秋 刀 魚 焼 く 団 扇(うちわ)七 輪 酢 橘(すだち)酒

脂ののった秋刀魚は、今は普通グリルで焼くが、子供の頃は外で、七輪を起こさせられて、(命令) 泪を流しながら、風向きを考えながら、団扇を使って火をおこしたものだ。
完全に火がおきたら、煙は出なくなる。
秋刀魚は、ほどよく焼き目がついて、酢橘やカボスをじゅっとしぼって、大根おろしといっしょに食べるものだ。
アツアツに、少々のお酒があると、もう言うことはない。
今日は幸せだったと、感謝する。

この句も読まれています。

石 橋 に 古 き 町 名 ( まちな ) の 梅 の 里... 町村合併が、歴史ある全国津々浦々の町名村名を亡きものにした。 「夜須町」なんて大好きな町名だった。 「筑前町」に変わった。・・・なんで? 誰が付けたのだろう。 町が市に昇格したわけでもないのに。 画像出典:三石橋 / masayukig...
旧 道 は 近 道 と な り 露 葎 きゅうどうは ちかみちとなり つゆむぐら クルマ社会の今日では、何処へ行くにもりっぱな道路が建設され、それは往々にして幅も長さも必要ですから、大きく迂回することになりがちです。 むかし通っていた一本道は放置され、いまだに道で残っていることは幸いですが、草猛々しく、朝露のせいで膝から下はびしょ濡れ...
今はここ 雁渡り行く 明日は知れず... 今、わたしはここにいて、今日の日を過ごす。 雁が渡るのをここで見ている。 今日は今日の日常、明日は明日。 今日とさほど変わらないのか、変わるのか、ただ今はここでこうしていることをあらためて思う。...
古 家 の 坪 庭 抜 け り 青 嵐 ふるいえの つぼにわぬけり あおあらし 坪庭なんてもったいない、部屋か廊下か納戸にでもしたらいいのにと思っていたけれど、先日「古家付き」という不動産広告につられて見に行きました。 もともと家を見るのは好きで、新聞のマンションの広告も、買いもしないのに、間取りを見ます。 四畳半くらいの庭は、思ったよ...