練 習 の カ ヌ ー 尻 目 の 船 頭 唄

熟練の船頭さんの竿さばき。
流れのゆるいところでは、初心者のカヌーの練習。
服装はいっぱし。
淵に沿って、恐る恐るの気持ちが、その動きに出ている。
若い頃から、荒い仕込みで見よう見まねで技術を身につけた、老練の船頭には、ちゃんちゃらおかしい様子。
何にも言わない、ただ地元の民謡など聞かせるだけだけど、
それとなく感じる。
おもしろい。

この句も読まれています。

藁 を 編 む 鍋 敷 き を 置 き ひ と り 鍋... わらをあむ なべしきをおき ひとりなべ ナガタニエンという名前の蒸し鍋を購入しました。 陶製で、中にやはり陶製の、蓮の実のように、たくさん穴が開いたお皿が付いています。 お湯が沸騰すれば、その穴から激しく蒸気が出て、あっという間にセットした肉や野菜を蒸した状態にします。 油は下に落ちます。 ...
立ち話 蚊遣りの香(こう)の 欲しき宵... 夏の井戸端会議には、蚊取り線香が必須かも。 足をばたばた叩きながらの、立ち話は大変そう。
秋の野に 柿の木のあり 稲実り むかしのこと、大宰府の、麻生太郎さんのお父さんかお爺さんかが造った、トンネルを抜けて、 宝満山の登り口、竈神社までの道は、わたしの思い出の道です。 一面の稲穂黄金色に輝いて、もう刈り取り寸前。 道はまっすぐではなくて、細くぐるーっとわざと景色を楽しむために、曲がっているよう。 空は真っ青な秋の高い空...
爛漫(らんまん)の 雨情枝垂(うじょうしだれ)の 雨に酔う... ソメイヨシノはおおかた終わりを迎えた。 今年の桜も見納めかと、思っていたけれど、雨情枝垂という花を知った。 野口雨情の名からとったそうで、白に薄い桃色の入った花片で、蕾のときは濃い桃色。 あの濃い色は、どこへいったのか。 よかったらクリックください。励みになります。 ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.