紅 梅 や 男 追 ふ ご と 咲 き 急 ぎ

こうばいや おとこおうごと さきいそぎ

梅はまず白が咲きます。

何処の梅でもそうです。

古来から決まっているので、今年は紅が先だったなんてことはありません。

まるで、自分にはチラとも心のないオトコを追いかける若いムスメのように見えたりもします。

この句も読まれています。

夕 暮 れ を 遅 ら せ た る か 山 桜 ゆうぐれを おくらせたるか やまざくら ヤマザクラ。 むかしから日本に自生する野生のサクラです。 一般に広がっているソメイヨシノは、花だけ房咲きですが、ヤマザクラは、花と同時に若葉も萌え出ます。 この若葉が、緑色からえんじ色まで、さまざまな色合いをしているので、遠くからながめると、まるでニシ...
芋 天 は 吸 う 息 で 喰 う 目 白 黒 いもてんは すういきでくう めしろくろ 遠いむかし。 まだ母がうちにいたころ、サツマイモの天ぷらの揚げたてを食べるのが楽しみでした。 母は新聞紙に揚げたてのサツマイモをのせ、わたしもまだ熱い出来たてを新聞紙にはさんでフウフウ言いながら食べたものです。...
雪 も 泣 く 月 も 泣 く な り わ れ も 哭 く... 月 / pika1935 年をとるにつれて、人には言えない哀しさが身を包むことが増えるような気がする。明るいと言われるけれど、暗い鉛玉のようなものを、いつも胸の奥に転がしている。何にもないときには、右に左に適当に転がって、意識することもないのだけれど、ひとたび傷ついたり、つまづいたりすると、鉛玉は、...
田 の 水 に 溺 れ か け ん と 早 苗 か な... たのみずに おぼれかけんと さなえかな なわしろで育てた苗は、代田に植え直します。 田植えです。 代田に植える苗を、サナエと呼びます。 春、なわしろに種モミをまいてから、20センチほどに伸びたもの。 たばねた早苗を水田のあちこちに投げ入れ、これをサオトメが手に取って植えていく。 田植機が使える広い...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください