置 き 薬 膏 薬 効 くと 生 身 魂

おきぐすり こうやくきくと いきみだま

越中富山の薬売りから始まった、常備薬を家庭に置き、使った分を補給するタイプの配置薬。
未だに健在です。
たいていは、かぜの薬や胃腸薬などですが、腰や膝に貼る湿布も人気のようです。
お年寄りは「 こうやく 」と呼びます。
医師が出す湿布薬より、絶対効くと言うのですから、信心のようなものでしょうか。
本人が、これと言うなら、それが一番です。

この句も読まれています。

胸 底 の 水 琴 窟 に 皐 月 雨 水琴窟 / Kentaro Ohno わたしには心臓の奥に、涙の壺がある。 子どもの頃、理不尽なことでたびたびまま母から怒られ、叩かれ、ご飯を抜かれ、さまざまなことから形成されたものと思う。 大人になって、壺が溢れることはなくなったが、壺そのものはそのままそこにある。 ときおりどろりとした得体のし...
口に手を こそこそ言うなり 野北の人は... 糸島半島の、芥屋の大門の向かい側に、野北浜というところがあります。 もう昔のことです。
垣倒れ 白薔薇小薔薇 覆いくる よく見る、木の薄い板を合わせた茶色の柵、雨で腐ったのでしょう。 昨夜の嵐のような風で倒れたのだろう。 薔薇が落ちてきて、通るのが大変...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください