秋日和(あきびより) 巡り合わせを 思いつつ

世の中は巡り合わせ。
努力も、それは大切だろうが、それではすまぬ力を感じることがある。
巡り合わせを大切に、それはまた諦めることを暗示しているのかもしれない。

この句も読まれています。

吸 う 吐 く や 熱 々 こ ろ っ け 秋 祭 り... すうはくや あつあつころっけ あきまつり 夏祭りなら、綿菓子かソフトクリーム。 そぞろ寒さを引き連れて、秋の祭りはアツアツのコロッケがいい。 イカ焼きは汚れるし、味が濃い。...
冬の田に 鶴多く居て 寂びしかり 出水…田んぼの鶴 あんなにたくさんいるのは、えさを撒いてるからだろう。 自然じゃない。 たくさんいて寂しいのは、人間ばかりじゃない。...
ち ちろ 虫 む か し の 恥 を 思 い 出 し... Teleogryllus emma (エンマコオロギ) / harum.koh いろいろなことがあって、いろいろ 恥をかいてきた。ときどきふと思い 出す。だからなんだ。たいしたこと じゃないじゃないか。恥かいて当た り前だろうが。あんたが教えなかっ たからだろうが。まったく反省がな いな、我ながら。...
散る花の 水面に浮いて 日を受けて... 散った桜が、水に浮く。 春日を受けて、きらきらとひかり、再びの美しさ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください