自 転 車 に 夏 の セ ー ラ ー 風 は ら む

じてんしゃに なつのせーらー かぜはらむ

高校生が夏服を着ると、とたんに夏が来た! 気分になります。

わたしはセーラー服を着たことがないわけではないけれど、イナカの中学の垢抜けない制服で、さらに大きな名札を付けなければならず、着ることでイナカ者度がアップするというシロモノでした。

都会の女の子のそれとは、同じセーラーといっても月とスッポンのちがいでした。

だからでしょう。

今だに妙なアコガレがあります。

当時から、「 アレを着ると、きっとステキになれる」 みたいな気がしたものです。

この句も読まれています。

髪 洗 ふ す べ て 無 か り し こ と に し て... かみあらう すべてなかりし ことにして いろいろと引っかかることの多い世間です。 覚えていたとて、いいことはひとつもなく、忘れてしまえ、忘れてしまえと、 アタマの片隅で声がする。 洗い流せ。 それしかないじゃないの。...
盆 の 月 駅 ま で の 道 照 ら し を り... ぼんのつき えきまでのみち てらしおり わたしは親兄弟に縁が薄いのか、ママ母はもちろんのこと、生みの母のことも好きになれずに終わりました。 父は、ママ母との間にできた三女を溺愛し、30年経った今も、いい思い出より思い出したくないことの方が頭を巡ります。 それでも遠い先祖の中に、ひとりくらい、ちょ...
すぐ戻る 冬耕の鍬(くわ) 語りおり 畑に突っ込んだ状態の鍬が、ご主人様がちょっと外していることを告げる。 固い土はほぐされて、一本の道となりかけている。 よく働く人だと思う。 もう年の暮れ。...
まだ赤い ススキの穂にも 秋の風 暑い暑いと言い続けていたけれど、秋は来ていた。ススキが穂を出している。まだ若くて、穂は赤い。わたしはこの若いススキが好きです。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください