立 葵 身 の 丈 を 知 る 雨 に 立 つ

たちあおい みのたけをしる あめにたつ

西アジア原産の多年草です。

花期は6月から8月で、下から上に咲き登っていきます。

むかしは薬用として用いられ、いまでもマシュマロ作りには欠かせないとか。

ちょうど梅雨入りのころ咲き始め、梅雨明けのころ咲き終わるため、咲き具合を見て、あとどのくらいで明けるかなどとおしゃべりの題材にもなります。

すっくと立った姿勢も、丁寧に咲き上がっていくようすも華やかで美しいものです。

どこでも見られることから、とくに高貴な感じはしないのもいいところです。

この句も読まれています。

山 眠 る 今 年 鬼 籍 の 人 も 容 れ 20091207 Kiyosato 1 (yatsugatake) / BONGURI 長く紅葉にあふれていた山も、もうすっかり葉を落とし、常緑樹さえも微妙に色を変え、冬の態勢に入った感である。 見るからに静かにそして大きくなった山は、眠りについた。 今年亡くなったあまたの人びとの想いを包み込み、...
秋寒し イノコズチあり 行き止まり 最近は、服にくっ付いて離れない植物見ることが少なくなったけど、子供の頃はセーターにくっついて、取ろうとすると毛糸までついてきて困ったものです。 秋は深くなり、細い道の先はもう行き止まり。...
寝入られず 霜の立つ音 聞き澄ます... 眠れない夜、気温が下がるのを、身に凍みて感じながら、明け方、霜の立つ音を聞く心地がすることがある。霜は音はたてない。冷えて来る感覚と、冴えていく頭が作る音かと思う。...
従 来 の 立 ち ん ぼ 案 山 子 じゃ 騙 さ れ ぬ... Tired Scarecrows / Focx Photography まあ最近の案山子ときたら、芸術作品 かと見まがうほどの傑作揃い。しゃが みこんだり、立ち話したり、とても人 形とは思えない。カラスも雀も知恵が ついたのだろうか。むかしのあの、デ クノボウのような立ちっぱなしでは役 にたたない...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください