筆 圧 に 元 気 と み た り 櫟 の 実

ひつあつに げんきとみたり くぬぎのみ

高齢の知り合いから、梨が届きました。
送り状には、しっかりとした文字が、しっかりとした筆圧で書かれてあり、
梨も有難いことながら、「元気でいるんだな」と、ほっとします。
元気で、楽しくしてないと、人に梨など送る気にはならないでしょう。
ありがたいことです。

この句も読まれています。

ぶり大根 とろとろと煮る 日も暮れる... mめんどくさがりやで何でもいっぺんに片付けようとしてしまう。料理もそう。作るときは鍋いっぱい。あしたの弁当にも入れる。人は知らないから、見るとみんながおいしそうと言う。延々と食べ続けているとは知らず。何回も煮込むから、味が染みてつやつやと美味しそうに見える。見掛け倒しなのに。夕暮れが早い。大好きな夕...
いつのころ 電車の天井 扇風機 冷房のないころの電車には、天井に激しく回る扇風機がついていたものです。 ブイーンブイーンと音をたてて回ります。 自分のほうに来ると、ほっとしたものです。...
いつまでも 待てるものかと 山笑う... わたしは待つということが、とても苦手。つまりじーっと我慢することが苦手で、すぐしゃかしゃか動いてしまう。その結果どれほど人生をだめにしたことか。人を待てない。状況が変わるのも待てない。ゆっくりゆっくり歩くことが大事だとくことは、しっかりわかっているつもり。こんなふうだから、自分が成長しない気がする。...