嫁 ぎ ゆ く 先 の 苦 労 を 木 菟 の 鳴 く

とつぎゆく さきのくろうを ずくのなく

木葉木菟 (このはずく)
その鳴き声から、仏法僧の異名をもちます。
夜行性で、肉食です。

知り合いのムスメさんの結婚がきまったそうです。
お見合いパーティーを何度か経験し、双方が、この人ならと決めたという、まことに目出度いことです。
話はトントン拍子。
やっぱり今の時代でも、女の子は結婚を夢み、そして親も生涯独身には大きな不安を持つようです。

小さいながらも造り酒屋だそうです。
両親と同居です。
当然といった感じで。
どうも小姑が、ほんの近くに二人いるようで、そのほかにも親戚と称する人たちがしょっちゅう出入りするようです。
ついでに小さいと言っても造り酒屋です。
販売店ではありません。
のれんというものもあるでしょう。
プライドというものも高かろうと想像します。

今の若いムスメは、キャリアより専業主婦を望むとは、チラと聞いていたけれど、お手伝いさん、将来は親の介護を押し付けられ、まわりからなんやかんやと言われ、従業員や家族の食事係りにされはしないかと、わたしは心配します。

イヤならさっさと帰って来ればいいと思うのです。
ちまたでは、ムスメも母親も、一度結婚すれば気がすむとも聞きます。
時代は、バツイチに寛大です。
でも、続けて来た仕事はもうないのです。
子どもができたらどうする。

心配してもしょうがないのです。
わかっていても、歳のせいか、先の苦労が見えてしまう。
取り越し苦労ならいいけれど。
わたしなら、嫁かない。

この句も読まれています。

パトサイレン 一度唸って(うなって) 山笑う... パトカーのサイレンが、一回だけなった。 経験者だからわかるが、あれは捕まった。 お気の毒です。
「 累犯障害者 」 ( 3 ) 刑務所の中では、今でも「懲罰」が行われる。 規律違反を犯した受刑者に対して。 独房での閉居、作業賞預金没収、食事量減量など。 ただむかしと違うのは、突如一方的ではないこと。 「懲罰審議会」 知的障害者の場合の例 「〇〇さんを思いっきりぶん殴りました」 事実は逆で、ぶん殴られたのは、彼だった。 調書...
洗 い 張 り 記 憶 ひ と つ の 母 の 逝 く... わたしは、母と5歳の時に別れた。 父親が、本気でオンナを作り、収入のない母は、追い出された格好だ。 着物の好きな人で、普段着も着物だった。 着るだけではなく、縫ってもいたようで、着物をほどいて洗い、平たい細長い板に貼りつける、洗い張りというものをしていたのを覚えている。 あとは、誕生日に茶巾寿司を作...
時雨打つ 枯れ蓮微動だに せず 冷たい雨が昨夜から止む気配もない。 池のハスなどこの季節には目をとめる人もいない。 これだけの激しい雨に打たれて、どうなっているかと 思いきや、なんということもない。 いつもと同じ場所で、同じ佇まい。 変わらないことは強い。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください