稲妻か 姿の見えぬ 遠花火

むかしは、音は聞こえぬ遠花火があったものですが、
近頃は、高い建物が増えて、音は聞こえるが姿の見えぬ遠花火ばかり
どこかで雷がなっているかと思うこともあります。

この句も読まれています。

石 蹴 り も 缶 蹴 り も な し か や つ り 草... いしけりも かんけりもなし かやつりそう 学校からの帰り道。 石や空き缶を見つけては交代で蹴りながら遊びながら、帰ったものです。 かやつり草は、今もそこここに健在ですけれど、穂先の一本一本を丸く外側にまとめて、傘を作って遊ぶ子などいるわけもない。 親も子も、みんな忙しい。...
ル ポ 虐 待 ・ 大 阪 ニ 児 置 き 去 り 死 事 件... 著者 杉山春 (すぎやま・はる ) 筑摩書房 2010年7月30日未明、大阪ミナミの繁華街のそばの、15平米ほどのワンルームマンションで、3歳の女の子と1歳8ヶ月の男の子が変わり果てた姿で見つかった。 斎藤芽衣さんは、この2人の子どもの母親だ。 この夏はとびきり暑かった。 子どもたちはクーラ...
待 ち 待 ち て 挙 句 廃 線 春 の 雨 まちまちて あげくはいせん はるのあめ 後回しになるとは予想していました。 本線ではなく、単線ですし、無人駅が続く、まことに心細い鉄道ですから。 それでも長い長い陳情の末に、村の人々の足となるべく、期待されやっとの思いで開通したと想像します。 後回しでも、時間がかかってもいい、なんとか繋いで...
豚足で 乗り切る覚悟 暑気払い まだ七月。 休みの日は、必ず昼寝してしまう。 疲れてると実感する。 サプリも飲むけど、パットしない。 こうなれば、食い物。 豚足でどうだ。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください