空 き 家 な ら 凩 容 赦 な く 叩 き

あきやなら こがらしようしゃ なくたたき

隣家が売りに出されました。

長く一人暮らしをなさっていたのだけれど、クルマが軽に変わり、それもいつしか消え、弁当屋や、若い、いかにもヘルパーさんらしき人が出入りするようになり、ついに引越しのトラックが横付けされました。

秋のはじめの頃だったのですが、閉め切った家は、衰えも激しく、がさがさと音をたてて生気が失われてゆく感じがします。

季節が変わり、雨が霙になり、秋風はコガラシになり、弱いところに激しく当たるのかもしれません。

家というのは、人が住まなくなると、こんなにも短時間に崩れてゆくのかと驚いています。

この句も読まれています。

もっこうの 薔薇こぼれ降る 春さなか... モッコウ薔薇つるバラ、白もあるらしいが、黄色をよく見る。小さな八重のバラが鈴なりにまるで盛り上がったように、溢れんばかりに咲き誇る、というか花が小さいので、咲き誇るというより、咲き乱れるというより、溢れ咲くというかんじ。かわいい花で、一年のうちほんの十日間くらい咲く。...
手の届く 辺り(あたり)になんでも 春炬燵(こたつ)... この季節まで、炬燵の片付けが出来なくて、自己嫌悪におちいってたが、昨日からの寒の戻りで、 再びの活躍。 とにかく炬燵というものは、入ったら出たくない。 新聞、ぽんかん、珈琲、ボールペン、携帯電話などなど、必要なものは、 すべて手を伸ばせば届くところに配置。 なんてずぼらなんだろう。 よかったらクリッ...
冬 の 雨 各 駅 停 車 の 窓 を 打 つ ふゆのあめ かくえきていしゃの まどをうつ 最近は、新幹線にいささかうんざりしています。 トンネルの多さです。 時間のあるときは、のんびり各駅停車の小さな旅をします。 地域のコミュニティバスも、思わぬところを抜けたりするので、面白くてたまりません。...
初 秋 や 比 叡 (ひえい) お ろ し は 顔 で 受 け... 六甲おろし? / mah_japan わたしは○○おろしという言葉が 好きである。六甲おろし、比叡おろ し、山から吹きおりる北風のことだ と思う。山を見て、風を全身で受け る。いろんなことが、思ってもない 方向へ転がる。先のことはわからな い。吹く風のまま。明日はどんな風 が吹くのやら。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください