穏 や か は 寂 し こ と と 初 山 河

おだやかは さびしことなり はつさんが

ひとりぼっちだろうが、寂しかろうが、わたしは賑やかより静かなほうがいい。

近くに、由緒正しい神社があるけれど、駐車場が呆れるほど少なくて、そのせいで参拝者が少ない。

境内のクスノキは、天満宮に負けないほど立派。

歴史の古さは負けていないのではと思うのですが。

商売負け。

一週間後に、無形文化財のおごそかな行事があるとのことで、見に行ってみようかとおもいます。

この句も読まれています。

テレビの話 犬飼さんちの犬を見る犬 / y_katsuuu 最近は、面白い番組がないと 世の年寄りは嘆いている。 わたしもそう思う。わたしは、新聞の番組表を隅から隅までじっくり見るのが好きである。 ほとんど趣味と言ってもいい。 早朝から深夜まで、これと思ったものは録画して、暇なときにゆっくり観る。番組表はよくよ...
笑 ふ て は な ら ぬ と こ ろ ぞ 初 盆 ぞ... わろうては ならぬところぞ とむらいぞ 親しくもない人、言葉を交わしたこともない人の葬儀や法事に参列したことは、おありですか。 ちょうどお盆に亡くなって、一周忌。 ご近所の、大きな盆提灯の家に迷わず上がり込んで、仏壇を拝んだことがあります。 慌て者です。 弔いに誰でも彼でも呼ぶものではありません。...
時雨打つ 枯れ蓮微動だに せず 冷たい雨が昨夜から止む気配もない。 池のハスなどこの季節には目をとめる人もいない。 これだけの激しい雨に打たれて、どうなっているかと 思いきや、なんということもない。 いつもと同じ場所で、同じ佇まい。 変わらないことは強い。...
六 月の 植 田 を 走 る 堰 の 水 田を植えるまえの、水を張った田圃は静かな緊張をたたえ、うつくしい。 細い用水路が走っていて、そこに小さな堰があり、水を調整できるようになっている。さあ、いま全開。 明日はいよいよ田植えが始まるのだろう。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください