竹 箒 風 に 乗 り 花 混 ざ り だ し

たけぼうき かぜにのりはな まざりだし

長く見られたサクラもいよいよ散るときを迎えたようで、学校のサクラの花びらが玄関前に届くようになりました。

落ち葉を掃くときにぴんくの花びらも混じります。

いよいよ桜しべ、葉桜の季節です。

この句も読まれています。

もっこうの 薔薇こぼれ降る 春さなか... モッコウ薔薇つるバラ、白もあるらしいが、黄色をよく見る。小さな八重のバラが鈴なりにまるで盛り上がったように、溢れんばかりに咲き誇る、というか花が小さいので、咲き誇るというより、咲き乱れるというより、溢れ咲くというかんじ。かわいい花で、一年のうちほんの十日間くらい咲く。...
春の宵 ロングスカート プレミアム... 日の長い長い季節がきた。これからはこの長い日の暮れが楽しい。あたしは意思が強いので、日曜日から木曜日までを休肝日とすることにした。金曜日と土曜日は、ビール。サントリーのプレミアム、深みのあるゴールドと濃紺のラベル、これに比べると、他のビールは水っぽい。ついこの頃まで発泡酒飲んでたけど、休肝日の頑張り...
紫陽花の 首振って挿す 戻り梅雨 雨に濡れた紫陽花を一輪というか、一本切って花瓶に活けた。活けたというか、つきたてた感じ。何というか、頭の大きなでく人形みたい。雨を振り落とすのに、ちょっと振った。風情のない生け花。...
ほおづきの 先は青うて 売られおり... まだ完全には色づいておらず、先の方は青いままの そしてまだ完全なホウヅキの赤ではない、少し うらなりのほうづきが売られている。 今年は、生育が遅いのか、暑さのせいなのかは わからないけど、うらなりのほうづきもそれはそれなり。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください