縁あって 遭うたに 時雨るる 日に別る

人は縁あって出会うと聞く。それなのにほんの短いご縁でありました。
なにが悪かったのか。努力が足りなかったのか。もう考えるのはやめよう。

この句も読まれています。

寂しさが 渦を捲き来る 虎落笛 冷たい風が、電線をうならせて、ヒューヒューとなんともやりきれない音を出す。 コートの襟を立てて歩く。寒さは変わらない。悲しみ寂しさが自分を真ん中にしてつむじ風を起こしているような気が する。虎落笛のなく日は、こころが凍える。...
ふたつ三つ 増えて植田の 心意気 100523_taue_akita / ivva そろそろ田植えが始まった。そのすべてが同じ日にとはいかないものの、確実に、着実に進んでいる。ちょっと見ぬ間に。水路の口は、開かれたり閉じられたり、都度都度有効に働くものらしい。今年もこの季節が来た。去年も、同じ場所で、同じ感動を覚えたものだ。不思議と...
花八手 ここまでひそかに 日暮れ行く... もともと日陰を好む八手は、日暮れが似合いそう。 目立たないながら、少し昔の普通の家の角や中庭にはなくてはならない存在です。 なんとなくしっくり落ち着くからでしょうか。...
新酒(しんざけ)の 表面張力 春隣... 新酒の季節。 利き酒用の、ぐい呑みに、ぎりぎり一杯ついでもらう。 つぐ方も上手なら、一滴も溢さず、飲むわたしも上手。 春は隣。 行きは寒々、帰りはうらら。 よかったらクリックください。励みになります。 ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です