花 と 星 ど ち ら も 要 ら ぬ 竹 の 秋

はなとほし どちらもいらぬ たけのあき

森山良子の代表作。
「この広い野原いっぱい咲く花を、ひとつ残らずあなたにあげる。」
要らない。
そんなもの。
若さも夢も遠くなって、そんなものほとんど見えない。
野原の花とか、空の星とか、勝手に人にやるな。

この句も読まれています。

除 夜 の 鐘 百 九 つ に な り に け り... 口は禍のもと。 余計なことを言ってしまった。 もう今年も今日で終わるのに。 ついつい言ってしまった。 だってホントのことだもの。 反省している。 だってホントのこと・・・...
カラス 地に落ちる 炎暑クラクラす... kカラスがおかしい。木から降りるのではなく、落ちている。走る車を除けて、立ち去るのではなく、ただ除けているだけ 暑いのか、よくわからないが、元気がない。どうしたんだろう。...
初 詣 賽 銭 箱 の 広 々 と はつもうで さいせんばこの ひろびろと 大きな白い布を広げ、そう大きさにして10畳を軽く超えるくらいの広さ、人の背ほどの高さに設置された賽銭箱、箱ではなく賽銭広場。 先ずもって商売繁盛を極めているのは、天満宮だけかとも思われます。 的が広いから、失敗することはまずありません。 今年も何事もなく、穏...
あ れ こ れ も 晩 学 ぞ ろ い 吾 亦 紅... あれこれも 晩学ぞろい われもこう 人間いくつから始めてもいいと、よく聞くことです。 いいことはいいし、勝手だけれど、やはり若い頃に始めないとモノにはならないというのが実感です。 洋裁だって、先生に言われたように縫うことはできるけれど、自分の原型を作り、それに沿って製図するところから出来ないと...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です