秋日和(あきびより) 巡り合わせを 思いつつ

世の中は巡り合わせ。
努力も、それは大切だろうが、それではすまぬ力を感じることがある。
巡り合わせを大切に、それはまた諦めることを暗示しているのかもしれない。

この句も読まれています。

路線バス 冬の川沿い 辿るごと 路線バスは毎日の仕事だろうが、初めて乗る人には、心をうたれることがある。 暗い暗い夕暮れ時、バスは狭い道を走る。 停留所から停留所までがやたらと遠い。 道は川岸をぴったりくっついて、川は蛇行して流れも速い。 大きな石がごろごろしていて、川岸には水草も多い。 どこの停留所でもあまり人の乗り降りはなく、...
石階段 窪み(くぼみ)に花と 花の雨 神社に登る石造りの階段。 そのくぼみに早くも散った 桜の花びら、降り続く雨。 もうこれで、終わるかな。
古 来 種 は 脇 に や ら れ て 植 木 市... Iris sanguinea / 菖蒲 / 文目(アヤメ) / TANAKA Juuyoh (田中十洋) 日本古来の、椿や柳、花ならアヤメや菖蒲は、追いやられて隅の方。 何やら名前も知らない外来の、ちょっと見栄えがいいのか、派手な花が前面を仕切る。 静かな宿根草を求めて覗いた植木市。 アヤメなど、...
シャバシャバと 雨の降る芽の 勢いて... よく雨が降る。春の前触れか。木も草も勢いを増すだろう。この雨で。じっくり土に染み込んで、ちょっとの干ばつくらいで負けないように。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です