花ざくろ かっぱり割れて 赤水晶

石榴は花もかわいいですが、割れた実からは、きらきら輝く水晶のような 赤い粒が見えます。
最近はあまり見ないです。

この句も読まれています。

すがすがと 一人静は 風の道 一人静とは誰が名づけたのか。 義経の静御前ゆかりの名か。 花は、清々しく凛として、木々の中に ひっそりと咲く。...
冬 ざ れ て 捨 て た お 方 の 不 幸 せ... 美空ひばりのヒット曲、たしか二重に巻いた帯が三重になったというもの。 「捨てたお方の幸せを」という言葉があったと思います。 一青窈の「ハナミズキ」にも「君と好きな人が100年続きますように」というせりふがあります。 信じられないことです。 ほんとにそんなこと考える立派な人がいるとは到底思えません。 ...
秋日和(あきびより) 巡り合わせを 思いつつ... 世の中は巡り合わせ。 努力も、それは大切だろうが、それではすまぬ力を感じることがある。 巡り合わせを大切に、それはまた諦めることを暗示しているのかもしれない。...
灼熱に 赤いカンナが 咲き狂う かんなには、狂気の雰囲気があります。 誰からも愛でられず、足を留められることもなく、咲き狂うしかないように見えるのです。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です