空 き 家 な ら 凩 容 赦 な く 叩 き

あきやなら こがらしようしゃ なくたたき

隣家が売りに出されました。

長く一人暮らしをなさっていたのだけれど、クルマが軽に変わり、それもいつしか消え、弁当屋や、若い、いかにもヘルパーさんらしき人が出入りするようになり、ついに引越しのトラックが横付けされました。

秋のはじめの頃だったのですが、閉め切った家は、衰えも激しく、がさがさと音をたてて生気が失われてゆく感じがします。

季節が変わり、雨が霙になり、秋風はコガラシになり、弱いところに激しく当たるのかもしれません。

家というのは、人が住まなくなると、こんなにも短時間に崩れてゆくのかと驚いています。

この句も読まれています。

吸 う 吐 く や 熱 々 こ ろ っ け 秋 祭 り... すうはくや あつあつころっけ あきまつり 夏祭りなら、綿菓子かソフトクリーム。 そぞろ寒さを引き連れて、秋の祭りはアツアツのコロッケがいい。 イカ焼きは汚れるし、味が濃い。...
薄 氷 枯 蓮 枯 葦 連 れ し ま ま うすごおり かれはすかれあし つれしまま ため池といっても、かなり大きいものです。 昔から農業用に大切にされている、周囲2キロちかくもあるものです。 この寒さで、此処にも氷が張りました。 冬のはじめからそのままの、枯れたハスやアシの葉はそのままに。 他にもなにやかやと道連れにして、この寒さ...
揚水(ようすい)の 発電残して 山眠る... 水を高いところに引き上げて、落す力で発電する発電所がある。 ずんと眠り込む山の中で、そこだけが活動している。 山はいつからか素知らぬ顔。 葉を落す樹々があり、変わらぬ緑の樹々がある。 いつもの冬の景色。...
郵便の ポストの雪は 落とさずに 雪が降って、積もった。 道は人が踏んで、もう滑りそう。車が通るところは シャーベット状になっていて、何処も彼処も人が 触ったところばかり。唯一郵便ポストの上だけが 誰も触れていないきれいな雪。帽子のように雪を いただいて、落とす気にもならない。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください