秋寒や あいつも 凍れ 凍りつけ

実らないどころか、忘れられた人間。
霜の降りるほど寒い朝には、こんなことをおもってしまうのです。
だからだめなのに…

この句も読まれています。

隧 道 ( ずいどう ) を 抜 け て 再 び 木 の 芽 風... 隧道という言葉が好きです。 トンネルとイコールではないと聞いたことがありますが どう違うのか未だにわからずにいます。...
奨 学 金 奮 発 し ま す と 春 の 町 中学生は修学旅行中? / fukapon 鹿児島県伊佐市。九州の冷蔵庫と言われるほど寒いという。山間の町なれど、いちおう鹿児島県。新幹線の新水俣から、かなり内地に入るらしい。中学を出ると、ちょっと優秀な子は、近隣の都会に出て行ってしまうため、県立大口高校から、有名大学に進学した者には、なんと100万...
おろおろと 春の日暮れの 大根の花... 春の陽は、おろおろと暮れる。暑いのか寒いのか、風は吹いているのかいないのか、日は止まったように一定で、ある時を境に、つんのめったように暮れてしまう。その時を確かめようとするが、難しい。ただ白い大根の花が、薄暗闇にほわっと浮き上がって見える。遅い春は、大根の花が美しい。...
ほおづきの 先は青うて 売られおり... まだ完全には色づいておらず、先の方は青いままの そしてまだ完全なホウヅキの赤ではない、少し うらなりのほうづきが売られている。 今年は、生育が遅いのか、暑さのせいなのかは わからないけど、うらなりのほうづきもそれはそれなり。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください