簾(すだれ)越し 炎暑の世間 覗き見る

すだれがかかる縁側

網戸にぎりぎり簾を立て掛けた。もしかしたら、風通しが悪くなるかと思ったが、日差しが大きく遮られて、なんか涼しい気がする。小さな居間に出入り口ふたつ、窓が四つある。遮光の黒い、ホームセンターで売ってるものを買って見ようか、もっといいかもしれない。夏は簾、蚊取り線香、ゴザに限る。エアコンまでもう少し粘ってみる。

この句も読まれています。

去 年(こぞ)ま で は 嫗(おうな) 自 慢 の 柿 簾... 干し柿。 作るのには、とても手間暇がかかる。 まず、使うのは渋柿。 皮を剥くのだけれど、吊るすときに便利なように、ヘタと少しの軸をT字になるように残しておく。 そして熱湯をくぐらせる。 これはまあ消毒のようなものらしい。 干し柿に黴が生えないように。 それから、紐で結んで下げていくのだけれど、柿と柿...
隣 家 解 く 薫 風 大 い に 渡 り お り... りんかとく くんぷうおおいに わたりおり となりの家が解体されました。 子どもが独立し、家を出て、ご主人が逝去され、一人暮らしだった奥さまが施設に入所され、無事売れたそうです。 今まで窓を開ければ、となりの窓だった所が、パアッと大きな空間になり、入らなかった風が思いっきり吹き抜けています。 ...
さっきとは 言うことがちがう スズメバチ... うちは残業はありませんからって言ったくせに、嘘ばっかり。五時半までなのに、六時十五分にならないと帰れない。六時頃になると、疲れて帰りたくなるんだけど、どうもそれがバレバレらしくて、そわそわされると気分が悪いって。三時過ぎたら、時計を見ないことにした。人が帰りだすまで。...
草 の 実 や ゼ ン リ ン 地 図 は と う に 消 ゆ... くさのみや ぜんりんちずは とうにきゆ ゼンリンの地図が、辞書より大事だった時代があります。 これがないと、初めて行く家が見つからない。継ぎ合せ継ぎ合せして苦労したものです。 値段は結構したと思います。 袋とじで売られていました。 まさか不要になるとは、想像もしませんでした。 時代は飛躍...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください