穏 や か は 寂 し こ と と 初 山 河

おだやかは さびしことなり はつさんが

ひとりぼっちだろうが、寂しかろうが、わたしは賑やかより静かなほうがいい。

近くに、由緒正しい神社があるけれど、駐車場が呆れるほど少なくて、そのせいで参拝者が少ない。

境内のクスノキは、天満宮に負けないほど立派。

歴史の古さは負けていないのではと思うのですが。

商売負け。

一週間後に、無形文化財のおごそかな行事があるとのことで、見に行ってみようかとおもいます。

この句も読まれています。

冬 薔 薇 切 っ て くれ る な 先 ま で 芽... Rose / Rosa / 薔薇(バラ) / TANAKA Juuyoh (田中十洋) 薔薇の剪定の時季。本によると、太い、活かしたい芽だけを残し、あとは容赦なく切り捨てることが、立派な花をつけるコツだとか。少し時季を外したせいで、小さな芽がもうたくさん付いている。細い枝も負けていない。どうしたも...
甕 棺 の 出 土 の 跡 に 雪 が 降 る かめかんの しゅつどのあとに ゆきがふる 大きなマンションやその他何か建つときには、必ず調査が入り、必要とあれば発掘調査があります。 不発もありますが、びっくりするような掘り出し物も見つかるそうです。 勾玉は、土の中にあるときは、瑠璃色の宝石のようですが、掘り出した途端みるみるうちに酸化して土色に...
秋の 夜 白 熱 灯 に 暖 を と り 世の中LEDばかり、エコで、しかも長持ちすると。 ただ、今の季節せめて食卓は、白熱灯の暖かみがほしい。 わたしの作った、しょうもない料理も、明かりのおかげで、見られるものになる。 秋刀魚に大根おろし、かぼす。最後におくらを載せて肉じゃが、なめこと豆腐の味噌汁、湯豆腐は面倒なので、冷や奴、たったこれだ...
は び こ る に 淘 汰 も あ り て 夏 の 草... はびこるに とうたもありて なつのくさ 雑草だからといって、全てが強いわけではないようなのです。 闘いに勝ったのか、環境の具合がぴったりだったのか、何種類かを残して、消えていく種が、雑草にもあるようなのです。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください