秋 刀 魚 焼 く 団 扇(うちわ)七 輪 酢 橘(すだち)酒

脂ののった秋刀魚は、今は普通グリルで焼くが、子供の頃は外で、七輪を起こさせられて、(命令) 泪を流しながら、風向きを考えながら、団扇を使って火をおこしたものだ。
完全に火がおきたら、煙は出なくなる。
秋刀魚は、ほどよく焼き目がついて、酢橘やカボスをじゅっとしぼって、大根おろしといっしょに食べるものだ。
アツアツに、少々のお酒があると、もう言うことはない。
今日は幸せだったと、感謝する。

この句も読まれています。

吊 り 橋 の 真 ん 中 怖 し 山 の 藤 つりばしの まんなかこわし やまのふじ 気軽に渡り始めた山の吊り橋。 だんだん進むにつれて、揺れは激しくなり、こんなに長かったかと驚き、少し後悔したりしました。 戻るのはいくらなんでもみっともないし。 山藤は蔓性で、龍のような古木もあります。 ほかの木に巻きついて、その木を枯らしてしまうこ...
黄落の 空隧道を 超えてなお 隧道という言葉が好き。トンネルと隧道( ずいどう )は同じなのだろうか。黄落の秋、隧道を過ぎてもなお、続く。空も木々も山も、そして隧道も一面の秋。...
日 脚 伸 ぶ 炒 飯 少 し 上 手 く な り... もうずいぶん前のことだけど、わたしは家族に「チャーハン禁止令」なるものを発令れたことがある。 理由は、あまりにもまずいから。 わたしにとってチャーハンは、命題のようにいつも目の前にあった。 鉄の中華鍋と強火で、なんとかチャーハンと呼べるものに成長した気がする。 ただいつまでこの鉄鍋の重みに耐えられる...
きのう掃き 今日また集う 落ち葉かな... 道一本隔てたところに、団地があり、ぐるっと並木がある。 落葉樹。 小さな玄関の前は、落ち葉の吹き溜まり。 ごみ袋いっぱいに集めても、翌日はまたおんなじ。 風の吹き方かもしれない。 だってうちの前だけ。 よかったらクリックください。励みになります。 ...