紫 苑 (しおん) 咲く ひ と と き 我 を 乙 女 と す

紫苑
紫苑 / Naoto Takai

薄い紫の紫苑。純情で可憐で。
誠実で、一途。どうしてこう
も、鬱陶しい女になってしま
ったんだろう。いつも一生懸
命なんだけれど。なんか思う
ところとちがう展開になって
しまう。

この句も読まれています。

熊 穴 に 人 は 炬 燵 に 新 聞 み か ん... くまあなに ひとはこたつに しんぶん みかん 熊穴に入るとは、冬の季語です。 秋、たくさんの食べ物を食べ貯めた熊は、雪が降り積もる頃になると、岩穴や、樹の洞などで、体に蓄えた脂肪などを消費しながら、冬ごもりをすると言われています。 冬眠ではないのです。 体温は変わらず、体の機能は、かなり維持...
異 母 妹 に だ け の 西 瓜 や は し ゃ ぎ 声... あんな想いは、子どもの心をとてつもなく傷つける。 子どもはそれを人に言ったりしない。 長い長い年月が経っても、あの胸の重苦しさは忘れようがない。 あいつはすっかり忘れている。 そんなものだろう。 運命というものなのだろう。...
極限に 一日を疲れ 梅雨最中 毎日必死に生きているつもりでも、なかなか平穏には終わらない。 タイプの違う事件が、決まって起こる。 仕事を変わって、四カ月。 職場が変われば、鍵の開け方、ゴミの出し方まで、いっさいが変わる。 人の顔も何十人と覚えないといけない。 そのうえに、自分の落ち度とは思えないところで、攻撃を受ける。 納得でき...
青 芒 昨 夜 の 雨 を 煌 め か せ あおすすき さくやのあめを きらめかせ 台風は逸れたというのに、物凄い雨が降りました。 深夜。 今朝になってみれば、まるでなかったことのように、青空です。 庭の芒には、きらきらと水滴がついていて、おそらく明け方近くまで降ったと思われます。 わたしは、この斑入りの葉の芒がとても好きで、でも年々大きく...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください