笹 鳴 き や 赤 き 鳥 居 の 右 左

ささなきや あかきとりいの みぎひだり

子どものうぐいすが、まだじょうずにホーホケキョと鳴けず、今ごろの季節にはチッチッと鳴きます。
暖かくなるころには、だんだん上手になって、立派なうぐいすの鳴き方をします。
姿は見えないのですが、この辺りにいることは確かで、もしかしたら山の上まで登ってきた人間を警戒しているのかもしれません。

この句も読まれています。

掃 除 す る た だ 水 仙 を 活 く る た め... 庭に咲いた水仙を活けたい。 まずは掃除。 何がなんでも掃除から始まる。 掃除って馬鹿にならないと、いつも思っている。 片付けたり、埃を取り除いたりすることは、まちがいなく心の健康に貢献する。 やたらと物が増えないように。 何か増やしたら、何か捨てるように心掛けている。 掃除が済んだら、鋏を持って庭に...
鬱なのか 春日眩しく 手足の重し 春の明るい日差しがうっとうしいことはありませんか。 人の入学や就職の話がうざいと感じることはありませんか。 あたしはしょっちゅうです。 そんなとき、ただ明るい人と話すのは、拷問のように感じることがあります。 たいていの人は平気のようです。...
しゅんしゅんと 湯の沸く夕べ 春日暮れ... 春の気配といっても、まだまだ寒い。加湿器代わりにつけている、小さな小さなストーブだけど、結構すぐお湯が沸く。部屋は乾燥しないし、おそらくお肌にもいいかも。春の夕暮れ、お湯の沸く部屋で、ビール飲みながら、古い映画なんかみていると、幸せってこの程度でいいと心から思うのです。...
隣 家 解 く 薫 風 大 い に 渡 り お り... りんかとく くんぷうおおいに わたりおり となりの家が解体されました。 子どもが独立し、家を出て、ご主人が逝去され、一人暮らしだった奥さまが施設に入所され、無事売れたそうです。 今まで窓を開ければ、となりの窓だった所が、パアッと大きな空間になり、入らなかった風が思いっきり吹き抜けています。 ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください