秋寒や あいつも 凍れ 凍りつけ

実らないどころか、忘れられた人間。
霜の降りるほど寒い朝には、こんなことをおもってしまうのです。
だからだめなのに…

この句も読まれています。

悠 久 の 雨 青 蜥 蜴 ( あおとかげ ) 身 じ ろ が ず... R0026801 / urasimaru いつ止むとも知れぬ雨。 悄悄とという降りかたはこんなものかと思う。 苔むした庭陰の石に、前足を載せて、餌を狙うでもなく、辺りを窺うでもなく、ただそこにいる。 雨は永遠に降り、蜥蜴は永久にそのままなのかと、一瞬思った。...
まだ赤き すすきの穂にも 秋の露 秋のはじめの、まだ穂の赤いすすきが好きです。 高原ならなおさらです。 空気が澄んで、露が降りて、気分がいいのです。...
いつの日も 秋の金魚の 心地して k金魚は夏。秋にもなると、季節外れ、誰彼の興味もうすれ、存在も忘れられそうな。別にいいけど。とんでもない不幸でなければ、我慢できる普通ならいいけど。...
外はもう クリスマスかと 衿合わせ... t巷ではクリスマスツリーが準備されているという。都会には出ないから、テレビ情報。このあたりのスーパーではまだその気配はない。木枯らしが吹く。仕事帰りに買い物をしてスタスタ歩いて帰る。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です