終 電 に 冬 三 日 月 の つ い て く る

しゅうでんに ふゆみかづきの ついてくる

中秋の名月などとはちがい、冬の月は硬くて冷たい。

板金で作ったような月に、影のようにウサギがいる、そんな感じです。

道は適当に明るくて、月明かりを必要としているわけでもないのに、板金の月は離れず付いてきます。

今年ももうふた月が過ぎたと、そのたったふた月にへとへとになった自分を見つめながら、月とともに歩きます。

いいか悪いか、正しいかまちがっているかなんて考えるヒマはないのです。

今日と明日のことで、アタマはいっぱいですから。

この句も読まれています。

言い足らず 説明しすぎて 余寒かな 言葉はむずかしい。説明が足りず誤解され、 説明が過ぎて誤解され、後悔することする ことしきり。電話ではなお。そうやって 苦手意識が育つ。時間をおいて、少し距離 をとって、仕切り直し。深呼吸。...
今 生 の 身 内 居 ら ず も 浅 き 春 こんじょうの みうちおらずも あさきはる 亡くなった父も母も含めて、ママ母や妹たちも、みんなみんなもう終わりにします。 これまでも、そしてこの先もずっと、命にかかわるほど困っても、相談することはありません。 もちろん向こうもそう。 輪廻転生と言うけれど、もう二度とお近づきになりたくない人種です。 ...
時 雨 な ど 任 侠 映 画 の 帰 りな ら しぐれなど にんきょうえいがの かえりなら わたしはヤクザ映画が大好きです。 もう、白黒の時代のものから何でも観ます。 (高橋英樹シリーズは、チャラくて、嘘っぽいから観ないけれど。) 何より礼儀正しい、スジを通す、顔を立てる、顔に免じる。 そして思いやりがある。 命をかけて、大事な人を守...
飲み過ぎた 見上げれば月 暮れの春... 春の夕暮れに誘われて、一杯飲んで、帰り道。 下弦の月は、くっきりと、どこからともなく ジャスミンの重ったるい香り、ああいい季節だと思う。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です