紫の 濃いところあり 春の闇

うらうらとした空気が、そのまま暮れていく春の夕暮れ。
濃い紫、薄い紫が漂っているようです。
冴え切った冬とはちがう、春の宵です。
よかったらクリックください。励みになります。


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ

この句も読まれています。

ダイヤルを 回して遠き まんじゅしゃげ... 秋の日には、遠い遠い思い出を手繰り寄せたくなります。 大胆にもネットで調べて、ダイヤルすることも。 どうせがっかりするのですけど。...
一 日 の 晴 れ で は 木 下 (こした) 湿 る ま ま... Droplets after rain / Takashi(aes256) あれだけ降ったあとだ。 気が早くて、もう布団を干してる家もあるけど、まだ早かろう。 土はじっくりと濡れ、浸み込み、川の流れも何も変わらない。 樹々は乾いているように見えるが、大樹の根元は、地面はおろか、木の皮も乾いてはいな...
春一番 幸せ吹いて ひとときの 私は天から降るもの、吹く風がすべて好きです。雨もいろいろЖ時雨、五月雨、梅雨、霙。そして霧、霞。台風も雪も。 生暖かい風が強く吹いて、春が来たと教えます。風に吹かれて、一瞬現実を忘れることができるような気がします。 気分転換は恐ろしく下手なんだけど、少しだけ、ひと時だけだけど、気持ちが高揚するのです...
鹿児島へ はつなつの風 新幹線 九州新幹線 / Norio.NAKAYAMA 全線開通まで、ずいぶん時間がかかった。「さくら」こいつがこの顔で鹿児島まで行くんだ。平日の昼間だというのに結構な乗客。いい旅になるだろう。昨日から丸一日半鬱陶しい雨だった。ようやく上がった。五月晴れ。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください