穏 や か は 寂 し こ と と 初 山 河

おだやかは さびしことなり はつさんが

ひとりぼっちだろうが、寂しかろうが、わたしは賑やかより静かなほうがいい。

近くに、由緒正しい神社があるけれど、駐車場が呆れるほど少なくて、そのせいで参拝者が少ない。

境内のクスノキは、天満宮に負けないほど立派。

歴史の古さは負けていないのではと思うのですが。

商売負け。

一週間後に、無形文化財のおごそかな行事があるとのことで、見に行ってみようかとおもいます。

この句も読まれています。

リ ハ ビ リ の 靴 合 わ せ す る 春 隣... W363. / MIKI Yoshihito (´・ω・) 麻痺のある方の足には、装具をつけなければならないこともある。装具を着ければ、靴は、ワンサイズいえ、もう少し大きなものが必要になる。靴底も特別誂えになる。なんとなく気の重いオーダーメイドである。長い冬が過ぎて、ようやく春になる。重い心はあま...
も う 逢 は ぬ ま た ね と 言 ふ て 春 の 月... 数少ない経験から言うと、 二度と逢うつもりのないとき、オトコは必ず、「 じゃあ、またね 」と言う。 にっこり笑って、手を挙げる。 人は人を裏切るときウソをつくとき、やさしくなる。 よくしゃべる。...
七 夕 の 竹 切 り に 来 し 空 は 風 たなばたの たけきりにこし そらはかぜ 竹林。 地上では風など吹いていないのに、竹はザワザワと、空に近い上の方だけ音を立てます。 揺れています。 近ごろでは、七夕の竹の調達もタイヘンと聞き、運び屋としてついて行きました。 二日も経てば、カサカサになり、みずみずしさはすっかりなくなるのですが、人造の...
冬もみぢ 昇開橋を 遠く見て 福岡県大川市筑後川にかかる昇開橋。 船が川を通るときは、橋が上がる。 赤い素敵な橋。 大昔からあったらしい。エツ料理を食べに行ったとき見つけて、 とりこになった。 元気なとき、時間のあるときに見に行く。 筑後川は果てしなく大きく、こっちの岸から見ると、 手前の冬もみぢの向こうに橋が写って、秋を満喫で...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください