秋 刀 魚 焼 く 団 扇(うちわ)七 輪 酢 橘(すだち)酒

脂ののった秋刀魚は、今は普通グリルで焼くが、子供の頃は外で、七輪を起こさせられて、(命令) 泪を流しながら、風向きを考えながら、団扇を使って火をおこしたものだ。
完全に火がおきたら、煙は出なくなる。
秋刀魚は、ほどよく焼き目がついて、酢橘やカボスをじゅっとしぼって、大根おろしといっしょに食べるものだ。
アツアツに、少々のお酒があると、もう言うことはない。
今日は幸せだったと、感謝する。

この句も読まれています。

リ ッ プ サ ー ビ ス せ ぬ と 決 め て 沈 黙 炎 暑 か な... 44/365 - 11229days / yamataka 余計な気を遣うのはやめようといつも 思うのだけれど、わたしは沈黙が苦手 で、ついひとことふたこと喜ばすよう なことを喋ってしまう。もうこんなヤ ツに気は遣わない。向こうが平気なの に、わたしがおろおろすることなどあ ろうか。時計の音が、じ...
一 面 の 蓮 の 浮 葉 や 空 と 風 いちめんの はすのうきはや そらとかぜ 池というか沼の半分ほどを蓮の葉が占めています。 これから夏に向かって、もっと広がっていくと想像します。 小さかった葉が、驚くほど大きく生長し、お互いに付かず離れず。 激しい雨も、臆することなく、葉の表面全体で受け、つまり水の上にぺったりと浮き、自分と平行に広...
春陽(はるひ)浴び 天神さまの 牛温し(ぬくし)... 太宰府天満宮の飛梅はもう 終わりがけ。日差しは春な がら、まだ風は冷たくじっ と立っているのは辛いくら いです。道真公の亡き骸を 引いてきたという牛の銅像 は日を浴びて温かい。参拝 客で境内は大賑わいです。...
網荒く 西瓜落ちぬか 抱きかかえ 西瓜を買った。小さい西瓜。備え付けのネットに入れはしたが、なんせ小さいもので、荒いネットの隙間から落ちるかもと、そんなことないのに心配して、大事に抱えて帰った。...