秋 刀 魚 焼 く 団 扇(うちわ)七 輪 酢 橘(すだち)酒

脂ののった秋刀魚は、今は普通グリルで焼くが、子供の頃は外で、七輪を起こさせられて、(命令) 泪を流しながら、風向きを考えながら、団扇を使って火をおこしたものだ。
完全に火がおきたら、煙は出なくなる。
秋刀魚は、ほどよく焼き目がついて、酢橘やカボスをじゅっとしぼって、大根おろしといっしょに食べるものだ。
アツアツに、少々のお酒があると、もう言うことはない。
今日は幸せだったと、感謝する。

この句も読まれています。

日一日と 遠ざかり行く 松の内 別に子供じゃないんだから、正月が待ち遠しかったわけでもないけど、あっという間に、年末がすぎ、新年かと思ったら、もう一週間過ぎて完全に元どおりの生活が戻り、少し目を瞑っていた失業中という身分が、ひしひしと再び身に染みています。...
秋明の 菊はひとつが まず咲いて 秋明菊は蕾の時期が長い。茎から先の方だけ5、6本に分かれて、それぞれに蕾がつくのだけど、きちっと秩序があって、めいめい勝手には咲かない。真ん中の一個が立派に咲く。他のつぼみはまだ蕾のまま。渡世の義理か。...
博 打 打 ち 目 の 色 変 は り 猪 鹿 蝶... バクチうち めのいろかわり いのしかちょう 小学校の低学年のころ、世間はそれなりに景気が良く、キャバレーと呼ばれるところには、キレイなドレスのおねえさんがいて、クリスマスともなれば、サラリーマンはキラキラの三角帽子をかぶり、ちゃらちゃらしたレイを首に掛けおおいに酔っ払って帰還したものです。 そん...
長閑さに いつもの道を 回り道 春の日の夕方。ほこほこしたあったかい午後。大きな道路の、ひとつふたつ奥の道を見つけた。昔の馬車道か。 こんな道があったとは。角にはほったらかしの水仙がいっぱい花を咲かせている。手入れもしてない。たぶん誰も見 てない。...