秋 暮 れ て 人 待 ち 顔 は 隠 せ ず に

秋暮れて ひとまちがおは かくせずに

どこにいても、何をしていても、恋心というものは露出しやすいもの。
年齢には関係がないことを、このたび同級生の友人に思い知らされました。
思わず「いい年して」と、言ってしまいました。
浮き足立っているさまは、見ようによってはみっともないものだけれど、
本人たちが良ければ、他人がどうこう言うことでもありません。
それでも言いたくなるのは、もしかしたら羨ましいのか。
いいえ、そんなことはありません。
「お世話」は、まもなく、そう時間をおかず「介護」になるに違いない。
そしたら、わたしは多分、心の底から、「ざま〜見ろ」と思うに違いない。
と思ったら、10歳も年下らしい。
なんでアイツには、次から次にオトコが出来て、あたしは、声さえかからないのか。
女子力が足りない?
オトコが放って置けないタイプだって?
支えてあげたくなるだと?
あたしは、お金に支えられたいとは、いつも思うけれど、オトコに支えてもらいたいなどとは、ついぞ思ったこともありません。
でもこのままだと、負けっぱなしになります。
ちょっと考えて、反省なり検討なりしてみようかなと思います。

この句も読まれています。

初 詣 賽 銭 箱 の 広 々 と はつもうで さいせんばこの ひろびろと 大きな白い布を広げ、そう大きさにして10畳を軽く超えるくらいの広さ、人の背ほどの高さに設置された賽銭箱、箱ではなく賽銭広場。 先ずもって商売繁盛を極めているのは、天満宮だけかとも思われます。 的が広いから、失敗することはまずありません。 今年も何事もなく、穏...
残 留 の 孤 児 の 旅 立 ち 沙 羅 の 花... ざんりゅうの こじのたびたち しゃらのはな 沙羅双樹の花の色、原産地はインドとされる。 名前は聞いたことがあるけれど、実際にはなかなか見ることがありません。 釈迦が生まれたところにあった三本の木のうちの一本と言われているとか。 中国残留日本人孤児。 終戦直後、満州、朝鮮、ロシアの国境あたり、大き...
金 柑 は 鳥 の も の な り 少 し だ け... きんかんは とりのものなり すこしだけ キンカンはビタミン豊富で、美容と健康にとてもいいとテレビが言うから、ちぎったのだけれど、なんせまだ寒いし、肥料もやってないから、小粒だし。 結局、名産と言われる宮崎産のきらきらした大粒のものを八百屋で勧められるままに買ってしまいました。 普段なら、皮だけ...
竃 ( かまど ) 社 に 花 嫁 祝 す 樟 若 葉 ( くすわかば )... IMGP3387 / yuki5287 太宰府の裏、宝満山の登り口に、竈門神社という、天満宮に引けをとらない歴史ある、縁結びの神さまが祀られた神社がある。 樟の大樹が、空が見えないくらいに薄緑色の若葉をつけて、何本もそびえ立っており、その中にやしろがあり、これは小綺麗にしているが、新しく建てたもの...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください