秋 が 追 ふ 疎 水 の 流 れ 速 け れ ば

あきがおう そすいのながれ はやければ

灌漑、取水のために造られた水路です。
山からの水は、昨日一昨日の雨のせいか、思った以上に多く、その分流れが急で、驚くほどです。
子どもなら足を取られてしまいそうです。
これから秋が深まれば、田圃は次第に水を落とし、稲刈りに備えることでしょう。
台風が来なければ、豊作でしょうか。

この句も読まれています。

空 襲 を 昨 日 の こ と の ご と く 聞 く... 1945年6月20日 福岡大空襲。 夜の突然の、絨毯爆撃だったという。 オヤジが5歳の自分の手を掴み、片腕には蚊帳を持ち、一晩中逃げ回ったと。 翌朝、家に戻ってみると、丸焼けで、台所の煉瓦だけが面影を残しており、母親は動けない状態だったと。 それから、長い間大変な苦労をしたと。 それでも、家族を亡く...
早馬で 帰って来いと 盆の茄子 今まで知らなかった、常識の無さ。お盆に茄子やきゅうりに足を付けて、迎えるのは、帰ってくるときは、馬に乗って早く、向こうへ戻るときは、牛に乗ってゆっくりとということだそうです。仏事に疎くて、常識無いなとつくづく思います。迎え火を焚いて、家に帰るときに迷わないようにって、やさしいです、みんな。...
潮 騒 を 捉 へ ( とらえ ) あ ぐ ね て 秋 日 傘... 秋を感じたら、行きたいところ。 海、海風を受けたい。 潮の匂い。 神社。 祭りの最中はNG。 準備中の気の張ったところ、より、祭りが終わって、潮が引くように人が去ったあと。 考えてみたら!全部水のあるところ。 湖でも、川でも、もっと上流のせせらぎならもっと素敵だろう。 今を逃したら、捉え損なう貴重な...
停 留 所 欅 (けやき) 落 ち 葉 に 染 ま る ま で... 街中の紅葉 / s.sawada 大きな欅の木が紅葉し、色づいた葉っぱがはらはらと舞い落ちる。秋真っ盛り。赤に黄色に舞い落ちて、真下にある路線バスの停留所はバス停のマークもベンチも、その隣の郵便ポストも紅葉色。細い道ながら、バスが通る。追い抜きはできない。バスのお客が乗り降りする間は、辛抱強く待たな...