花 と 星 ど ち ら も 要 ら ぬ 竹 の 秋

はなとほし どちらもいらぬ たけのあき

森山良子の代表作。
「この広い野原いっぱい咲く花を、ひとつ残らずあなたにあげる。」
要らない。
そんなもの。
若さも夢も遠くなって、そんなものほとんど見えない。
野原の花とか、空の星とか、勝手に人にやるな。

この句も読まれています。

四 段 の エ ス カ レ ー タ ー 春 隣 家の中にある小さな段差や、中二階のようなものに憧れていた時代がある。 ロフトってのが流行ったときもそうだった。 ただ後になって使い勝手の悪いことがわかった。 階段は垂直のことが多いし、天井は低いし、寝るだけでもいやだと気がついた。 今度のはちがう。 地下街で見たエスカレーターは、あまりに短くて面白か...
盥 ほ ど 空 き 地 の あ ら ば 茄 子 植 う... たらいほど あきちのあらば なすびうう なすびの花、なすびの色。 とくに肥料などやらずとも、まあまあのナスは収穫できます。 日当たりのいいわずかな土地があれば、それなりに楽しめるものです。...
冷たきは 冷たきままに 秋の風 人は変わらない。 ああそうだった。こんなひとだったと、あらためて思い出して、がっかりしたこと ありませんか。 長く音信不通の二つ違いの妹と、ほんとに久しぶりに話したときも、そうでした。 変わらない、変わらない、いやあなまんま。...
薔薇を挿す 芽の出てうれし 二月雨... 挿し木をした。アイビーや薔薇、つる薔薇や一輪もの、紫陽花いまのところはなんとかいう、挿し木用の土にいっぱい挿しているだけ。生きているか、ちゃんとついたか水を遣りながら、楽しみである。二月の雨が地面を潤し、いろんなものが確実に成長している。今頃の雨はうれしい。三月になると、うわっと春が来て、日差しも強...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください