縁あって 遭うたに 時雨るる 日に別る

人は縁あって出会うと聞く。それなのにほんの短いご縁でありました。
なにが悪かったのか。努力が足りなかったのか。もう考えるのはやめよう。

この句も読まれています。

誰一人 目もくれずおり カンナ咲く... 暑い。灼熱地獄のよう。川べりにカンナの大株あり。見れば見るほど暑い。こんな可愛げのない花が他にあろうか。図体のデカイおのれに重ねる。誰も見ないのに、なんで空を向いて咲けるのだろう。バカなのか。...
海 べ り に 小 浜 ち ゃ ん ぽ ん 具 に 浅 蜊... うみべりに おばまちゃんぽん ぐにあさり 名物にうまいものなしと聞くけれど、 雲仙のふもと、小浜のチャンポンは美味しかった。 アサリは3月から4月が旬で、身がぷりぷりしているのですが、総じて小柄になってしまいました。 収穫後一ヶ月、其処の海に置けば、産地は最後の海になるとか。 中国で採って、熊本...
濡れ傘を 干して舞い降る 落花かな... 花の下を、雨の中歩いた。 傘をさして。 干そうと、ジャンプ傘のボタンを押した。 花びらが舞い上がって、驚いた。...
煌 め きて 星 は 霜 夜 を 連 れ て 来 し... きらめきて ほしはしもよを つれてこし 霜は、曇った夜ではなく、満天に星のきらめく晴れた夜降りるのだそうです。理由は、夜空が晴れていると放射冷却によって気温が下がり、大気中の水蒸気が細かな水の結晶を結ぶからだそうでず。 これが霜。 逆に夜空が雲に覆われていると、地上の熱が失われずに暖かいので、霜は...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください