花菖蒲 絵の具乾かず 犬が踏む

むかしわたしの通った小学校と中学校は、6月にスケッチ大会があったものです。
わたしは、絵がおそろしく下手で、スケッチ大会なんて、授業がないだけ楽
へたくそは、すぐ出来上がるのです。
上手は、時間がかかるのです。
わたしなんか一番に終わります。
正直に先生のところに見せに行ったりしたら、あそこを直せ、こっちを直せって、うるさく言われ、直し   
たところで、大して変わらないか、ますますおかしくなるか。
わたしは自分の絵を画板にはさんだまま、ほったらかして、人のをひやかしに回りました。
ひととおりまわって、戻ってみると、なんとまだ乾いていない画用紙の上を、野良犬が歩いているのです。
足跡がそこらじゅうに。
もういいやと、そのまま提出しました。
みんなが集合したところで、先生があたしの絵を高々とさし上げて、「これは誰かあ。名前がないぞう」
もうだめだ。

この句も読まれています。

ゴロゴロと 不穏の空を 仰ぎ見る 今にも降り出しそうな、暗い空、遠くの雷鳴。干した布団入れるの遅れて、何べん濡らしたことか。わたしの布団はそれで弱っているような気がする。馬鹿じゃない。干さなきゃいいのに。でもカンカン照りに干すと、殺菌されてるような気がして、とても気持ちがいいのです。...
筍 と 糠 抱 へ 来 し 「に 」と 笑 ふ たけのこと ぬかかかえこし にとわらう 幼なじみがいます。 近いせいで、めったに会わないのですが、知り合いの山でタケノコを取ったとかで、帰りに寄ってくれました。 準備のいいことに、湯がくときに使う米ヌカまで持ってきてくれました。 気がきくこと。 玄関開けたら、なにも言わず、二ッと笑顔。 ...
捨 て ら れ ぬ L P レ コ ー ド 秋 夜 長... すてられぬ LPレコード あきよなが レコードは、いっぱいあるのだけれど、随分前にプレーヤーを処分してしまいました。 CDの方が絶対音が良かったのと、針を替えるのも面倒で。 それに場所も取るし。 だから聞けない曲もいっぱいあります。 街角や喫茶店で、そんな懐かしい曲を耳にするととても嬉しくなります...
彼岸なり 遭いたい人の 二三人 彼岸がどういう意味があるのか、よく知らない。昼と夜の時間が同じになるとか、そのくらい。あの世とかかわりがある のだろうか。わたしは身内と縁が薄く、甘えたい人、親しみたい人とそうそうしゃべることもなかった。そうこうしてるうち に、老いて死んでしまった。遭って聞いてみたいこともあるのだけれど、そんなこと...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です