花菖蒲 絵の具乾かず 犬が踏む

むかしわたしの通った小学校と中学校は、6月にスケッチ大会があったものです。
わたしは、絵がおそろしく下手で、スケッチ大会なんて、授業がないだけ楽
へたくそは、すぐ出来上がるのです。
上手は、時間がかかるのです。
わたしなんか一番に終わります。
正直に先生のところに見せに行ったりしたら、あそこを直せ、こっちを直せって、うるさく言われ、直し   
たところで、大して変わらないか、ますますおかしくなるか。
わたしは自分の絵を画板にはさんだまま、ほったらかして、人のをひやかしに回りました。
ひととおりまわって、戻ってみると、なんとまだ乾いていない画用紙の上を、野良犬が歩いているのです。
足跡がそこらじゅうに。
もういいやと、そのまま提出しました。
みんなが集合したところで、先生があたしの絵を高々とさし上げて、「これは誰かあ。名前がないぞう」
もうだめだ。

この句も読まれています。

落 ち 苗 の 立 ち 直 る ま で 二 三 日... 田植え機に乗せる時に落ちたのだろうか。 水を張った田んぼの端っこに、意図的に植えたのではない苗が、心細げに寝そべっている。 水に馴染み、土に立ち、これから大きくならなければならない。 足を踏ん張る時間。...
目も開かず 雪吹き上げる ビルの風... ビル風って、なんであんなに激しいのか。海の風、山の風とはちがう、とっても不愉快。目も開けられず、手はかじかんで、カバンの取っ手をひとつ取り落としたせいで、カバンが斜めになって、中身が転がった。拾おうとして、かがんだら、首に振り分けて巻いていたマフラーが、ズルッと片方道に落ちて、それ踏みつけて、屈んだ...
ぽったりと 八重の桜は 枝しなる 八重桜はずいぶんとおくれて咲く。色が濃く、重い感じがする。満開になれば、花の重みで枝がしなるほどに見える。 あまり誉められもしないが、「あたしはあたし」って感じ。...
菜 種 梅 雨 水 彩 絵 の 具 滲 み 増 し... 絵の具で青空を描く方法を教えてもらいました。 まず絵筆に水だけを含ませ、空全体を塗ります。 そして、青の絵の具をチョチョっと載せます。 そして画用紙を両手で持って、ゆらゆら右に左に揺らすと、いかにも上手に青空が描けるというものです。 たったこれだけのことにも、慣れや経験、感性が必要で、時間と手間はお...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください