耳 納 山 稜 線 豊 か 山 眠 る

みのうさん りょうせんゆたか やまねむる

耳納山系、久留米市から大分県の県境まで続く比較的穏やかな山地です。
耳納山、鷹取山、高良山どれも登りやすい山で、特に高い山はありません。
なだらかに続く尾根が特徴で、湧き水には定評があります。

この句も読まれています。

髪 洗 ふ す べ て 無 か り し こ と に し て... かみあらう すべてなかりし ことにして いろいろと引っかかることの多い世間です。 覚えていたとて、いいことはひとつもなく、忘れてしまえ、忘れてしまえと、 アタマの片隅で声がする。 洗い流せ。 それしかないじゃないの。...
ま ず 嚙 り 陽 を 浴 ぶ 金 柑 当 た り 年... まずかじり ひをあぶきんかん あたりどし 金柑は、秋の季語ですが、実際にはこの寒さのなか収穫します。 凍てつくような寒い日が続きますが、ときおりさす冬日を浴びて、塀の内側なれど、たくさんの実をつけます。 道の駅では、惜しげもなくパックに詰め込まれ安く売られています。 いかにもビタミンたっぷり...
束にして 青いすすきの 秋を聴く 新しいすすきの穂は、スッとしていいものです。 ある限りを抜き取って、秋を実感するのです。
沼田まほかる 作家。 「九月が永遠に続けば」「アミダサマ」「ユリゴゴロ」。 「ユリゴゴロ」というのは、サイコパスというものを扱っているのだろうか。生まれでも、生い立ちでもないとんでもない性(さが)をもつニンゲンが、一億人のうちに、幾人かは存在するのだろう。 ひとは、その都度親を叩き、成育歴を検証するが、そんな...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください