嫁 ぎ ゆ く 先 の 苦 労 を 木 菟 の 鳴 く

とつぎゆく さきのくろうを ずくのなく

木葉木菟 (このはずく)
その鳴き声から、仏法僧の異名をもちます。
夜行性で、肉食です。

知り合いのムスメさんの結婚がきまったそうです。
お見合いパーティーを何度か経験し、双方が、この人ならと決めたという、まことに目出度いことです。
話はトントン拍子。
やっぱり今の時代でも、女の子は結婚を夢み、そして親も生涯独身には大きな不安を持つようです。

小さいながらも造り酒屋だそうです。
両親と同居です。
当然といった感じで。
どうも小姑が、ほんの近くに二人いるようで、そのほかにも親戚と称する人たちがしょっちゅう出入りするようです。
ついでに小さいと言っても造り酒屋です。
販売店ではありません。
のれんというものもあるでしょう。
プライドというものも高かろうと想像します。

今の若いムスメは、キャリアより専業主婦を望むとは、チラと聞いていたけれど、お手伝いさん、将来は親の介護を押し付けられ、まわりからなんやかんやと言われ、従業員や家族の食事係りにされはしないかと、わたしは心配します。

イヤならさっさと帰って来ればいいと思うのです。
ちまたでは、ムスメも母親も、一度結婚すれば気がすむとも聞きます。
時代は、バツイチに寛大です。
でも、続けて来た仕事はもうないのです。
子どもができたらどうする。

心配してもしょうがないのです。
わかっていても、歳のせいか、先の苦労が見えてしまう。
取り越し苦労ならいいけれど。
わたしなら、嫁かない。

この句も読まれています。

冬 木 立 透 け て く る り と 月 の 道... ふゆこだち すけてくるりと つきのみち 二月の月は、痛いほど冷たい色を放ちます。 冷えた空気のせいなのか、天体のことは苦手で、さっぱりなのですが、中秋の名月ごろの暖かさとは、あきらかにちがいます。 葉を落とした大樹の向こうに月があります。 照らされて、樹々は枝の先まで明らかになったように感じます。...
城島(じょうじま)事件 もうずいぶん前のこと、ひと昔いやふた昔も 前のこと。いまの久留米市、当時三潴郡城島 町で、中学生が学校でいじめられ、絶えきれ ず自殺した。たしか筑後川の支流の水門に紐 をかけて首を吊った。痛ましい事件だった。 転校生だったらしい。前の学校では、心優し い人懐っこい子どもだったと聞く。土地柄が 合わな...
蛍 出 で 闇 夜 の 更 に 深 ま り ぬ ほたるいで やみよのさらに ふかまりぬ 梅雨の今ごろは、あっという間に日が落ちて、そのうえ闇がとても深い。 ホタルに目が行き、追っていれば、更にやみ夜は深くなる気がします。...
どくだみを 干して 五月の雨を聞く... どくだみの花が咲いたら、根っこから採って洗って干して、お茶にしようと思う。前は20度の甲 類の焼酎に漬けて、どくだみ化粧水を作っていたけど、たいていできる前に飲んでしまうので やめた。どくだみを干すと部屋中にどくだみの香りが充満して、すがすがしい。嫌う人もいるが わたしは好き。どくだみを束にして、つ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.