背 を 灼 か れ 顔 を 灼 か れ て 土 砂 の 跡

せをやかれ かおをやかれて どしゃのあと

昨年の北部九州の土砂災害では、地元の社会福祉協議会がバスを出すというので、一日お手伝いに行きました。

被害の大きさもさることながら、自分の体力の無さにがくぜんとしたものです。

畳を剥ぎ、床板を剥がしたその下には、驚くほどの粘土が固まったような土砂。

スコップでも歯が立たない。

一輪車に乗せて捨てに行くのだけれど、それにもコツがあって、思う方向に動いてくれない。

かくして一日でくじけてしまった次第です。

この句も読まれています。

真 贋 ( しんがん ) の 怪 し さ 忘 れ 春 の 雪... 茶碗。 本阿弥光悦作の名品だって。 ニセモノだろう。 そうに決まっている。 まったくうちの婆さんほどの見栄っ張りは見たことがない。 わかっていて嘘をつく。 見栄っ張り。 この劣悪な遺伝子は確実に受け継がれている。 しょうもない家なのに、遠い遠いはるか遠くの血すじの人間の自慢話をする。 何処の家にも、...
春愁や 展示の美女の 空眼(そらまなこ)... 四千年前の発掘展示。美女と呼ばれる ミイラ。黒いロングヘアは往時をしの ばせる。骸骨の深く空いた両の眼は、 哀しみの色。なんで今ここにいるのか。 どうして展示されてしまったのか。気 の毒としか言いようがない。...
裏 門 司 の 隘 路 (あいろ) 漏 れ な く そ ぞ ろ 寒... 門司港の駅から海に向かう表の顔は、もう何度も訪れた。 新しい橋、新しいレストラン、お土産屋がひしめき合って、観光客も多い。 放ったらかしにされた裏側こそが、門司港の歴史をそのまま残しているのではないかと思うほど、表は変わってしまった。 レトロな駅舎が残っているから、もうそれだけで絵になるのだろう。 ...
冬 ざ れ や 鎌 倉 抜 け し 歴 史 本 國史大系 / Mixtribe Photo オヤジが死んだとき、歴史の本を読みたがっていたと、アホな母親は、棺に、約30巻の歴史のシリーズ本の中から、鎌倉時代を持ち出して入れた。葬儀屋の人は迷惑していた。ぶ厚い本は焼くのが大変だと、ページを少しずつまあるくして、風というか火が通りやすいように工夫して...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.