秋寒や あいつも 凍れ 凍りつけ

実らないどころか、忘れられた人間。
霜の降りるほど寒い朝には、こんなことをおもってしまうのです。
だからだめなのに…

この句も読まれています。

啻 な ら ぬ 旱 の 中 に 生 く る も の... ただならぬ ひでりのなかに いくるもの 「エアコンを活用しましょう。 朝までしっかり。 水分補給を怠りなく。 塩分にも気をつけましょう。」 したくても出来ない人がいる。 道路工事の人。交通整理の人。 工事に携わる人。 エレベーターのない5階まで、何回も往復して商品配達する人。 お金のない人。 人間...
痛いほど 五月の日差しと やりきれなさと... この激しい日差しはなんだろう。私は暑いのが苦手。いまからこれなら、夏が思いやられる。やりたくもない仕事で、街をうろうろする。レーザービームで攻撃を受けてるような気さえする。それにしても、このやりきれなさはなんだろう。吸う息吐く息ごとに重いというかむなしい。...
新 藁( しんわら) の 日 向 の 匂 い 深 々 と... 稲刈りが終わったら、新しい今年の藁が、山のように積まれる。 顔を突っ込むと、お日さまの匂い。干した布団の匂いに近いかもしれない。 無事に稲刈りが終わったとの証明の匂い。...
雛の日に 禍(わざわい)なければ 良しとする... 雛祭り、親は、幸多かれと祈りを込めるのだろう。 わたしの経験では、幸せを願うなど、畏れ多い。 わざわいがなければ、それでじゅうぶん。 あんまり大きなこと、祈願しても…。 できれば健康で、日々粛々と送れれば、それはもう、大きな幸せ、大きな喜び。 よかったらクリックください。励みになります。 ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください