終 戦 日 な お サ イレ ン の 泣 き 悼 む

しゅうせんび なおさいれんの なきいたむ

70年を超える歳月が経って。
信じられないほどの犠牲者を出し、町を生活を焼き尽くして終わった。
1分間のサイレンは、まだ泣いている。

この句も読まれています。

誰 居 ら ぬ 出 水 の 生 家 父 母 の 顔... たれおらぬ でみずのせいか ふぼのかお 老親はとうに他界し、生まれ育った故郷の家に今は誰もいない。 堤防が決壊し、町に大量の水が流れ込んだとテレビの情報に心が痛みます。...
早 苗 饗 や お 茶 は や か ん に 二 升 ほ ど... さなぶりや お茶はやかんに にしょうほど 田植えは、今は棚田でない限り、機械で植えます。 だからといって、一家だけで出来るものではなく、近隣の田んぼが共同して行っています。 作業は一日たっぷりかかり、お昼ご飯は欠かせないものです。 おにぎりが主体で、玉子焼きやタケノコ、山菜など、いろいろと工夫が求...
芍 薬 の 半 日 陰 な り 薄 き 紅 しゃくやくの はんひかげなり うすきべに 藤の花を見に行ったついでに、奥の里山に足をのばしたところ、細いせせらぎがあり、その中にその周辺に転がっている石は湿気のせいで、皆みごとに苔むしていました。 その両側には、人の手の入っていないシャクヤクが、枝振りも自由に、咲き誇るでもなく、静かに咲いていまし...
味薄い 年越しそばを 作りけり なぜか料理が下手であります。 味の薄い蕎麦で、来年は大丈夫なんだろか、 心配…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください