自 転 車 に 夏 の セ ー ラ ー 風 は ら む

じてんしゃに なつのせーらー かぜはらむ

高校生が夏服を着ると、とたんに夏が来た! 気分になります。

わたしはセーラー服を着たことがないわけではないけれど、イナカの中学の垢抜けない制服で、さらに大きな名札を付けなければならず、着ることでイナカ者度がアップするというシロモノでした。

都会の女の子のそれとは、同じセーラーといっても月とスッポンのちがいでした。

だからでしょう。

今だに妙なアコガレがあります。

当時から、「 アレを着ると、きっとステキになれる」 みたいな気がしたものです。

この句も読まれています。

寒のある うちにと逸る(はやる) 心地して... 春がくる前に、まだ寒いうちに、仕事を決めたい。 春になったら、もうだめなような気がする。 なんとなくだけど。 そんな気がする。 雪の降るうちに、木枯らしの止まないうちに。 春には、私も春でいたいから。...
正 月 や 雨 に 普 段 に 戻 さ る る しょうがつや あめにふだんに もどさるる 正月の淑気が、この雨ですっかり洗い流され、世の中は日常に様変わり。 いつもの日々が戻ります。 良い年でありますようになんて思わないけれど、どうか何もありませんように。...
有 明 の 遠 白 波 や 長 き 日 に ありあけの とおしらなみや ながきひに 春になり、日が長くなりました。 いつまでも暮れない陽は、遠浅の海を映し、はるか遠くから白波を蹴立てて走り来る波は見ていて飽きることがありません。 沈みかけたお日さまも同じです。...
樹も花も ほっと息つけ 秋の雨 長いこと晴天が続いた。行楽日和とみんな喜ぶ。暑い。何より雨が降らない。紅葉はまだか、今年はどうだと騒ぐ。今朝は朝から弱い雨。暗い空。降り続け根っこの端まで雨がしみ込むまで。 死刑囚、永山則夫の生い立ちと、精神鑑定にあたった医師の証言記録をテレビで見た。あまりに壮絶な生い立ち、五歳で親に捨てられ、ゴミ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください