終 電 に 冬 三 日 月 の つ い て く る

しゅうでんに ふゆみかづきの ついてくる

中秋の名月などとはちがい、冬の月は硬くて冷たい。

板金で作ったような月に、影のようにウサギがいる、そんな感じです。

道は適当に明るくて、月明かりを必要としているわけでもないのに、板金の月は離れず付いてきます。

今年ももうふた月が過ぎたと、そのたったふた月にへとへとになった自分を見つめながら、月とともに歩きます。

いいか悪いか、正しいかまちがっているかなんて考えるヒマはないのです。

今日と明日のことで、アタマはいっぱいですから。

この句も読まれています。

しょうしょうと 降る雨黒く 山桜 雨が多い。音もなく、まるで永遠に降り続くかのように山に雨が降り続く。空は暗く、春とは思えないような墨絵の世界 である。桜は地味で、でもきっぱりと咲く。山の桜。...
雄々しくて あんたに見える 冬木立... そんなはずはない。世の中に雄々しい男なんかいるはずもないのに。 どうかしてる。
ぽったりと 八重の桜は 枝しなる 八重桜はずいぶんとおくれて咲く。色が濃く、重い感じがする。満開になれば、花の重みで枝がしなるほどに見える。 あまり誉められもしないが、「あたしはあたし」って感じ。...
緑 蔭 の 只 中 に あ り 小 学 校 りょくいんの ただなかにあり しょうがっこう 平屋である。 山すそにある。 蝉時雨の只中に、世間の炎昼とは縁のない小さい小学校。 分校ながら、よくわからないけれどr、イキイキしている。 遠く耳納連山。 正しくあれ。 優しくあれ。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください