立 葵 身 の 丈 を 知 る 雨 に 立 つ

たちあおい みのたけをしる あめにたつ

西アジア原産の多年草です。

花期は6月から8月で、下から上に咲き登っていきます。

むかしは薬用として用いられ、いまでもマシュマロ作りには欠かせないとか。

ちょうど梅雨入りのころ咲き始め、梅雨明けのころ咲き終わるため、咲き具合を見て、あとどのくらいで明けるかなどとおしゃべりの題材にもなります。

すっくと立った姿勢も、丁寧に咲き上がっていくようすも華やかで美しいものです。

どこでも見られることから、とくに高貴な感じはしないのもいいところです。

この句も読まれています。

炎天も 峠過ぎたと 言い聞かす 電力予想では今日と明日が大変だとか。 うだるようなというか、焼けつく中を毎日ハローワークに行く。毎日行って、どうなるわけもない。でも落ち着かない。探そうにも、次を当たろうにも、決着がつくまで、ハローワークには応募できない。焦る。焦る。 撮りだめしてた映画を見る。水曜日は千円だから、映画館に行きたいと...
愛された 時もあったか ほととぎす... ほととぎすという花は、なんだろう。 密かに強く、あの秘めた美しさは、なんだろう。わすれてしまった情熱を、炭火のように蓄える。 たぶん忘れたほうが幸せ、忘れたほうが楽。 iPhoneからの投稿...
なお生きて 母ひりひりと 極暑なり... 幼い時に別れた母親が、遠いところで、病に臥せっている。 治るはずのない、多系統萎縮症だという。 縁の薄い親子だったと思う。 わたしは薄情だろうか。 事情はあるにせよ、必要なときに何もしてくれなかった人に、あまり情も湧いてこないのが、正直なところである。 ただ、苦しい日々が続くのは、とても可哀想で、早...
吊るし柿 つづく刈田の その向こう... 秋の田舎の穏やかな日々、吊るし柿がいっぱい並んで下がっているあったかい風景が好きです。 柿でも玉葱でもどくだみでも大根でも、ぶら下がってるものはみんな好きです。 なんか生活の余裕というか、知恵というか、あったかいものを感じます。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください