笹 鳴 き や 赤 き 鳥 居 の 右 左

ささなきや あかきとりいの みぎひだり

子どものうぐいすが、まだじょうずにホーホケキョと鳴けず、今ごろの季節にはチッチッと鳴きます。
暖かくなるころには、だんだん上手になって、立派なうぐいすの鳴き方をします。
姿は見えないのですが、この辺りにいることは確かで、もしかしたら山の上まで登ってきた人間を警戒しているのかもしれません。

この句も読まれています。

山の藤 滝落ちるごと 紫の 山の山藤。 登れるところまで、登りつめて、滝のように花の房を惜しげなく落とす。 紫は濃く、ダイナミックで圧倒される。 作られた藤棚もいいけど、やっぱり藤は野生に限る。...
一面の どくだみの花 清々し dどくだみが白い十文字のような花を咲かせた。わたしはあの漢方薬のようなにおいが好きで す。ちょこちょこ切って、玄関とトイレの小さいガラスの花瓶に挿します。...
捨 て 案 山 子 納 屋 の 奥 よ り 引 き 出 さ れ... すてかかし なやのおくより ひきだされ 昨年、お役目が終わってからは、無惨に放置され忘れ去られていたカカシに出番がまいりました。 骨組みを補強し、衣装を替え、帽子も心なしか格上げされ、化粧などほどこされ、いい気分です。 米作りは、これからが総仕上げでしょう。 人間と見まがうような、立派なカカ...
転 ぶ と は 棄 教 と 知 る や 寒 露 な り... ころぶとは ききょうとしるや かんろなり バテレンとは司教のことです。 フェレイラというポルトガル出身の司教は、イエズス会から高い理想を持って日本に渡ってきたと聞きます。 その頃はすでに布教は困窮を極めており、日本語にすぐれていた彼は中心になって活動していたけれど、ついに長崎にて捕まりました。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください