絵 硝 子 や 夏 日 教 会 風 渡 る

えがらすや なつびきょうかい かぜわたる

天草に、畳敷きの教会があります。

隠れキリシタンの末裔が建てたと言われるこの教会、先祖の供養とともに、その苦労をたたえ、教えを守っていくことの決意であろうとおもいます。

手づくり感満載の教会も夏の日を受け、さわやかな五月の風を受け、苦しい時代を越えてきた涙と団結、達成感の象徴かもしれません。

この句も読まれています。

脚 畳 む 卓 袱 台 出 し て 花 帰 り あしたたむ ちゃぶだいだして はながえり わたしは直径55センチの丸い、脚を折りたためるテーブルを重宝しています。 脚の高さは30センチです。 テレビの正面に置いて、縫い物の手仕事や、読書や、句会の準備など、この広さでもけっこう色々な仕事ができます。 アイロンやミシンの時だけ二階に上がります...
た ま ご か け ご 飯 食 え よ と 羽 抜 鶏... たまごかけ ごはんくえよと はぬけどり ニワトリは夏を迎えるころ、羽が抜け替わります。 それはもう貧相というか、あきれるほどのおかしさです。 カラダ中の毛が抜けて、こんなに痩せてたかと驚くほどです。 ぜんぶ抜ければ、それはそれなりかもしれないけれど、ボロギレが走り回っているように見えます。 ...
蕗 味 噌 の 苦 味 世 間 の 動 き 出 す... 蕗味噌とは、蕗を細かく刻んで、少しのオイルで炒め、酒、味醂、砂糖、味噌で味をつけたものです。 独特の苦味が特徴で、しみじみとした風味があります。 蕗の薹は、切る端から色が変わるので、手早く作るには調味料は先に混ぜておくことです。 苦味が強いのが苦手の人は、先にひと茹でしておくといいです。 しだいに暖...
砂吐いて あさりの油断 春隣 アサリの旬はこれから。 実が大きくて、美味しいが、砂を吐かせるのが、ちょっとコツがいる。 塩水は、ちょっと濃い目がいい。 暗くすると、いい。 油断して、管のようなものを、しっかり伸ばしているのを見ると、勝ったような気がする。 よかったらクリックください。励みになります。 ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください