絡まって 地べたにへばって 枯れ落ち葉

落ち葉掃きもたいへんである。箒に絡まってくっついてまわるし、アスファルトの地面にペタッと張り付いて離れない、ムカつくことばかりなり。
iPhoneからの投稿

この句も読まれています。

寺瓦 反り返る先まで 春の雨... お寺の屋根は、なんであんなに反り返っているのでしょうか。 単に見栄えがいいから? それとも、何か理由があるのでしょうか。 春の雨は、時間をかけて、丁寧にていねいに、あらゆるものを濡らしていきます。 万物が、深呼吸します。 よかったらクリックください。励みになります。 ...
たっ ぷ り の だ ご 汁 オ ー バ ー 脱 が せ お り... たっぷりの だごじるおーばー ぬがせおり だご汁。 大分県名物。 具だくさんの味噌汁に、小麦粉を練っただけの歯ごたえのあるものが、形は適当に入っているだけのものです。 寒い中で食べると、お腹の底から温まり、ダゴのせいか、満腹感あり。 ファンも多いようです。 戦時中はこればっかりだったと、...
退 き 際 ( ひきぎわ ) は 美 学 で あ り ぬ 落 ち 椿... 椿は散るとき、首からぽろんと落ちるため、嫌う人も多いらしい。 家に植えるなとも聞きます。 最後まで綺麗に咲いて、朝見ると落ちていた、そんな散り方がわたしは好きです。 退き際というのは、人は教えてくれない。 「まだまだですよ。いろいろ教えてもらわなきゃ」なんて心にもないことを言う。 ほんとは「 いい加...
衰 へ の ひ と つ ふ た つ を 忘 れ 霜... おとろえの ひとつふたつを わすれじも 人の老化は、ある日突然やって来るわけではありません。 ただ、それが本人には到底分かるものではありませんが、周囲の人が気がつくのはある日突然です。 そして身内がそれに気づくのは、ずっとずっとときが経ってからです。 「えっこんなだったっけ 」と一瞬呆然とす...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください