竹 箒 風 に 乗 り 花 混 ざ り だ し

たけぼうき かぜにのりはな まざりだし

長く見られたサクラもいよいよ散るときを迎えたようで、学校のサクラの花びらが玄関前に届くようになりました。

落ち葉を掃くときにぴんくの花びらも混じります。

いよいよ桜しべ、葉桜の季節です。

この句も読まれています。

渡 し 舟 時 刻 表 な し 春 隣 わたしぶね じこくひょうなし はるとなり 向こう岸にお客が現れたら、やおら竿をさし、ゆったりと迎えに来ます。 大きな橋が建設中だから、もう少しで廃止になるということです。 川岸には、いまはまだ枯木ながら、芽のふくらんだ大樹、ねこやなぎ、ほかにも名も知らぬ春の野草が萌え立とうとしているところです。 ...
麦 笛 を 習 ひ て 藁 の 匂 ひ 嗅 ぐ むぎぶえを ならいて わらのにおいかぐ 藁の匂い。 麦わら帽子も新しいうちは、麦わらの匂いがします。 藁は焼いても、懐かしい匂いがします。 麦の収穫が始まりました。 豊作のようです。 いよいよ田植えに向けて、大きな作業の開始です。...
山笑う 矢車の花 葱坊主 山の緑がものすごい。こんなに緑の種類があったかと思う。3Dに切り替えたようだ。このごろようやく矢車草を見かけるようになった。一時はもう消えたのかと心配したくらい、ぱったりと姿を隠したものだ。春になったかと思ったら、もう蒸し暑い。べっとり汗で、シャツが張り付く。3人のうち一人辞めたので、急に仕事が増え...
墓 移 し 師 走 の 故 郷 遠 の き て はかうつし しわすのこきょう とおのいきて 永代供養というものがあるらしい。 一括して、所定の費用を納めれば、先祖供養をお寺が行なってくれるという。 何処までほんとでしょうか。 そもそも供養とはなんだろうと思います。 ほんとにお経をあげてもらっているとは思えないのです。 つまり永代供養とは場所代...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です