笹 鳴 き や 赤 き 鳥 居 の 右 左

ささなきや あかきとりいの みぎひだり

子どものうぐいすが、まだじょうずにホーホケキョと鳴けず、今ごろの季節にはチッチッと鳴きます。
暖かくなるころには、だんだん上手になって、立派なうぐいすの鳴き方をします。
姿は見えないのですが、この辺りにいることは確かで、もしかしたら山の上まで登ってきた人間を警戒しているのかもしれません。

この句も読まれています。

白 壁 に 折 れ た る 影 や 春 日 傘 しらかべに おれたるかげや はるひがさ 春が来たと喜んでばかりもいられません。 春の紫外線は真夏を超えるとか。 オンナは夏に歳をとる。 この歳になって、きれいになりたいわけでは決してないけれど、これ以上シミを増やして汚くなるのはご免です。 福岡市のベッドタウンといわれるこの町には、まだ蔵と...
身 の 内 の 不 安 呑 み 込 む 氷 水 みのうちの ふあんのみこむ こおりみず 漠たる不安が、もくもくと成長するのを、押さえるため、というより不安というのは、ある時点から独り歩きする癖があるようで、実際より悪い方向に向かいたがります。 現実だけを捉えて、その先を勝手に想像しないことが肝心と心得ます。 冷たい水を一気に飲んで、取り敢えず落...
雪 も 泣 く 月 も 泣 く な り わ れ も 哭 く... 月 / pika1935 年をとるにつれて、人には言えない哀しさが身を包むことが増えるような気がする。明るいと言われるけれど、暗い鉛玉のようなものを、いつも胸の奥に転がしている。何にもないときには、右に左に適当に転がって、意識することもないのだけれど、ひとたび傷ついたり、つまづいたりすると、鉛玉は、...
推し量る  術(すべ)ばかり得て 秋の月... 大人の顔色ばかりみて、育ってきたせいか、いつもいつも人の気持ちばかりこそこそと見る癖がついてしまっている。 まるでしみのように、消えない、癖のようなものか。とても疲れるけど、それ以外の気持ちの持ちようを知らない。ただ長い年月の間に、まるで自由奔放に振舞っているかのように見せる術は身につけたと思う。み...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください