自らも バッタ飛びにて バッタ追う

ばったを捕まえるのはむずかしい。
リズムを合わせて、三段跳びの勢いで、上から覆いかぶさるのがいい。
ひま…

この句も読まれています。

うそ寒は 水面に落ちる ひとりなり... 秋になってしばらく、そぞろ寒い日が続きます。 湖の面には、さらに秋が映ります。 当然にひとりなのに、さらに鮮明にひとりなのです。...
寒雲の どこまで空か 海荒れて 一面の冬の雲、灰色の海は波荒く、うねるようで恐ろしい。 いつもなら見えるはずの小島も見えず、たたきつける波のしぶきだけ白い。 冬の海は見ていて、すごい、飽きない。...
深 閑 を 切 り 裂 い て 狩 る 鵙 ( もず ) の 性 ( さが )... Bullheaded Shrike enjoys autumn sky / coniferconifer わりと綺麗な色をしている。まるまるとしている。虫や蛙、小さな鼠や、驚くことに小さな鳥まで襲うという。くちばしと鋭い爪が武器。獰猛で激しいのも生きるため。...
寒 戻 る 三 角 波 は 人 を 呑 む かんもどる さんかくなみは ひとをのむ 三寒四温とはよく言ったもので、さあこのまま春に突入と思ったところが、この寒さ、そして風の強さです。 海は荒れて、白い三角の小さな波が尖るように次から次に岸に迫ります。 小さい波だからと、侮ってはならず、ときに人の足をすくいます。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください