笹 鳴 き や 赤 き 鳥 居 の 右 左

ささなきや あかきとりいの みぎひだり

子どものうぐいすが、まだじょうずにホーホケキョと鳴けず、今ごろの季節にはチッチッと鳴きます。
暖かくなるころには、だんだん上手になって、立派なうぐいすの鳴き方をします。
姿は見えないのですが、この辺りにいることは確かで、もしかしたら山の上まで登ってきた人間を警戒しているのかもしれません。

この句も読まれています。

ともかくも 冬芽牡丹の 背中押す この寒空のした、誰彼も凍えているというのに、庭の隅に牡丹の赤い芽を見つけた。確実にしっかりとした芽。何度も雪をかぶるだろうこの季節にも、着々と春は近づいているらしい。とりあえず今日もなんとか過ぎた、この繰り返しが人生だろう。芽が出るやら、根腐れするやらわからないけど、今日もなんとか頑張った。...
蔵開き 春昼の酒 うらうらと 蔵開きの季節。小さな杯を持ち、うろうろと濁り酒や吟醸酒や甘酒を飲んで回る。これが幸せか。ほんのひととき生ま れてよかったと、大げさでなく思う。来年も行こ。...
梅の咲く 梢に疎ら(まばら) 風痛し... 風はまだまだ冷たくて、春には遠いのに、季節が来たのだろう、梅の花が咲き出しました。 まだ、ぽつぽつと、まばらながら、春が来たと実感します。 よかったらクリックください。励みになります。 ...
啓 蟄 や 動 き 始 め は 美 容 院 けいちつや うごきはじめは びよういん わたしも虫のような生活をしています。 世の中の役に立つわけでなし。 テキトーに暇で、テキトーに忙しい。 寒い間は、エアコン全開、さらに着膨れして句会用の句を慌てて作り、当然駄作ばかり。 去年までは、灯油のストーブを愛用したのに、入れるのが面倒で、今年からはさ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください