立 葵 身 の 丈 を 知 る 雨 に 立 つ

たちあおい みのたけをしる あめにたつ

西アジア原産の多年草です。

花期は6月から8月で、下から上に咲き登っていきます。

むかしは薬用として用いられ、いまでもマシュマロ作りには欠かせないとか。

ちょうど梅雨入りのころ咲き始め、梅雨明けのころ咲き終わるため、咲き具合を見て、あとどのくらいで明けるかなどとおしゃべりの題材にもなります。

すっくと立った姿勢も、丁寧に咲き上がっていくようすも華やかで美しいものです。

どこでも見られることから、とくに高貴な感じはしないのもいいところです。

この句も読まれています。

ざばざばと 霙(みぞれ)降る 今年も終わる ... 年末ぎりぎりまで仕事、もう今年もあと何時間。すごい勢いでみぞれ降る。急ぎ足で帰る。今年が終わるというより、今日が終わる、それだけ。...
紫の 濃いところあり 春の闇 うらうらとした空気が、そのまま暮れていく春の夕暮れ。 濃い紫、薄い紫が漂っているようです。 冴え切った冬とはちがう、春の宵です。 よかったらクリックください。励みになります。 ...
伴 奏 の 入 る ハ モ 二 カ 春 高 楼 ハーモニカ / azuki_leaf 伴奏を入れて、ハーモニカを吹ける人を尊敬する。 みんな、何処で習ったわけでもなく出来るらしい。 「荒城の月」春高楼の夜半の月、今頃かな。...
半 夏 生 毒 は き れ い な 貌 ( かお ) で 来 る... 半夏生。梅雨の真っ盛りで、湿っぽく昔から毒草が生えると言われていたとか。 半夏生に収穫した野菜は食べるなとか、その日はタコを食べろとか、わけのわからない言い伝えも多いよう。 同名の植物もあり、梅雨の時期には、葉が白くなり、虫を誘うとか。 花は目だだず、穂のような形に集まっている。 ドクダミの祖先だと...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください