立 葵 身 の 丈 を 知 る 雨 に 立 つ

たちあおい みのたけをしる あめにたつ

西アジア原産の多年草です。

花期は6月から8月で、下から上に咲き登っていきます。

むかしは薬用として用いられ、いまでもマシュマロ作りには欠かせないとか。

ちょうど梅雨入りのころ咲き始め、梅雨明けのころ咲き終わるため、咲き具合を見て、あとどのくらいで明けるかなどとおしゃべりの題材にもなります。

すっくと立った姿勢も、丁寧に咲き上がっていくようすも華やかで美しいものです。

どこでも見られることから、とくに高貴な感じはしないのもいいところです。

この句も読まれています。

居るとこが ちがう気がして 春日傘(はるひがさ)... 汗ばむような暑い日が続く。五月晴れなんてさわやかなものでもない。仕事というのは、中に入ってみないとわからないことばかり。驚いたことに、一番永い人でも、一年に満たない。なんだろう。わたしは落ち着きたいのです。ここというところに骨を埋める覚悟で働きたいのです。でもなんかちがうのです。根性がないほうではな...
うそ寒は 水面に落ちる ひとりなり... 秋になってしばらく、そぞろ寒い日が続きます。 湖の面には、さらに秋が映ります。 当然にひとりなのに、さらに鮮明にひとりなのです。...
世の中は クリスマスだと 走りだし 気のはやいこと。あのイルミネーションや音楽に心おどるひと、沈む人、あれ見ると、余計心が寒くなる。やめてほしい。 iPhoneからの投稿...
詳細を 書かずによかろか 絵馬一文(いちぶん)... いろいろと都合があるが、お願いだけで わけを言わなくてもいいものなのか 神様は言わなくてもお分かりになるのか それにしては、お願いするとき、住所や名前を 読み上げなさる。仔細を言えば、力を入れて くださるのかと思ったりもする。いずれにしても 神頼みするほど切羽詰まっているのですから。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください