空 き 家 な ら 凩 容 赦 な く 叩 き

あきやなら こがらしようしゃ なくたたき

隣家が売りに出されました。

長く一人暮らしをなさっていたのだけれど、クルマが軽に変わり、それもいつしか消え、弁当屋や、若い、いかにもヘルパーさんらしき人が出入りするようになり、ついに引越しのトラックが横付けされました。

秋のはじめの頃だったのですが、閉め切った家は、衰えも激しく、がさがさと音をたてて生気が失われてゆく感じがします。

季節が変わり、雨が霙になり、秋風はコガラシになり、弱いところに激しく当たるのかもしれません。

家というのは、人が住まなくなると、こんなにも短時間に崩れてゆくのかと驚いています。

この句も読まれています。

宿題を 後回しにして ほととぎす いろいろと懸案事項の多いこと。なるようになるさとうそぶきながら、ややもすると鬱っぽい。 まあでも、ほととぎすが硬い蕾をようやく解きかけた。一年でいちばん素敵なこの時季、この日を とにかくちょっと堪能しようと思う。...
明 け 易 し 昨 日 の 難 儀 持 ち 越 し て... あけやすし きのうのなんぎ もちこして 夜明けが早くなりました。 ふしぎと早く寝ることができた日は、ゆっくりと目覚め、あれやこれやと引っかかることや、どうすれば角が立たず、思いが伝えられるかなどと思い巡らすときは、なかなか寝付けず、目覚めも早いのです。 夜は長い方が好きです。 落ち着くのです。 得...
秋の暮 係留されし ボート小屋 貸しボート屋のボートが、冬の間店じまいして、ボートが裏向けて繋がれているのは なんとも寂しい光景です。 いよいよ冬がくるのです。 心構えをするのです。...
撫 子 や 抗 は ず し て 思 ふ ま ま なでしこや あらがわずして おもうまま 嫁の、姑に対する対応については、とかく言われますが、わたしが気に入っているのは「逆らわず、従わず」です。 いちいち喧嘩腰になることは得策ではなく、だからといって、言われるままに自分の意見を押し殺すこともない。 返事だけしておいて、思うように遣る。 なるほどこ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください