秋 暮 れ て 人 待 ち 顔 は 隠 せ ず に

秋暮れて ひとまちがおは かくせずに

どこにいても、何をしていても、恋心というものは露出しやすいもの。
年齢には関係がないことを、このたび同級生の友人に思い知らされました。
思わず「いい年して」と、言ってしまいました。
浮き足立っているさまは、見ようによってはみっともないものだけれど、
本人たちが良ければ、他人がどうこう言うことでもありません。
それでも言いたくなるのは、もしかしたら羨ましいのか。
いいえ、そんなことはありません。
「お世話」は、まもなく、そう時間をおかず「介護」になるに違いない。
そしたら、わたしは多分、心の底から、「ざま〜見ろ」と思うに違いない。
と思ったら、10歳も年下らしい。
なんでアイツには、次から次にオトコが出来て、あたしは、声さえかからないのか。
女子力が足りない?
オトコが放って置けないタイプだって?
支えてあげたくなるだと?
あたしは、お金に支えられたいとは、いつも思うけれど、オトコに支えてもらいたいなどとは、ついぞ思ったこともありません。
でもこのままだと、負けっぱなしになります。
ちょっと考えて、反省なり検討なりしてみようかなと思います。

この句も読まれています。

初 詣 賽 銭 箱 の 広 々 と はつもうで さいせんばこの ひろびろと 大きな白い布を広げ、そう大きさにして10畳を軽く超えるくらいの広さ、人の背ほどの高さに設置された賽銭箱、箱ではなく賽銭広場。 先ずもって商売繁盛を極めているのは、天満宮だけかとも思われます。 的が広いから、失敗することはまずありません。 今年も何事もなく、穏...
沙 羅 の 花 無 か り し 縁 と 諦 め よ... しゃらのはな なかりしえんと あきらめよ 縁あって知り合ったと勘違いもはなはだしい恋愛は、この世に星の数ほどあるものです。 ほとんどは間違っている。 あきらめることの辛さを知ることも、その後の人生には必要で、想いを深くするものです。 今は辛いけれど、淡々と粛々と為すべきことを行うことしか、処方は...
春 財 布 牛 の 躰 の ど の 辺 り はるさいふ うしのからだの どのあたり きれいになめして、華やかな彩りのサイフ。 新春に買うと縁起がいいとか。 わたしは細々した、コインケースや印鑑ケース、ポーチなどを作って、ひそやかに販売しており、手芸店で端切れとして売られている革をときどき購入します。 器具で引っ掛けた跡や、チョークで線...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください