秋日和(あきびより) 巡り合わせを 思いつつ

世の中は巡り合わせ。
努力も、それは大切だろうが、それではすまぬ力を感じることがある。
巡り合わせを大切に、それはまた諦めることを暗示しているのかもしれない。

この句も読まれています。

お 立 ち 酒 先 の 苦 労 に 亀 の 鳴 く... おたちざけ さきのくろうに かめのなく 「 お立ち酒」 宮城県の民謡です。 嫁に行く娘を思う親の想いを唄ったものです。 「名残り情けのくくみ酒。 はやり風邪など引かぬよに」 哀愁を帯びた尺八の音色にのせて唄われる抒情たっぷりの民謡です。 嫁に行くことは、苦労を背負うこと。 それが少しでも軽くあり...
冬 ざ れ て 放 り 出 さ れ て 庭 の 下 駄... ふゆざれて ほうりだされて にわのげた たいていの豪邸には、座敷に上がる縁先に、ちょっと座れるくらいの大きな庭石が据えてあります。 そして日田杉で作ったような立派な庭下駄が備えてあります。 苔の上に楓の落ち葉が散るころまでは、とても絵になる風景ですが、このところの寒さでは、庭に出ることも厭われて、...
放 牛 の 烙 印 大 き 阿 蘇 の 露 ほうぎゅうの らくいんおおき あそのつゆ 人間というものは、残酷でどうしようもない。 阿蘇に放されているウシには、自分のものだという大きな焼印が背中に付けられています。 どうして、タグではいけないのでしょう。 痛みはいかばかりか。...
羽(はね)畳み 畳みして行く 秋の蝶 今ごろまで、蝶が飛んでいる。 羽の動かし方が遅い。それも羽の前を動かしてから、 後ろを動かすまでに、時間差がある。 夏の蝶は、そんなことはなかった。 夏の蝶は、羽を広げることに夢中だった。 ひらりひらりと低いところを飛ぶ。 みなさんと一緒のときに生まれれば、さみしい思いもしなかっただろうに。 それも...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください