秋 暮 れ て 人 待 ち 顔 は 隠 せ ず に

秋暮れて ひとまちがおは かくせずに

どこにいても、何をしていても、恋心というものは露出しやすいもの。
年齢には関係がないことを、このたび同級生の友人に思い知らされました。
思わず「いい年して」と、言ってしまいました。
浮き足立っているさまは、見ようによってはみっともないものだけれど、
本人たちが良ければ、他人がどうこう言うことでもありません。
それでも言いたくなるのは、もしかしたら羨ましいのか。
いいえ、そんなことはありません。
「お世話」は、まもなく、そう時間をおかず「介護」になるに違いない。
そしたら、わたしは多分、心の底から、「ざま〜見ろ」と思うに違いない。
と思ったら、10歳も年下らしい。
なんでアイツには、次から次にオトコが出来て、あたしは、声さえかからないのか。
女子力が足りない?
オトコが放って置けないタイプだって?
支えてあげたくなるだと?
あたしは、お金に支えられたいとは、いつも思うけれど、オトコに支えてもらいたいなどとは、ついぞ思ったこともありません。
でもこのままだと、負けっぱなしになります。
ちょっと考えて、反省なり検討なりしてみようかなと思います。

この句も読まれています。

紅 葉 狩 り 先 祖 は 流 人 か 公 家 の 島... もみじがり せんぞはるにんか くげのしま 隠岐の島。 後醍醐天皇と後鳥羽上皇が島流しになったとか。 身分の高い方々ですから、お付きもそれぞれに相当の数いたのではと想像します。 その前までは、流刑地。 遠山の金さんによると、「市中引き回しの上張り付け獄門」まではいかないけれど、「遠島を申し付...
蓮の田の 枯れて冷たき さまもよし... 冬のレンコンの田んぼ、泥沼の中に枯れ枝がたっているような もの悲しい光景です。 それはそれでいい。
九 州 場 所 こ れ よ り 冬 帝 統 治 な る... きゅうしゅうばしょ これより とうていとうちなる いよいよ九州場所。 11月の風物詩。 そぞろ寒い状態が、はっきり季節を変えた感じでしょうか。 大好きな11月が行くと、世間は一気にクリスマスそして年末に向けて走り出します。...
秋台風 おかしなスパン 感じ取り 職場の空気が変わった。 昨日まで、どうにか親切だった人が、攻撃に転じた。 管理者もそれに乗る。 疲れてるなら、帰ったらと言われた。 わたしは疲れたなんて言ってない。 このパターンは覚えがある。 どうすれば乗り越えられるのか。 暗い顔をしていては、火に油を注ぐ。 おそらくたんたんと、媚びず、平然と、 ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください