秋渇き ようやく言いたき ことを言う

夏に弱いわたしは、暑い季節はじーっとして体力を持ちこたえ、体調を考え
過ごすのです。暑いときに思い立って何かしたり、頑張ったりしても、なんか
うまくいかないような気がするのです。
それが涼しくなると、体に力がみなぎってくるのがわかるのです。
悔しかったこと、腹がたったことも、順序たてて、冷静に落ち着いて考えて、
ガーンと言うのです。
言った場合のストレスと、我慢した場合のストレスを天秤にかけるのです。
言えば気まずくなるかもしれない。
自分が楽になるほうを選択するようにしています。

この句も読まれています。

し ず り 雪 隣 り 隣 り へ 連 な り て... 竹などに積もった雪が、その重みに耐えかねてずり落ちたり 風に吹き落されたりする。 雪が止んで日が射してきたために溶けて落ちることもある。 寒い寒い凍てつくとき、突然起こる動きというか音。 ひとつのしずりが引き金になって、つぎつぎと連鎖する。 滅多にない大雪に、ふだん聞かない音を聞く。...
わが身には 栗飯食うた 記憶なし 栗ご飯、秋の食卓、栗を剥くのはとても手間がかかって、大変 食べる家族の喜ぶ様子を思いうかべながら、支度をするのでしょう。 そんな手間のかかる、食卓を囲んだ記憶がありません。 まずくて吐きそうになりながら、目に涙を浮かべながら、むりやり詰め込んだ記憶ばかりです。...
た ら れ ば の 愚 痴 は 言 は ぬ と 明 け の 春... たらればの ぐちはいわぬと あけのはる 今さら過去は変えらません。 あのときの、あれが間違っていた、こうすればよかった、そもそももっと以前の選択がよくなかった。 そういうことなら、わたしは生まれたことがそもそもおおまちがいで、考えるだけムダです。 どこに行ったとしても、どんな道を選んだにしても、わ...
花ミモザ 咲き乱れ降る 異人館 ミモザの花は、どこか異国のにおいがする。 ヨーロッパから来たのであろうか、よく知らない。 古い洋館の瓦屋根にとてもよく似合う。 いつのころから、ここにあったものか、 誰か遠い国から持ち帰って、植えたのだろうか。 力いっぱい華やかで、どこか異国情緒を感じるのは わたしだけだろうか。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください