秋 が 追 ふ 疎 水 の 流 れ 速 け れ ば

あきがおう そすいのながれ はやければ

灌漑、取水のために造られた水路です。
山からの水は、昨日一昨日の雨のせいか、思った以上に多く、その分流れが急で、驚くほどです。
子どもなら足を取られてしまいそうです。
これから秋が深まれば、田圃は次第に水を落とし、稲刈りに備えることでしょう。
台風が来なければ、豊作でしょうか。

この句も読まれています。

虎落笛(もがりぶえ) もうそこまでの 辛抱ぞ... 垣根に吹き付けるのか、電線か。 身をよじって泣く声に聞こえる虎落笛。 誰かが何処かで泣いている。 今日は終わる。明日が来る。 そうこうしているうちに、状況は変わる。 諦めた頃かならず変わるから、 もうちょっと辛抱しなされ。...
物故者の 顔の浮かびて 梅植うる 同じ年に生まれ、どんな人生を 送ったのだろう。幸せだったか。 わかる術もないが、残念だろう と思う。わたしは、⚪️⚪️さん の分までという言葉が大嫌いで す。子供の代表が、同級生の葬 儀でよく使う。たぶん先生が好 きな言葉なんだろう。誰が頼ん だ、自分の分まで貴方に生きて くれなんて。人は人の分まで...
ら っ き ょ う と 青 梅 売 ら れ 梅 雨 に 入 る... らっきょうと あおうめうられ つゆにいる 梅雨が近づく頃、八百屋にはらっきょうと青梅、そして紫蘇の葉が売り出されます。 わたしも、梅の実がいっぱいなったからと、漬け方を教えてもらって挑戦したことがあります。 洗ったり干したり、塩加減や何やかやと驚くほどの手間がかかります。 最近は、店には大きさの揃...
冬萌えや バサリと雪の 被さりて 地面の下では、着々と春の芽吹きの支度。 よく見ると、あちこちに、春が息をしている。 でもまだまだ寒さは、雪はこれから本番。 ようやく顔を出した、芽吹きにも容赦なくのしかかる。 それでも春は来る。 もう少しの辛抱。 iPhoneからの投稿...