秋渇き ようやく言いたき ことを言う

夏に弱いわたしは、暑い季節はじーっとして体力を持ちこたえ、体調を考え
過ごすのです。暑いときに思い立って何かしたり、頑張ったりしても、なんか
うまくいかないような気がするのです。
それが涼しくなると、体に力がみなぎってくるのがわかるのです。
悔しかったこと、腹がたったことも、順序たてて、冷静に落ち着いて考えて、
ガーンと言うのです。
言った場合のストレスと、我慢した場合のストレスを天秤にかけるのです。
言えば気まずくなるかもしれない。
自分が楽になるほうを選択するようにしています。

この句も読まれています。

うつうつと 今日も働く 雪吹いて 働かなければなりません。 雪のふる寒い朝、ああこんな日にも働くから、これが給料分か と思います。
源 流 は ま だ こ の 先 と 冬 雲 雀 げんりゅうは まだこのさきと ふゆひばり 春は勢いよく空を飛ぶヒバリも、この季節になると、地面を跳び歩きながらエサを探す姿が見られます。 オスは頭の冠羽をピンと立てています。 イタチやネコ、ヘビなど天敵が多く、たいへんです。...
初春に 初豆乳を 飲み干する 新しい年が明ける。 どんな年か、ああ考えても恐ろしいだけ。 あたしは去年の12月は、何度となく、繰り返し繰り返し 赤穂浪士を見ました。 ケーブルであったり、ふつうのテレビだったり、いろいろ ですけど、10回は軽く超える回数見ました。 結果がわかっているから、落ち着くのです。 そのうえ役者がちがう、時...
遠雷の 潜(ひそ)みて町は 音立てず 遠くで、不気味な音が聞こえる。 もう来るか。 稲妻か。 激しい雨か。 空は低く、町は暗い。 人は、慌てて用事をすませて、もう動かない。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください