終 着 の 枕 木 高 く別 れ 霜

しゅうちゃくの まくらぎたかく わかれじも

終着駅では、駅舎と列車が並列ではなく、直角に向き合います。

これ以上列車が進むことはないのだけれど、用心のためか、枕木を積み上げてまるで「ここでおしまい」と言ってるみたいです。

とっくに春なのに、ときたまアラレが降ったりする時季です。

忘れ雪とか忘れ霜などと言うそうです。

この句も読まれています。

糸 雨 の あ と 沈 丁 さ ら に 匂 ひ た ち... しうのあと ちんちょうさらに においたち 未明から糸のような雨がやむことなく降り続いて、小さな庭は久しぶりにひと息ついているようです。 沈丁花は、樹形が丸くて、さらに花が愛らしいことで誰にも好まれる身近な花です。 紅色の薄く混ざった白と、紅色がひとつの花のように見えます。 花のように見えて、花では...
いつの間に 育みし(はぐくみし)瑠璃(るり) 龍の玉... 龍の髭の奥の方に置かれた、龍の玉。 つるっとして、紺碧の色、宝石のような輝きと驚き。 繁茂してきた春の草を抜こうとして、見つけた。 よかったらクリックください。励みになります。 ...
単 線 の 連 結 照 ら す 秋 の 月 たんせんの れんけつてらす あきのつき 篠栗線。 今はなんと言ったか。 福北ゆたか線。 博多駅のいちばん端から発車する。 以前勤めていた会社が篠栗にあり、其処までしか実は行ったことがないのだけれど、これは筑豊に通じる歴史ある鉄道。 鉄道は、何処も同じだけれど、むかしから多くの人の夢や挫折を運ぶ。 ...
蜥 蜴 ( とかげ) 鳴 く 魔 が さ す こ と の 一 度 あ り... この人が、なんで?と思うことがある。 世の中の、小さなと言えば語弊があるが、この人がこんなことをと、周りの人間が驚く犯罪は多いに違いない。 そして、そのことで仕事を失くす、場合によっては、家庭も壊れる。 なんでこんなことをと、いちばん戸惑っているのは、本人かもしれない。 大きい小さいの差はあっても、...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください