絵 硝 子 や 夏 日 教 会 風 渡 る

えがらすや なつびきょうかい かぜわたる

天草に、畳敷きの教会があります。

隠れキリシタンの末裔が建てたと言われるこの教会、先祖の供養とともに、その苦労をたたえ、教えを守っていくことの決意であろうとおもいます。

手づくり感満載の教会も夏の日を受け、さわやかな五月の風を受け、苦しい時代を越えてきた涙と団結、達成感の象徴かもしれません。

この句も読まれています。

兵 馬 俑 誰 も 彼 も は 花 の 屑 あまり欲をかかぬことでしょうか。 死んだ先のことなど考えぬこと。 きっと思うようにはいかないし、貴方が死んだとて、さして困ることもなし。 秦の始皇帝って、アタマのいい、実行力のある人物だったと。 広大な中国を、文字と計りを統一して治めたとのこと。 喋ってもわからないけれど、書けばおんなじってことでし...
線路道 有刺鉄線 からすうり 懐かしい花です。 網の目のような花です。 有刺鉄線にからみついて、静かに花を咲かせているのです。 誰も見ない、気がつかない。...
思い出す ことの多かり いわし雲 sすっかり秋になった。空は高くなり、夕暮れに一面のいわし雲。あんまり楽しいことは思い出さない。ああ、あのときのあの人の態度は、もう嫌気がさしていた証だったんだとか。なんであのとき気がつかなかったんだろうとか。人の心の一瞬って、時間がたってから、ふっと気がつくことが多いような気がする。...
も て 話 自 慢 し 過 ぎ て 水 中 花 むかしもてた話、繰り返し繰り返し。 「どこが良かったのかしら?」なんてね。 どんな内容、分野であれ、自慢話はうんざりされる。 追っかけがいたそうな。 わたしには、夢の世界。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です