練 習 の カ ヌ ー 尻 目 の 船 頭 唄

熟練の船頭さんの竿さばき。
流れのゆるいところでは、初心者のカヌーの練習。
服装はいっぱし。
淵に沿って、恐る恐るの気持ちが、その動きに出ている。
若い頃から、荒い仕込みで見よう見まねで技術を身につけた、老練の船頭には、ちゃんちゃらおかしい様子。
何にも言わない、ただ地元の民謡など聞かせるだけだけど、
それとなく感じる。
おもしろい。

この句も読まれています。

花 筏 こ の 虚 し さ も 混 ぜ て お く... はないかだ このむなしさも まぜておく サクラが川や湖のような水面に散ると、まんべんなく散り渡るわけではなく、大きさはさまざまながら、固まりを作り動きます。 ハナイカダと言われます。 なかなか情緒のある美しいもので、サクラは何度も見どころがあるものです。 うつうつとした重苦しい気分も、困りご...
集めないほうがいい 泳げ鯉のぼり相模川/相模原 / Tranpan23 物はひとつところに、ひとつがいい。豊後の国の童話の里を流れる大きな川に、今頃になると毎年、たくさんの鯉のぼりが川を渡したロープに括られはためく、ならいいけれどはためかない。大量にぶら下がっている。全国から集まったのだろう。かつては一軒一軒の家で、男...
羽 抜 け 鳥 祖 先 は 恐 竜 な り し と か... はぬけどり そせんはきょうりゅう なりしとか 羽抜け鳥。 羽毛が抜け変わる頃の鳥、主にニワトリ。 また、羽毛が抜け落ちたニワトリ。 威勢はいいが、見かけが間が抜けていて、おそろしくみっともないけれど、それなりに愛らしくもあります。 祖先は恐竜。 始祖鳥? つばさに鋭い爪があり、我が物顔で空中を席...
歳 時 記 に 去 年 の 栞 や 散 紅 葉 さいじきに こぞのしおりや ちりもみじ 一年を通した季節感や、行事、しきたり、季語などをわかりやすく編集したものが、歳時記です。 24節気や、月の呼び名など、知らないことが多いので、重宝しています。 秋のページに紅葉の押し花。 去年、拾ったものを、挟んで忘れていたものと思われます。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください