秋 暮 れ て 人 待 ち 顔 は 隠 せ ず に

秋暮れて ひとまちがおは かくせずに

どこにいても、何をしていても、恋心というものは露出しやすいもの。
年齢には関係がないことを、このたび同級生の友人に思い知らされました。
思わず「いい年して」と、言ってしまいました。
浮き足立っているさまは、見ようによってはみっともないものだけれど、
本人たちが良ければ、他人がどうこう言うことでもありません。
それでも言いたくなるのは、もしかしたら羨ましいのか。
いいえ、そんなことはありません。
「お世話」は、まもなく、そう時間をおかず「介護」になるに違いない。
そしたら、わたしは多分、心の底から、「ざま〜見ろ」と思うに違いない。
と思ったら、10歳も年下らしい。
なんでアイツには、次から次にオトコが出来て、あたしは、声さえかからないのか。
女子力が足りない?
オトコが放って置けないタイプだって?
支えてあげたくなるだと?
あたしは、お金に支えられたいとは、いつも思うけれど、オトコに支えてもらいたいなどとは、ついぞ思ったこともありません。
でもこのままだと、負けっぱなしになります。
ちょっと考えて、反省なり検討なりしてみようかなと思います。

この句も読まれています。

し め 縄 に 稔 り の 稲 穂 そ の ま ま に... しめなわに みのりのいなほ そのままに 道の駅のしめ縄コーナーの端っこで見つけました。 稲穂をそのまま。 くるりと巻いて止めただけ。 あまりに質素で、華やかさもなく、でも考えてみれば、これがいちばん贅沢なしめ縄かもしれません。 お米がそのまま実った状態ですから。 むかしの人が見たら、もったいない...
夕 立 ち の 男 に 呑 み 屋 傘 を 貸 し... ゆうだちの をとこにのみや かさをかし 突然の雨。 駅から飛び出し、黒いカバンを傘がわりにアタマに乗せて、家路へ急ぐサラリーマン。 ママはさすが。 「この傘どうぞ。お使いになって!」 借りた傘は返さないといけない。 いつもの通勤の道すがらに店はあるのです。 ただ返すというわけにはいきま...
初 帰 省 訛 り は 無 か り し こ と と し て... はつきせい なまりはなかりし こととして ほんの数ヶ月前、東京の大学にやっとこさ合格し、おそるおそる旅立った。 はじめての夏休み。 生まれも育ちも東京といういでたち、言葉、生来の江戸っ子のような上から目線。 元気ならそれでいい。...
雪捲いて 雪見障子の 色っぽさ 外は激しい、雪景色。 雪見障子を通して見る、その景色は なんかよそ事のよう。 上は障子、真ん中だけガラス。 切り取られたように見える、その景色は 額に入れた絵のよう。 雪見障子を通して見れば、 雪はあたしとお友だち。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください