紅 葉 狩 次 の 紅 葉 は 無 き 人 と

もみじ がり つぎのもみじは なきひとと

病気とは、残酷なものです。
医者は、もうこの先一年は無理だと宣告します。
以前は、そんな残酷なことはなかったのです。
患者の心を慮ったことではなく、医療者が自分の保身を考えてのことだと思います。
言葉に充分気を遣いながらのやり取りは、大変なことです。
もうこの時点で、よく知っている貴方と話していることにはならないのです。
ですから、寿命というのは、案外短いものです。
気を遣わないで、馬鹿話ができる間が、寿命なのです。
寂しいことです。

この句も読まれています。

寄 る 辺 な き 旅 に も 見 え て 雁 渡 る... よるべなき たびにもみえて かりわたる 快適な北の国で夏を過ごした鳥たちは、厳しい冬の訪れをいち早く察知して、南へと下って来ます。 鳥たちの姿は、人間にとっては、深まる秋の知らせです。 もう直ぐやって来る冬の先触れです。 もっと大げさに言えば、人間は、渡り鳥を仰ぎ見ながら、悠久の時のめぐりを感じる...
夏 を 吐 く 夕 餉 ( ゆうげ ) の 隣 蚊 遣 り 豚... しばらく夏休みだ、ぶー / y_katsuuu 窓の外に、簾 ( すだれ ) をかけた。 激しい直射日光が入らなくなったことと、ちょっと風流な感じがすることで、夏らしくなった? 蚊取り線香が好きで、さらにあの豚の線香立てが好きで、必ず豚の中のハリガネにひっかけて使っている。 ハリガネまで火が到達す...
吊 り 橋 の 真 ん 中 怖 し 山 の 藤 つりばしの まんなかこわし やまのふじ 気軽に渡り始めた山の吊り橋。 だんだん進むにつれて、揺れは激しくなり、こんなに長かったかと驚き、少し後悔したりしました。 戻るのはいくらなんでもみっともないし。 山藤は蔓性で、龍のような古木もあります。 ほかの木に巻きついて、その木を枯らしてしまうこ...
出水あり 勢いしばし 見とれおり 濁流である。自然の力は恐ろしい。川の流れの激しさに、しばらく見とれていた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください