絵 硝 子 や 夏 日 教 会 風 渡 る

えがらすや なつびきょうかい かぜわたる

天草に、畳敷きの教会があります。

隠れキリシタンの末裔が建てたと言われるこの教会、先祖の供養とともに、その苦労をたたえ、教えを守っていくことの決意であろうとおもいます。

手づくり感満載の教会も夏の日を受け、さわやかな五月の風を受け、苦しい時代を越えてきた涙と団結、達成感の象徴かもしれません。

この句も読まれています。

経歴も 家族も嘘の 秋宴(うたげ)... テキトーな集まりにはテキトーに対応する。ただ嘘をつくと記憶力がいる。誰に何を言ったか。そのパターンで通すと楽かな。...
縁あって 逢うたに時雨るる(しぐるる) 日に別る... 逢えたのは縁があったからだと信じたい。 人生には浅い出逢いがいい。疲れなくていい。 溺れるときつい。溺れると地獄。 別れはつきもの。別れて当然。 まえの暮らしにもどるだけ、もどるだけ。...
コーラ瓶 淡い緑の 冬日さす 昔のコーラの瓶が好きです。 格好もいいけど、何といっても、あの淡い緑色の瓶に すじが入ったところ、白い細いコカ・コーラの筆記体の 文字。 冬の冷たい日差しによく似合う。 テレビの横に、置き忘れたように、置いています。...
あ あ こ れ も 桜 か 宵 の 散 歩 道 いつもの道。 楓や椿、そして桜も。 芽吹きの時も気付かずに、蕾がついて、「あゝ桜」 群れにならない桜に、改めて気づく。 ここにも桜があった。 春の、ゆっくり暮れる宵の散歩道。 桜は一本でも桜。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください