脚 畳 む 卓 袱 台 出 し て 花 帰 り

あしたたむ ちゃぶだいだして はながえり

わたしは直径55センチの丸い、脚を折りたためるテーブルを重宝しています。

脚の高さは30センチです。

テレビの正面に置いて、縫い物の手仕事や、読書や、句会の準備など、この広さでもけっこう色々な仕事ができます。

アイロンやミシンの時だけ二階に上がります。

近くの公園で小さな花見をしたときは、ウチによってもらいこのテーブルでお茶を出しました。

ソファーのうしろから出して、ぱたぱたと脚を出すのが懐かしいらしく面白がってくれました。

この句も読まれています。

ぶり大根 とろとろと煮る 日も暮れる... mめんどくさがりやで何でもいっぺんに片付けようとしてしまう。料理もそう。作るときは鍋いっぱい。あしたの弁当にも入れる。人は知らないから、見るとみんながおいしそうと言う。延々と食べ続けているとは知らず。何回も煮込むから、味が染みてつやつやと美味しそうに見える。見掛け倒しなのに。夕暮れが早い。大好きな夕...
亡 い 人 の 眼 鏡 も 拭 い て 盆 支 度... 眼鏡 / alberth2 惜しい人は、早く死ぬ。 あの世はあるのか。あ ると思う。どうしている だろうか。ちょっと逢い たい気持ち。盆には帰っ て来るだろうか。わかれ ばいいのに。世の中が変 わったこと教えてみたい 気もする。...
うそ寒は 水面に落ちる ひとりなり... 秋になってしばらく、そぞろ寒い日が続きます。 湖の面には、さらに秋が映ります。 当然にひとりなのに、さらに鮮明にひとりなのです。...
十 日 し て 早 苗 濃 緑 背 筋 伸 ぶ とおかして さなえこみどり せすじのぶ 田植えの終わったばかりの頃は、苗は細く短く、先がどうにか水から顔を出してアップアップしているように見えたのですが、あれから十日ほど経った今日見ると、ひとまわり大きくなったかんじです。 背丈もわずかながら伸び、スックと立っています。 たくましさが育ちつつあ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください