花 と 星 ど ち ら も 要 ら ぬ 竹 の 秋

はなとほし どちらもいらぬ たけのあき

森山良子の代表作。
「この広い野原いっぱい咲く花を、ひとつ残らずあなたにあげる。」
要らない。
そんなもの。
若さも夢も遠くなって、そんなものほとんど見えない。
野原の花とか、空の星とか、勝手に人にやるな。

この句も読まれています。

西 瓜 買 い 当 た り 外 れ を 言 い し 頃... すいかかい あたりはずれを いいしころ むかしスイカを買うときは、中指でこんこんと叩いてわかりもしないのに、これがいいと決めて買ったものでした。 当然甘くないのに当たったり、異常にタネだらけだったり。 甘くて美味しいものだと大喜びしたものです。 いまは、センサーで糖度を測るそうで、まちがいはない...
ざる豆腐 アイスクリームの ごとく食べ... 冬の冷奴の冷たいこと。キンキンに冷えて、つるりと入る。ほんの少しお醤油を垂らして、大豆の味を噛みしめながら食べる。...
菜の花も おぼろの月も見ず ひとり... 菜の花畑に入日薄れ こんないい季節の夕暮れ時に、あたりを見渡すこともなく なんで一人で歩く
レースのよに 編んでみようか 柳の若葉... 柳の若葉の細い、薄黄緑を編んでみようか、綺麗なベストができそうです。春の若葉の匂いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください