耳 納 山 稜 線 豊 か 山 眠 る

みのうさん りょうせんゆたか やまねむる

耳納山系、久留米市から大分県の県境まで続く比較的穏やかな山地です。
耳納山、鷹取山、高良山どれも登りやすい山で、特に高い山はありません。
なだらかに続く尾根が特徴で、湧き水には定評があります。

この句も読まれています。

木 菟 の 鳴 く 星 の 隠 れ し 真 夜 な れ ば... ずくのなく ほしのかくれし まよなれば 木葉ズク、フクロウの仲間らしくて、夜行性、肉食。 正面に顔があって、見ようによっては人間みたいです。 昼間は身動きひとつせず、眼は瞑ったり開いたり。 寝ているわけでもなさそうです。 月も星も見えない漆黒の闇には、ふた声三声鳴いて、野ネズミやノラのネコ...
石蕗の 黄(き)寒空に 色を投げ 紅葉もおおよそ散った今では、庭に咲く花は石蕗だけ。 季節にふさわしからぬ鮮やかな黄色。 丸い葉っぱから精いっぱい首を伸ばしたように咲く。 晴れと曇りの中間くらい、昨日と変わらぬ今日が暮れる。 iPhoneからの投稿...
姉 妹 も 他 人 の 果 て か 赤 の ま ま... きょうだいも たにんのはてか あかのまま 赤のまま。 タデ科の雑草。犬たでとも言われます。 道端や空き地、どこにでも生えます。 「犬蓼」の「犬」というのは、役に立たないものを意味するとか。 ウチのような継母のいる家庭では、同じく先妻の子でも、わたしのように、そっぽを向いた子ども、擦り寄って上手く...
入 社 式 新 人 狙 ひ 献 血 車 にゅうしゃしき しんじんねらい けんけつしゃ 市役所に住民票をもらいに行きました。 玄関横の桜並木はちょうど五分咲きといったところ。 希望に満ちた、元気はつらつの新人職員が献血車に並びます。 この市は、今年から採用に関して、筆記試験を廃止しました。 市長の見解だそうです。 献血ぐらい、人の倍やれ!...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください