自 転 車 に 夏 の セ ー ラ ー 風 は ら む

じてんしゃに なつのせーらー かぜはらむ

高校生が夏服を着ると、とたんに夏が来た! 気分になります。

わたしはセーラー服を着たことがないわけではないけれど、イナカの中学の垢抜けない制服で、さらに大きな名札を付けなければならず、着ることでイナカ者度がアップするというシロモノでした。

都会の女の子のそれとは、同じセーラーといっても月とスッポンのちがいでした。

だからでしょう。

今だに妙なアコガレがあります。

当時から、「 アレを着ると、きっとステキになれる」 みたいな気がしたものです。

この句も読まれています。

打ち水を 済ませて朝の 飯を喰う まだ涼しいうちに、打ち水をしてみた。 気分のものだ。
カ ン ナ な ら 別 れ し 人 の 不 幸 せ... IMG_6225 / coloredby 一青窈の唄に、「ハナミズキ」というのがある。 「君と好きな人が100年続きますように・・・」 なんでそんな仏のような心境になれるかな。 わたしを振ったオトコの幸せなんて、願えるはずもない。 不幸せを念じるのみだ。 なんだ、あんなやつと、思えば思うほど、忘れ...
寒 鮒 は 甘 露 煮 に せ よ 水 落 と す... かんぶなは かんろににせよ みずおとす 水郷柳川の掘割は、水に勢いがないせいで、堀の底に堆積物が溜まりやすいこともあり、きれいな堀の維持のため、一年に一度、水を完全に抜いて、市民総出で掃除をします。 びっくりするのは、寒ブナと呼ばれるフナでしょう。 時間をかけて、コトコト煮て、甘辛く炊き上げま...
ベンジャミン・バトン 感動しました。「おくりびと」なんかよりずっと素晴らしい。 気味の悪い物体、そして体の不自由な老人としての人生の始まり。 想像もできない不幸を背負って生きた男。 泣き言も言わず、でも慎重に臆病に生きざるをえなかった。 自分を捨てた父親との対面、恨みもしないが、相手にもしない。 人は頑張れるところは頑張...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください