばかり。 みんないろいろ大変なんだと思いました。...
幼 な の 面 目 の 位 置 合 は ず 夜 店 か な... おさなのめん めのいちあわず よみせかな 鉄腕アトムやウランちゃん、今ならドラえもんやアンパンマンか。 プラスチックのお面屋さんの前は、どれにしようか決めかねている子どもたちで繁盛しているよう。 上手く被っても、目の位置がお面の方が離れているみたいで、よく見えないのです。 わたしの頃は、片目だけ合...
酒 粕 に 瓜 漬 くる 桶 天 日 干 し さけかすに うりつくるおけ てんぴぼし 酒粕にウリを漬け込む、つまりは奈良漬けです。 あの甘辛い赤黒い漬物ではありません。 筑後産の、酒粕の匂いが強い、まだみどり色の浅漬けが好きです。 時間が経つと味が濃くなりますから、早めに取り出していただきます。 酒蔵製です。 浅くて丸い木の桶です。...
ワ イ パ ー の 範 囲 の 外 は 雪 だ る ま... ただ安全に動けばいい。 クルマの雪下ろしなど、死んでもしたくないって気持ち満載の車が行く。 ボンネットにも屋根の上にも大雪を載せたまま。 無精者が。 わたしもそう思われているのだろう。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください