紫の 濃いところあり 春の闇

うらうらとした空気が、そのまま暮れていく春の夕暮れ。
濃い紫、薄い紫が漂っているようです。
冴え切った冬とはちがう、春の宵です。
よかったらクリックください。励みになります。


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ

この句も読まれています。

降 り 落 ち る も う 届 く か に 大 花 火... 花火 / hktang 好きな花火がある。大型で、金色のすじ が何本にも分かれて降り注ぐ。ただそれ だけの、単純なものだが、これといった 工夫がない分、これぞ花火という気がす る。一色で、パチパチ音がするでもなく 何段か次々に開くわけでもなくドンと一 発なのがいい。...
ダ リ ア 咲 く 三 歩 で 渡 る 川 に 橋... だりあさく さんぽでわたる かわにはし 大通りから一歩入ると、まったくちがう風景が見えることがあります。 小川というほどきれいではなく、用水路と言えるほどのものでもなく、細い水の流れを渡すために造りだけは立派な石造りの橋があり、名前も彫り込んであります。 なぜかわたしは橋が好きで、あちこち見るの...
未練など 知らぬがごとく 桜散る... 春の嵐で、ようやく咲いた桜がもう散っている。この潔さ。いつまでも帰るはずのない人を待ってはいけません。一度離れた、人の心は戻ることなどあり得ないのですから。...
秋澄むや 出勤のごと 職安に とにかく落ち着かない。前向きなんかでは決してなく、何か次を抱えてないと不安で仕方がないだけ。不採用になったとき、次にすることや、待ってるものがないと、へこむから、外からみると、活動的で元気に見えるようだ。自分的には不安神経症だと思う。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です