秋渇き ようやく言いたき ことを言う

夏に弱いわたしは、暑い季節はじーっとして体力を持ちこたえ、体調を考え
過ごすのです。暑いときに思い立って何かしたり、頑張ったりしても、なんか
うまくいかないような気がするのです。
それが涼しくなると、体に力がみなぎってくるのがわかるのです。
悔しかったこと、腹がたったことも、順序たてて、冷静に落ち着いて考えて、
ガーンと言うのです。
言った場合のストレスと、我慢した場合のストレスを天秤にかけるのです。
言えば気まずくなるかもしれない。
自分が楽になるほうを選択するようにしています。

この句も読まれています。

草 引 い て 犬 の ふ ぐ り は 手 の つ か ず... まだ寒さ厳しい日が続いているけれど、自然は決まったサイクルで、間違いなく針を進めている。 雑草は瞬く間に小さな庭を覆い尽くし、これ以上成長すると、もうやる気をなくすと、一念発起して朝から草取りに精を出す。 クローバーは繁殖が早く、手がつけられなくなるので、容赦なく成敗する。 四つ葉を探すなんて、とん...
享 年 の 若 き 仏 に 青 芒 きょうねんの わかきほとけに あおすすき 享年という言葉、年が若ければ胸に迫るものがあります。 不慮の事故もあったろう。 全力で闘い抜いた結果でもあったろう。 笑顔の遺影は、本人の強さや無念、親の苦労も思わせるものです。 精一杯であっただろう短い人生を、折にふれて思い出し、話題にし、忘れず、語り継...
蕾 な る も と よ り 菜 の 花 筑 後 川... スーパーで、今年初めて菜の花を見つけた。 蕾になるかならないかの若いもので ああもう春がそこなんだと気がついた。 見てはいないけれど、筑後川の堤防には、いま、一面の菜の花が咲く準備をしているのだろう。 去年、隣町の福祉センターのバザーで、こんな美味しいものがあるかと思うほどの、菜の花の漬け物を購入し...
田に水の はられてほっと 息をする ... 田んぼに水を張って、田植えの出来る状態になっている様子を、代田(しろた)というらしい。静かに水をたたえ、さらに雨を待っている、この景色はとても心を落ち着かせる。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください