終 戦 日 な お サ イレ ン の 泣 き 悼 む

しゅうせんび なおさいれんの なきいたむ

70年を超える歳月が経って。
信じられないほどの犠牲者を出し、町を生活を焼き尽くして終わった。
1分間のサイレンは、まだ泣いている。

この句も読まれています。

夏みかん 健闘最後は 歯を武器に はじめから、手だけで剥くことは諦めている。 まず上と下を包丁で切り落とし、刃先で上から下にスジをつけ、 それからようやく手を使う。 問題なのは、包丁やナイフがないとき。 おそまつくんのイヤミみたいに、歯を使うしかないではないか。 ぜったい人には見せられない。 よかったらクリックください。励みになりま...
手繰るよに 赤のまんまの 切なさを... 秋の初めのころ、赤まんまとよばれる犬蓼(いぬたで)の花をみると、つらかった幼い日のことを思い出してどうしようもない。小さかった私の思いなど、両親は知らない。今にいたるまで。4さいのこどもの、胸の奥の涙のつぼは、大人とすこしも変わらないのに。...
シュワシュワと サイダーの泡 顔を打つ... 湿っぽい暑い日には、炭酸が欲しくなります。 サイダーは昔馴染みの味で、でも飲みすぎると、気持ち悪いですが、 汗をかいた顔をコップに近づけると、小さな泡が次々と湧き上がってきて、 気持ちいいです。子供の頃からよくやったものです。...
蜃気楼 捨てられし子の 親の影 子供は親を探すものです。いつもいつも。そして大人が思うよりずっと賢い。なんでもわかって いるのです。だから大人が聞かれて困ることは聞かないのです。胸の奥の涙の壷に一滴、ま た一滴と涙のしずくを落とすのです。大人は誰も気づかない。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください