竹 箒(たけぼうき) 立 て か け し ま ま 野 分 来 し

九州では、久しぶりの大型台風だった。
心構えが充分でなかったため、植木鉢は落ちる、箒は放りっぱなし。
バケツは転がる。
台風のさなかに外に出ると、ろくなことはなかろうと、家の中で身を潜めていた。

この句も読まれています。

邪 鬼 払 う 一 尺 玉 に 夏 が 果 つ じゃきはらう いっしゃくだまに なつがはつ 一尺玉・・・よくは知らないのですが、おそらく花火の中で、いちばん大きい。 夜空いっぱい、すき間がないくらい広がってしばらくその姿のまま、それからおもむろに崩れていきます。 小さな新型のものがたくさん打ち上がっても、一尺玉にはかないません。 こうして...
凍 え て も 水 中 歩 行 競 泳 着 こごえても すいちゅうほこう きょうえいぎ 水中で歩くことは、思ったより随分体力を使うらしい。 腰にも膝にも負担が少なく、ジムではかなり高齢の方も頑張っておいでです。 最近の高齢者は、努力の甲斐あって、ひと昔前とは比較にならないほどお若いと聞きます。 身体が若ければ、気持ちも明るくなります。 歩く...
草取りの 手を止め毛虫を 焼き始め... 樹にも薔薇にも、いっぱい毛虫がついているのを、草取りの途中で 発見した。 これはもう放っとけない。 みるみるうちに若い葉っぱを食い荒らす。 チャッカマンで焼いた。 おもしろかった。...