秋渇き ようやく言いたき ことを言う

夏に弱いわたしは、暑い季節はじーっとして体力を持ちこたえ、体調を考え
過ごすのです。暑いときに思い立って何かしたり、頑張ったりしても、なんか
うまくいかないような気がするのです。
それが涼しくなると、体に力がみなぎってくるのがわかるのです。
悔しかったこと、腹がたったことも、順序たてて、冷静に落ち着いて考えて、
ガーンと言うのです。
言った場合のストレスと、我慢した場合のストレスを天秤にかけるのです。
言えば気まずくなるかもしれない。
自分が楽になるほうを選択するようにしています。

この句も読まれています。

間 違 ごう て 年 増 の お か っ ぱ 梅 雨 寒 し... okappa / yukop 気持ちはわかる。 あたしだって、前髪パッツン切って、肩までの髪を振り返るたび はらりとさせたい。 人間は静かにおのれを見つめなければいけない。 ぞっとすることもある。 デパートのエレベーターの渕の金ピカ光っているところに 自分の顔を見つけてびっくりしたこともある。 む...
行 き 着 け ば ま た 同 じ 橋 春 の 夢... いきつけば またおなじはし はるのゆめ 明け方に一度目が醒める。 ほかの季節では、なかなか難しいけれど、春の今ごろは、またすぐ眠りに落ちる。 何度試みても、同じところに行き着いて、先に進めない夢。 ちょうど今の私みたい。...
水落とし 時待つ稲穂の 黄金色(こがねいろ)... 稲刈りの少し前になると、田んぼの水は抜かれ、稲はそれを知ったように 稲刈りの日を待つ。稲穂は垂れ、今年も豊作か。...
原爆忌 時計の針の 気になりて 広島は8時15分と言われている。 ほんの少し前まで、日常の暮らしが続いていたはず。 時計の針は、運命の針。 計画的か、気まぐれか。 人間の努力や優しさなんて。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください