背 を 灼 か れ 顔 を 灼 か れ て 土 砂 の 跡

せをやかれ かおをやかれて どしゃのあと

昨年の北部九州の土砂災害では、地元の社会福祉協議会がバスを出すというので、一日お手伝いに行きました。

被害の大きさもさることながら、自分の体力の無さにがくぜんとしたものです。

畳を剥ぎ、床板を剥がしたその下には、驚くほどの粘土が固まったような土砂。

スコップでも歯が立たない。

一輪車に乗せて捨てに行くのだけれど、それにもコツがあって、思う方向に動いてくれない。

かくして一日でくじけてしまった次第です。

この句も読まれています。

海 の 色 映 し て う る め の 眼 か な... うみのいろ うつしてうるめの まなこかな うるめイワシ。 体つきは丸く、身体は青みが強い。 「うるめ」と名前にあるのは、脂瞼(しけん)という、透明な膜で、眼が覆われているため、うるんでいるように見えるからだと聞きます。 透明なうろこを通して、青い体が透けて見え、とてもきれいです。 眼の周りまで海の...
山あいの 柿の葉寿司の 渋みどり 駅弁展で、柿の葉寿司を買った。 たぶん奈良の山の村の産。 弁当の中は、柿の葉の裏側一色。 鯖の塩味、柿の葉の香。...
空 き 家 な ら 凩 容 赦 な く 叩 き あきやなら こがらしようしゃ なくたたき 隣家が売りに出されました。 長く一人暮らしをなさっていたのだけれど、クルマが軽に変わり、それもいつしか消え、弁当屋や、若い、いかにもヘルパーさんらしき人が出入りするようになり、ついに引越しのトラックが横付けされました。 秋のはじめの頃だったのですが、閉...
おかしさが 余計に目立つ 春鏡 春になると、日差しが急に明るくなるからだろうか、自分のお顔の欠点が極まる。 わたしの部屋は玄関に備え付けの縦長い鏡があって、いやでも出掛けに見ることになる。 わたしは事実は見ない。一日の活力が萎えてしまうから。 両手をほっぺに当てて、ピッと斜め上に引っ張って、うその姿だけど、 お肌にハリを持たせてか...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください