簾(すだれ)越し 炎暑の世間 覗き見る

すだれがかかる縁側

網戸にぎりぎり簾を立て掛けた。もしかしたら、風通しが悪くなるかと思ったが、日差しが大きく遮られて、なんか涼しい気がする。小さな居間に出入り口ふたつ、窓が四つある。遮光の黒い、ホームセンターで売ってるものを買って見ようか、もっといいかもしれない。夏は簾、蚊取り線香、ゴザに限る。エアコンまでもう少し粘ってみる。

この句も読まれています。

浜風の 聴こえる心地 放生会(ほうじょうや)... むかしはもっと浜が近かった気がする。 あっちもこっちも埋め立てて、海岸はなくなった。
朝 曇 り も ろ き ゅ う 作 る 今 の う ち... あさぐもり もろきゅうつくるも いまのうち 「朝曇り、昼ひでり」 というそうです。 朝のうちのモヤのかかったようなくもりが、晴れて日中きびしい暑さになることを言ったものです。 最近は、エアコンがあり、栄養状態もいいからか、夏やせということを聞かなくなったように感じます。 世の中は、どちらかとい...
梅 雨 じ め り 叩 け ば 映 る テ レ ビ あ り... つゆじめり たたけばうつる てれびあり 今のは、なんて言うか知らないけれど、むかしのテレビはブラウン管というもので作られていました。 貧しい家も多くて、そうそう買い替えられるものでもありませんでした。 ときどき嵐のような画面になることがあって、そんなときは、テレビの側面をばんと叩いたものでした。...
安 納 芋 熱 々 抱 へ 皆 許 せ あんのういも あつあつかかえ みなゆるせ 安納芋のあの黄金色、べったりした食感そしてねっとりする甘さ。 子どもの頃の焼き芋、ふかし芋はあんなじゃなかった。 昔からあったのでしょうか。 品種改良でしょうか。 青木昆陽が、飢えを心配して広めたというサツマイモはぱさぱさでかさかさしたものだったろ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください