秋 が 追 ふ 疎 水 の 流 れ 速 け れ ば

あきがおう そすいのながれ はやければ

灌漑、取水のために造られた水路です。
山からの水は、昨日一昨日の雨のせいか、思った以上に多く、その分流れが急で、驚くほどです。
子どもなら足を取られてしまいそうです。
これから秋が深まれば、田圃は次第に水を落とし、稲刈りに備えることでしょう。
台風が来なければ、豊作でしょうか。

この句も読まれています。

しょうしょうと 五月雨(さみだれ)の 粛々と 日を送る... 雨は降る降る。一日中。いつものように掃除、洗濯などなど。 何もない毎日。つつがないと言えば、言えなくもない。...
あ り し 日 の 貴 方 に 黙 と う 花 の 夜... Jūgatsuzakura "十月桜" / ai3310X 同窓会の始め、亡くなったあの子に黙祷。 遠い遠い、桜の日、縁あって、同じ学校、同じクラスで、二年の月日を過ごした。 遠くにいると聞いていた。 元気にしてると思っていた。 静かで、穏やかで、いい人だった。 こんなうるさくて、人間の出来ていな...
逢うことも ない人と逢う 熱帯夜 変な夢ばかり、立て続けに見ることがある。 過去の、あまり愉快ではない、後悔の思いが強いことが多いような気もする。 夏の夜は長すぎる。...
夏が往く 貨物列車に ススキの穂 盆がすぎ、暑さの中にほんのひとつまみの秋、まだまだほんの気持ち、でももうひと頑張り、秋まで。