稲妻か 姿の見えぬ 遠花火

むかしは、音は聞こえぬ遠花火があったものですが、
近頃は、高い建物が増えて、音は聞こえるが姿の見えぬ遠花火ばかり
どこかで雷がなっているかと思うこともあります。

この句も読まれています。

コ ス モ ス に 埋 も れ か つ て の 一 等 車... こすもすに うずもれかつての  いっとうしゃ コスモスあふれる児童公園の片隅に、機関車ではないけれど、使用済みの客車が置かれています。 コスモスは満開なれど、居場所のなさそうな、そんなおもむきです。...
陽 炎 の 人 影 ど こ ま で も 白 く かげろうの ひとかげどこ までもしろく 急に真夏日になりました。 暑さを避けてか、道路はいつもより混雑しています。 アスファルトの、遠く遠くにゆらゆらとかげろうでしょうか。 人影らしきものも映るのですが、もやもやとどこまでもはっきりとはせず、近づけば遠くに、近づけば遠くに逃げてゆきます。 ...
冬の宵 一足飛びに 凍りつき 暮れかけたと思ったら、ストンと闇に変わる。 急に冷え込み、急ぎ足になる。 焼鳥屋だけが、こうこうと明るい。 iPhoneからの投稿...
花 の 季 や 炭 塵 爆 発 二 十 年 はなのきや たんじんばくはつ にじゅうねん 大牟田 三井三池炭鉱 炭塵爆発。 その後の閉山から、今日で20年になるとのこと。 458名の死者、一酸化炭素中毒患者893名を出し、 その後の三池争議に繋がったと聞きます。 桜が何回咲こうと、脳にダメージを受けた人が回復するはずもなく、医療の質も、年月...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください