紫 苑 (しおん) 咲く ひ と と き 我 を 乙 女 と す

紫苑
紫苑 / Naoto Takai

薄い紫の紫苑。純情で可憐で。
誠実で、一途。どうしてこう
も、鬱陶しい女になってしま
ったんだろう。いつも一生懸
命なんだけれど。なんか思う
ところとちがう展開になって
しまう。

この句も読まれています。

惜しんでも 行く春のあり 去る人のあり... h春はゆく。季節は変わる。人もそう。なんだかあたしのまわりからは人が消える気がする。
人を待つ 春宵の月と 語り合い h春の宵 なんとなく暖かいような、そんな夕暮れ。お月様としゃべる。必ず来るとわかっていれば、時計を見たりもし なくていい。安心して長閑な時間を楽しめる。...
どこかにか 金木犀の あるらしく 香りのする木が好きです。 特に金木犀は、秋の高い空に良く似合います。 道を歩いていると、ふっと匂ってくる、幸せを感じる一瞬です。 ちいさなオレンジの花も、かわいいです。 以前あんまりいい香りに誘われて、金木犀を一枝、車に持ち込んだことがあります。 あふれるような秋を感じながらのドライブ、でもそのあと...
石階段 窪み(くぼみ)に花と 花の雨 神社に登る石造りの階段。 そのくぼみに早くも散った 桜の花びら、降り続く雨。 もうこれで、終わるかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です