空 き 家 な ら 凩 容 赦 な く 叩 き

あきやなら こがらしようしゃ なくたたき

隣家が売りに出されました。

長く一人暮らしをなさっていたのだけれど、クルマが軽に変わり、それもいつしか消え、弁当屋や、若い、いかにもヘルパーさんらしき人が出入りするようになり、ついに引越しのトラックが横付けされました。

秋のはじめの頃だったのですが、閉め切った家は、衰えも激しく、がさがさと音をたてて生気が失われてゆく感じがします。

季節が変わり、雨が霙になり、秋風はコガラシになり、弱いところに激しく当たるのかもしれません。

家というのは、人が住まなくなると、こんなにも短時間に崩れてゆくのかと驚いています。

この句も読まれています。

情 念 の 昇 り 崩 れ て 雪 女 あまりの愛情は、相手を息苦しくする。 オトコが引くのは、当たり前の反応だろう。 「もう一度逢いたい」 と思っても、時間が経つことを味方につけて、自分の気持ちに折り合いをつけ、あきらめるのが常道かと思うのだが、なんせ一途で、さらに人間ではない雪女の情念は、留まることを知らないというか、アタマに組み込ま...
人を待つ 春宵の月と 語り合い h春の宵 なんとなく暖かいような、そんな夕暮れ。お月様としゃべる。必ず来るとわかっていれば、時計を見たりもし なくていい。安心して長閑な時間を楽しめる。...
大 花 火 余 韻 の 闇 に 目 を 凝 ら し (こらし)... Fireworks / Takashi(aes256) 金色に近い、ただ一色の花火が好きです。 ばちばちと音をあげる、細かい工夫のものより。 いくつもいくつも重ねて上げるのも、華々しいけれど、ドンと上がって、見惚れているうちに、雫が落ちるように、静かに終わる。 しばらくは闇。 花火師さんには、次の...
タイラギの ワタを肴に クリスマス... 世の中の人は、なんであんなでかい甘ったるいケーキ食べるんじゃろ。それも大勢で。 ひとりで取りダメの映画なんか見ながら、メリークリスマス…最高です。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です