竹 の 秋 ざ わ り と 天 に 近 き と こ

たけのあき ざわりとてんに ちかきとこ

竹は常にみどりの葉をつけていますが、地中にタケノコが育つころになると、勢いが衰え、葉が黄ばんできます。

それが木々の黄葉ににているので、「竹の秋」と呼ばれます。

日が当たったり当たらなかったり、影がちらちら動くのがおもしろくもあり散歩コースです。

風はないのに、空に近い上の方だけざわざわと騒ぎます。

竹の葉が触れ合う音はいいものです。

この句も読まれています。

三 百 の つ づ ら 棚 田 に 水 巡 る 昔のひとの知恵だろう。 竹を切り、縦に割って、樋にして、水を流す。 そうやって、段差の激しい棚田の隅々まで、水を行き渡らせる。 作って、設置角度や方向を見ながらやるのだろう。 時間のかかる、手のかかる労力の限りを尽くすたいへんな仕事だろう。 しかも一軒だけでは、どうにもならない。 三百もある棚田に、...
黒 ダ イ ヤ あ ゝ ぼ た 山 の 曼 珠 沙 華... くろだいや ああぼたやまの まんじゅしゃげ 黒ダイヤというのは、筑豊産のようかんの名前です。 今はもう製造されていません。 つやつやとして真っ黒で、どうかなりそうなほど甘かった。 当時、飯塚、直方、田川地方で行われた結婚式の引き出物として配られ、わたしの口にも入ることにもなりました。 もうあの頃は...
五月雨(さみだれ)に 濡れて鼠(ねずみ)の 汗をかく... 夕立 / mxmstryo 雨に濡れて急いでいるうちに汗しとど。雨なのか、汗なのかわからなくなって、ただ気持ちの悪さだけ。こんな目に遭うから給料が出るんだろうかな。...
遠めにも 植田の畦の 毅然たり 田植えのすんだ田の姿は、きりっとして、すがすがしいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です