紫の 濃いところあり 春の闇

うらうらとした空気が、そのまま暮れていく春の夕暮れ。
濃い紫、薄い紫が漂っているようです。
冴え切った冬とはちがう、春の宵です。
よかったらクリックください。励みになります。


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ

この句も読まれています。

柿色の プリンセスラインの ワンピース... 柿色、オレンジの濃い色の生地を買った。単純なストンとしたワンピースを縫おうと思う。私は昔から、服のセンスがなくて、流行の重ね着というものができない。ふだんは、シャツとスカートかパンツ、レギンスなどというものをはきこなすことなど、とてもとても。だから今回もワンピース。何にも考えなくていいから。丈は長め...
檸 檬 絞 る 恋 の 成 就 の 力 込 め れもんしぼる こいのじょうじゅの ちからこめ レモンをかすかすになるまで絞ったからといって、オトコがこっちを向くわけでもあるまい。 むしろ、その気迫に恐れおののく可能性の方が高かろう。 努力が徹底的に報われないのが恋愛。 なんせ、一生懸命にならないほうの人間が主導権を持つというのだから。 一生懸命...
城 の 井 戸 ま つ わ る 悲 話 や 今 日 冬 至... しろのいど まつわるひわや きょうとうじ いちばん有名なのは、やはり番町皿屋敷。 他にも、石垣で有名な、香川の丸亀城でも、日本でいちばん深いといわれる井戸の工事に難儀したために、人柱を立てたという伝説があり、その人柱にされた人が豆腐屋を営んでいたので、しとしとと雨の降る夜には、豆腐を売る声が聞こえ...
大 花 火 消 え か か る と き ほ う と 言 ふ... おおはなび きえかかるとき ほうという 全国で花火大会が続いています。 ひとつひとつを堪能する暇はなく、最近はみごとな大花火も、惜しげもなく連打です。 息のつけないような競演のあと、ようやく人は、「ほう」と感嘆の大きなため息をつきます。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください