終 着 の 枕 木 高 く別 れ 霜

しゅうちゃくの まくらぎたかく わかれじも

終着駅では、駅舎と列車が並列ではなく、直角に向き合います。

これ以上列車が進むことはないのだけれど、用心のためか、枕木を積み上げてまるで「ここでおしまい」と言ってるみたいです。

とっくに春なのに、ときたまアラレが降ったりする時季です。

忘れ雪とか忘れ霜などと言うそうです。

この句も読まれています。

きりきりと 今宵は確かに 霜夜なり... 夜更け、寒さが違うと感じる日があります。 雪か霜か、外は何か降っている。 そんな朝は、白い息を吐きながら、雨戸を開けると、一面の霜、もう冬の真っ只中。...
「 残 穢 」(ざんえ ) ( 2 ) 嫁に行った娘は、一周忌が済んだ頃、離婚している。 家族に自殺者が出るなど、縁起でもない、許さない風潮があった。 しかも商売しているし、風評被害もあっただろう。 花嫁の父親は、金融機関に勤めていて、余裕のある家庭だったという。 娘は、高校卒業後、周囲の反対を押し切って、東京で独り暮らしを始めた。...
夏 薊 葉 の 棘 ば か り 強 く な り 薊の花は暑さの中よく耐えて咲く。 小さな濃い赤紫は、ますます濃く、花は小さく野にあっては可愛らしい。 そして葉っぱは、よりたくましく育ち、誰も触れさせないといった風情。 花の大きさとはアンバランスな、大きく逞しい棘ばかりが目につく。...
素麺の 力だけでは 戦えず 暑い夏 仕事はきつい、心配事は相変わらず、そのうえにあれやこれやと ついつい素麺ですませる日が続くと、なんか調子が悪くなる。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です