穏 や か は 寂 し こ と と 初 山 河

おだやかは さびしことなり はつさんが

ひとりぼっちだろうが、寂しかろうが、わたしは賑やかより静かなほうがいい。

近くに、由緒正しい神社があるけれど、駐車場が呆れるほど少なくて、そのせいで参拝者が少ない。

境内のクスノキは、天満宮に負けないほど立派。

歴史の古さは負けていないのではと思うのですが。

商売負け。

一週間後に、無形文化財のおごそかな行事があるとのことで、見に行ってみようかとおもいます。

この句も読まれています。

青 葉 潮 日 向 の 沖 を 盛 り 上 ぐ る... あおばじお ひゅうがのおきを もりあぐる 列島の南、日向沖から土佐沖を北上する暖流は黒潮と呼ばれます。 その五月の頃の太平洋岸の潮の流れを漁師のあいだでは青葉潮と呼ぶそうです。 豊漁とくにカツオの豊漁をもたらすといいます。 太平洋の海は碧であり、群青色です。 どこまでも豊かで深いのです。...
牡 蠣 小 屋 の 火 勢 に 追 は れ 無 口 な る... 牡蠣は小ぶりなのに、七輪の火の起こりようの凄いこと。 ぐつぐつと煮えていたかと思うともう、焦げそうになっている。 そうなると小さく固くなるから、食べるのもスピードアップしなければならない。 遠く糸島半島まで来て、一瞬で食べ終わるなんて、勿体無さすぎる。 それでなくとも今年の牡蠣は小ぶりだとテレビが言...
初 詣 賽 銭 箱 の 広 々 と はつもうで さいせんばこの ひろびろと 大きな白い布を広げ、そう大きさにして10畳を軽く超えるくらいの広さ、人の背ほどの高さに設置された賽銭箱、箱ではなく賽銭広場。 先ずもって商売繁盛を極めているのは、天満宮だけかとも思われます。 的が広いから、失敗することはまずありません。 今年も何事もなく、穏...
人混みに 見覚え冬帽 声かけず あっあの人だと思うことたまにあるが、よっぽどの ことがない限り、声はかけない気がする。 懐かしいんだけど、わざわざ自分の今を語る気もせず やり過ごすことが多い。 あの人といっしょに働いた時代があって、けっこう楽しかったと思う。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください