紫 苑 (しおん) 咲く ひ と と き 我 を 乙 女 と す

紫苑
紫苑 / Naoto Takai

薄い紫の紫苑。純情で可憐で。
誠実で、一途。どうしてこう
も、鬱陶しい女になってしま
ったんだろう。いつも一生懸
命なんだけれど。なんか思う
ところとちがう展開になって
しまう。

この句も読まれています。

吊るし柿 つづく刈田の その向こう... 秋の田舎の穏やかな日々、吊るし柿がいっぱい並んで下がっているあったかい風景が好きです。 柿でも玉葱でもどくだみでも大根でも、ぶら下がってるものはみんな好きです。 なんか生活の余裕というか、知恵というか、あったかいものを感じます。...
落ち蝉に かかれと言うて 蟻の声 寿命が尽きた蝉は、蟻の栄養。 「さあ、かかれ」と号令一下蟻の流れ作業が始まる。 自然の摂理か。
爛漫に 向けて準備の 春の雨 ひと雨ごとに春になる。わたしは春はあまり好きじゃない。紫外線多いし、光が増えて、顔のアラがよく見えて、さらにブスになるから。ただ草木が芽吹き、命の勢いを感じるのはいい。...
昆布茶(こぶちゃ)吹く 二月半ばの 風を聴く... 梅昆布茶が好きで、一息つくときによく飲みます。 もう二月も半ば。正月が過ぎて、いつの間にこん なに日が経ってしまった。季節を味わうこともな くバタバタと過ごしている。食べるためとはいえ、 なんとも余裕のない人生だと感じます。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください