置 き 薬 膏 薬 効 くと 生 身 魂

おきぐすり こうやくきくと いきみだま

越中富山の薬売りから始まった、常備薬を家庭に置き、使った分を補給するタイプの配置薬。
未だに健在です。
たいていは、かぜの薬や胃腸薬などですが、腰や膝に貼る湿布も人気のようです。
お年寄りは「 こうやく 」と呼びます。
医師が出す湿布薬より、絶対効くと言うのですから、信心のようなものでしょうか。
本人が、これと言うなら、それが一番です。

この句も読まれています。

雪 だ る ま 生 き 辛 き 世 よ 子 ど も ら よ... 新学期が始まった。 日本のあちこちで、子どもの自殺が続いている。 死ぬほど辛いのだろう。 まだ子ども。 いじめは加減を知らない。 徒党を組む。 学校はあてにならない。 相談したがために、なお一層酷いことになった話もよく聞く。 相談を取り合わない教師もいる。 信じがたいことに、いっしょになって、いじめ...
赤まんま 夕餉(ゆうげ)の匂いの 道すがら... 秋の日暮れ、日の落ちるのが早く、帰り道はなんとなく 急ぎがち。どこからか秋刀魚を焼く匂いや、カレーの匂いがして あゝ幸せの匂いだって思う。 夕食はおおよそ決まった時間に、簡単でも手作りで、 炊きたてのご飯で食べるのがいいと思っている。 そういう些細なことの積み重ねは大事なことで、きつい時ほど どうに...
リ ハ ビ リ の 靴 合 わ せ す る 春 隣... W363. / MIKI Yoshihito (´・ω・) 麻痺のある方の足には、装具をつけなければならないこともある。装具を着ければ、靴は、ワンサイズいえ、もう少し大きなものが必要になる。靴底も特別誂えになる。なんとなく気の重いオーダーメイドである。長い冬が過ぎて、ようやく春になる。重い心はあま...
山茶花の 咲き終わるまえ 散りはじめ... 山茶花の垣根にようやく花が咲き始めました。まだちらほらですが、地面にはもう散った花びらが落ちています。つぼみをふたつ小さな花器に入れて玄関に置くと、固かったつぼみがもう咲いてる。あわただしいこと。椿より小さくて、椿ほど重みもなくて、垣根によく合う手ごろな花という感じです。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.