終 電 に 冬 三 日 月 の つ い て く る

しゅうでんに ふゆみかづきの ついてくる

中秋の名月などとはちがい、冬の月は硬くて冷たい。

板金で作ったような月に、影のようにウサギがいる、そんな感じです。

道は適当に明るくて、月明かりを必要としているわけでもないのに、板金の月は離れず付いてきます。

今年ももうふた月が過ぎたと、そのたったふた月にへとへとになった自分を見つめながら、月とともに歩きます。

いいか悪いか、正しいかまちがっているかなんて考えるヒマはないのです。

今日と明日のことで、アタマはいっぱいですから。

この句も読まれています。

月 夜 に は 守 宮 ( やもり ) の 腹 の 白 か ろ う... 守宮、むかしはいっぱいいた気がする。 ガラス戸に身体に不似合いな大きな吸盤をつけて、ペタッとくっついているのを、面白がって、内側から、鉛筆の先で、コンコンと叩いて脅かしてやろうとしたが、ずうずうしくて、なんてことない風情だった。 いまでも、いないわけではない。 とても珍しくなっただけ。...
現 世 に く ら り と 落 つ る 日 照 り あ り... うつしよに くらりとおつる ひでりあり なんというか、あの人がまさか・・・ということがあります。 何かが取り憑いたとしか思えないようなことをしてしまう。 別の言い方をすれば、「魔がさした」ということでしょうか。 だから占いがあり、サンリンボウや大殺界などと、まことしやかに談議されるのかもしれません...
摘めばもう 散るか幼き 日のフグリ... まだ幼いころ、うちに母親とばあちゃんがいた、ほんの短い日々、春の浅いころ、道端の青い小さな犬フグリの花がとても素敵に見えて、なんとか摘んで帰りたいとおもったものでした。やっと摘んでもちょっと持ち上げただけで、すぐ散ってしまう。何度も何度も挑戦したものです。 考えてみれば、あれから長い長い不幸な日々...
関 門 の 春 潮 空 と 光 り 合 ひ かんもんの しゅんちょうそらと ひかりあい 関門海峡の春。 浪は穏やかで、海がこんなに光るかと思うくらいきらきらとまぶしい。 空もまたどこまでも碧く、海のあお、空のあおはいつか混ざりあいます。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください