紅 梅 や 男 追 ふ ご と 咲 き 急 ぎ

こうばいや おとこおうごと さきいそぎ

梅はまず白が咲きます。

何処の梅でもそうです。

古来から決まっているので、今年は紅が先だったなんてことはありません。

まるで、自分にはチラとも心のないオトコを追いかける若いムスメのように見えたりもします。

この句も読まれています。

降 り 積 ん で 障 子 明 る し 銀 世 界... 障子は白いものだけれど、外が雪景色であれば、その白さはちがってくる。 雪の白さは、白い障子を輝かせる。 明るさは一段と増す。 むかしは、どこの家にも座敷があったため、いろんな種類の障子があった。 真ん中だけ上げ下げ出来たり、ガラスが入っていたり、そのガラスの縁に近いところだけすりガラスだったり。 時...
木の芽時 楢山詣りの 映画館 古い映画を上映する映画館で楢山節考を、また観た。冬を越した春先の季節だった。 山の小川に、ヤマメの採れ始める頃、70歳になった老人が捨てらる風習。 平均寿命が、50と言われた頃の70。 今なら、どうだろう。 92、3というところだろうかなど、思いながら。 よかったらクリックください。励みになります。...
待宵の 月をお供に 風呂帰り わたしはスーパー銭湯が好きです。 一日の終わりに、ゆっくり入ります。 露天から見る空は、小さく四角に切り取られて、月はぼんやり浮いています。 帰りはそのお月さまと一緒です。 待宵の月はぼんやりして、あんまり気合が入ってなくて、好きです。...
蠟 梅 や 湯 殿 こ ち ら の 矢 印 と ろうばいや ゆどのことらの やじるしと 温泉旅館は、何しろ大きいところが多いです。 というのは、個人的感想です。 「隠れ宿」なんて洒落たところ知らなくて、安いとこばっかり行くからかもしれません。 お湯の帰りに、部屋が何処だったか迷うことしきり。 「湯」と、大きく描かれたところを曲がればよい。 目印...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください