花菖蒲 絵の具乾かず 犬が踏む

むかしわたしの通った小学校と中学校は、6月にスケッチ大会があったものです。
わたしは、絵がおそろしく下手で、スケッチ大会なんて、授業がないだけ楽
へたくそは、すぐ出来上がるのです。
上手は、時間がかかるのです。
わたしなんか一番に終わります。
正直に先生のところに見せに行ったりしたら、あそこを直せ、こっちを直せって、うるさく言われ、直し   
たところで、大して変わらないか、ますますおかしくなるか。
わたしは自分の絵を画板にはさんだまま、ほったらかして、人のをひやかしに回りました。
ひととおりまわって、戻ってみると、なんとまだ乾いていない画用紙の上を、野良犬が歩いているのです。
足跡がそこらじゅうに。
もういいやと、そのまま提出しました。
みんなが集合したところで、先生があたしの絵を高々とさし上げて、「これは誰かあ。名前がないぞう」
もうだめだ。

この句も読まれています。

菱の実は くるんで売れり 新聞紙 水っぽい芋のような菱の実は、あまりおいしいとは思わないのですが、 幼いころの数少ない、家庭らしい思い出です。 父が柳川の駅で見つけて、新聞紙を広げて、競うように家族で食べたものです。 あんな日もあったというところです。...
たあいない 小さな幸せ 梅の雪 ようやく咲き始めた梅に雪が降り積む。 小さな花にも容赦無く雪は降り積む。 静かな風景。いますこし休んでいる。 すこし心を休める余裕がうれしい。...
筍の 淡い色 米に移りて 筍ご飯が好きです。 高いから、めったに買いません。 ご飯にすると、つい何杯もおかわりして、 駄目です。
原 爆 忌 そ の 寸 前 の 普 通 の 日 げんばくき そのすんぜんの ふつうのひ ヒロシマ、そして長崎。 8月6日、9日のその瞬間まで、戦時中とはいえ日常の生活が営まれていたはず。 弁当を持たせ、行ってきますと言い、学校や徴用された工場へ当たり前に出かけ、当たり前に送り出し。 いたずらか、運命か、多くの人が亡くなるなか、いのちを得た人もい...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください