終 着 の 枕 木 高 く別 れ 霜

しゅうちゃくの まくらぎたかく わかれじも

終着駅では、駅舎と列車が並列ではなく、直角に向き合います。

これ以上列車が進むことはないのだけれど、用心のためか、枕木を積み上げてまるで「ここでおしまい」と言ってるみたいです。

とっくに春なのに、ときたまアラレが降ったりする時季です。

忘れ雪とか忘れ霜などと言うそうです。

この句も読まれています。

釉 薬 の ぽ た り と 落 ち て 冬 に 入 る... ゆうやくの ぽたりとおちて ふゆにいる 陶芸は芸術ながら、素人の感じ方では、偶然の力も大きいような気もしたりします。 思い描いた通りには、焼き上がらないし、大失敗の釉薬のかけ方が意外とおもしろい効果をもたらしていたり。 どれもこれもヘタクソならではの感想ですが。...
遠い日の 大根の花 こむらさき ほんとにほんとに幼い日、私はままごとが好きだった。材料はいつも決まって、大根の花、春菊の花、大根独特のに おいが懐かしく、大根を切るたびに思い出す。ほかにもいろいろあっただろうが、思い出せない。私は母親を5歳で なくした、なくしたならまだいいのかもしれないが、5歳のある日から、虐待の毎日で、むかしの...
お に ぎ り の 二 つ 出 来 れ ば 紅 葉 狩... おにぎりの ふたつでくれば もみじがり お花見も紅葉狩も、有名な場所まで出かけることはないと思うのです。 近くの公園のベンチで充分です。 おにぎりを食べる時間があれば、そんなに長居することもないのです。 秋の日和を感じ、風を感じ、紅葉の進み具合を確認して、帰って来るだけです。 これでも小さな紅葉狩...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください