簾(すだれ)越し 炎暑の世間 覗き見る

すだれがかかる縁側

網戸にぎりぎり簾を立て掛けた。もしかしたら、風通しが悪くなるかと思ったが、日差しが大きく遮られて、なんか涼しい気がする。小さな居間に出入り口ふたつ、窓が四つある。遮光の黒い、ホームセンターで売ってるものを買って見ようか、もっといいかもしれない。夏は簾、蚊取り線香、ゴザに限る。エアコンまでもう少し粘ってみる。

この句も読まれています。

粉 雪 と 三 瀬 ト ン ネ ル 抜 け し 先... こなゆきと みつせとんねる ぬけしさき 福岡市早良区と佐賀市を結びます。 佐賀県三瀬トンネルは、三瀬峠が、雪が深く、冬になると凍結することもあって造られたと聞いています。 ただし、いまだに有料道路です。 確かに、トンネルの手前とその先では、あきらかに天候が違うと思うことが、冬になるとよくあり...
土 嚢 よ り 嫁 菜 顔 出 す 杷 木 の 町... どのうより よめなかおだす はきのまち 水害の痕まだ癒えない状況の、果物の町杷木。 あちこちに積まれた土のうはいまだそのまま置かれ、角が破れたり、すりきれそうなものもあります。 ヨメナは秋の雑草です。 薄紫の小菊のような花を咲かせます。 何処からかタネが飛んできたものか、土のうから遠慮がち...
石階段 窪み(くぼみ)に花と 花の雨 神社に登る石造りの階段。 そのくぼみに早くも散った 桜の花びら、降り続く雨。 もうこれで、終わるかな。
春 の 月 遠 い 昔 の 恋 仇 ( こいがたき )... 満月- Fullmoon / emrank あれだけきんきんぷんぷん、穏やかでいられなかったものが、年月が過ぎれば、なんでもない。 なつかしささえ感じる。まず第一に、奪い合うほどのオトコか。 そんないい男は存在するのか。 わたしは知らない。 あんな時代もあった。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.