竹 箒 風 に 乗 り 花 混 ざ り だ し

たけぼうき かぜにのりはな まざりだし

長く見られたサクラもいよいよ散るときを迎えたようで、学校のサクラの花びらが玄関前に届くようになりました。

落ち葉を掃くときにぴんくの花びらも混じります。

いよいよ桜しべ、葉桜の季節です。

この句も読まれています。

豆 撒 き の 勢 い 邪 鬼 の お ろ お ろ す... まめまきの いきおいじゃきの おろおろす 小学校のとき、講堂で節分の豆撒きがありました。 大豆だったと思います。 わーっと豆を撒き、みんなで拾って食べました。 上靴で踏んだ床に落ちた豆を、児童も先生も何の疑問もなしに。 今、学校では小さなセロハンに包んだ豆を撒いているようです。 衛生的です。 むか...
改 札 を 抜 け 荒 星 に 守 ら る る かいさつを ぬけあらぼしに まもらるる 駅を出て改札を抜けると、吹きすさぶコガラシ。 これほどではなかろうと思っていたのだけれど、叩きつけるほどの強さと寒さ。 思わず空を見上げると、大きく光る星。 ひとつの星が、寒さにこじけた帰り道をついて来る。 月も星も、自分ひとりのものにできる、数少な...
寒極む 胎児のごとく 丸くなる 寒い。布団に入っても、足先が冷えて、なかなか寝付かれず。 結局丸く丸く膝を抱えて布団の中で暖をとる。
蜥蜴 (とかげ) 鳴 く 希 望 と い う よ り 野 望 あ り... Happiness is a warm rock / wolfpix 秋も極まった。あたしには 小さな望みがある。今は言 えない。正社員から、パー トになる。来月から。なる というのではない。やむな く、泣く泣くそうさせられ る。ただ物は考えようだと 思うことにした。 給料は減るが、時間が増え る。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください