終 着 の 枕 木 高 く別 れ 霜

しゅうちゃくの まくらぎたかく わかれじも

終着駅では、駅舎と列車が並列ではなく、直角に向き合います。

これ以上列車が進むことはないのだけれど、用心のためか、枕木を積み上げてまるで「ここでおしまい」と言ってるみたいです。

とっくに春なのに、ときたまアラレが降ったりする時季です。

忘れ雪とか忘れ霜などと言うそうです。

この句も読まれています。

深 夜 に は 地 虫 鳴 き や む 蜥 蜴 ( とかげ ) 鳴 く... 釣瓶落としの秋の日が真っ暗闇になる頃から、秋の虫たちの大合唱が始まる。わたしは寝るのが早いため、虫の声を聞きながら眠りにつくことになるのだけれど、ふとした拍子に、夜中に目が醒めると、そこはもう沈黙の世界。 虫の声もピタリと止み、どなたも聞いたことのない蜥蜴が鳴くのか鳴かぬのか。 魑魅魍魎のうごめく、...
山茶花は 蕾のうちに 瓶に挿し もう垣根には、山茶花がいっぱいです。 今年は当たり年かな。 花の付きがいい。 山茶花は、すぐに咲いて、ハラリと散ってしまうから、活けるときは、蕾か、三分咲きくらいまでにします。 一輪か、二輪で充分、多いと、満開になったとき、うわっと感じます。 iPhoneからの投稿...
柿の実の 色づくごとに 息白く いまこの秋をかみしめないと、もったいない。 秋はすすんでいく、その一歩一歩が素敵です。
ネ ク タ イ は 黒 と 白 の み 桜 桃 ねくたいは くろとしろのみ さくらんぼ 年金生活になって、着る機会も無くなった通勤用のスーツを後生大事にとっておき、施設にまで、洋服ダンスごと持って行く人がいます。 区切り区切りでアタマを切り替えた方がいい。 そのためには見えるとこから変えるのが手っ取り早いとワタシは思うのですが。 切り替え...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください