終 電 に 冬 三 日 月 の つ い て く る

しゅうでんに ふゆみかづきの ついてくる

中秋の名月などとはちがい、冬の月は硬くて冷たい。

板金で作ったような月に、影のようにウサギがいる、そんな感じです。

道は適当に明るくて、月明かりを必要としているわけでもないのに、板金の月は離れず付いてきます。

今年ももうふた月が過ぎたと、そのたったふた月にへとへとになった自分を見つめながら、月とともに歩きます。

いいか悪いか、正しいかまちがっているかなんて考えるヒマはないのです。

今日と明日のことで、アタマはいっぱいですから。

この句も読まれています。

茅 を 干 す 日 向 の 里 や 波 光 る かやをほす ひゅうがのさとや なみひかる 宮崎県民謡。 刈干切唄。 茅を干し、屋根をふく、また牛の飼料にする。 長い長い歴史の中で、営まれてきた労働と技術です。 日向の海は明るい蒼で、なにもなければ穏やかです。 山の中腹から、海も水平線もよく見えます。...
銀杏落葉(いちょうおちば) 狛犬(こまいぬ)に降る 苔(こけ)に落つ... 近所のお宮のの大銀杏。 止むことを知らず。大空から狛犬に振り落ちる。 緑の苔の上にも音もなくふり重なる。こんな小さなお宮には七五三のお詣りもないようで、 十一月半ばもいつもと同じ風景。 主役は銀杏落葉。...
ゆでたまご 剥き(むき)剥き(むき) 春の 午後をゆく... near Hongō, , Japan / nakanishiakihito 何にもする気にならない春の午後。長い雨が過ぎたら途端に汗の滲む暑さ。ゆでたまごを上手にむき、塩をふって食べながら、古い映画を見ている。佐藤浩市のパパが出ている。この人の飢餓海峡はよかった。左幸子も名演技。どうしようもない時...
きき酒の 盃(さかずき)持ちて 徘徊す... いよいよ秋の到来です。毎年の新酒会に今年も行きました。小さな盃を100円で買って、次から次、今年のしぼりたて新酒を試飲して回るのです。係のお姉さんは、一瞬また来たかって顔をするのですが、なにせ小さい小さい盃ですから、注いでくれます。わたしは日本酒は苦手なのですが、今日だけは飲まねばなりません。にごり...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください