紅 梅 や 男 追 ふ ご と 咲 き 急 ぎ

こうばいや おとこおうごと さきいそぎ

梅はまず白が咲きます。

何処の梅でもそうです。

古来から決まっているので、今年は紅が先だったなんてことはありません。

まるで、自分にはチラとも心のないオトコを追いかける若いムスメのように見えたりもします。

この句も読まれています。

郵便の ポストの雪は 落とさずに 雪が降って、積もった。 道は人が踏んで、もう滑りそう。車が通るところは シャーベット状になっていて、何処も彼処も人が 触ったところばかり。唯一郵便ポストの上だけが 誰も触れていないきれいな雪。帽子のように雪を いただいて、落とす気にもならない。...
しょうしょうと 五月雨(さみだれ)の 粛々と 日を送る... 雨は降る降る。一日中。いつものように掃除、洗濯などなど。 何もない毎日。つつがないと言えば、言えなくもない。...
湯 煙 も 霧 の 覆 ひ て 街 静 か 別府湯布院間は、とにかく霧が深い。 通行止めも、この季節珍しいことではない。 地形のせいだろうか。 海せまる街は、またすぐ後ろに鶴見岳を臨む。 ふだんから立ち上る街中の家々の温泉の湯けむりも、霧に紛れてはっきりしない。 わたしは、人工的に作られた美しい街湯布院よりも、泥臭いどちらかと言えば垢抜けない...
銀杏紅葉(イチョウもみじ) 集まるところは 決めており... 昨夜は嵐のように雨風が吹き荒れて、今朝は一面の落葉が雨に打たれている。 よく見ると、うちの玄関の真ん前に、バケツをひっくり返したように、こんもりと。いつもそう。 風向きが同んなじなのかな。 狭いとこで、いつも同じように風が回るのかな。 iPhoneからの投稿...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です