秋寒し イノコズチあり 行き止まり

最近は、服にくっ付いて離れない植物見ることが少なくなったけど、子供の頃はセーターにくっついて、取ろうとすると毛糸までついてきて困ったものです。
秋は深くなり、細い道の先はもう行き止まり。

この句も読まれています。

米 つ い て 売 り ま す 師 走 道 の 駅... 朝倉の道の駅に、誘われて行った。新鮮な野菜、それに新米。いまここで、ついて売ると。高くない。誠意と自信の表れか。清々しい。...
黄 櫨 紅 葉 心 臓 ま で も 赤 く 染 む... はぜもみじ しんぞうまでも あかくそむ はぜ・・・ロウソクの原料になると聞きます。 はぜの紅葉は、燃えるように真っ赤になって、情熱的です。 其処らのカエデの紅葉とは迫力がちがいます。 なんと言うか、たぎるような赤です。 ただ、マケる人がいます。 皮膚が赤くなって、痒みが出て、熱も持つようです。 用...
百日草 頭支えて 夏を越す 百日草は、かわいい。茎のわりには大きな頭。 焼けるような日差しにも元気。
玄 関 は 使 は せ ぬ 婆 初 盆 会 げんかんは つかわせぬばば はつぼんえ昔の人の考えなのでしょう。玄関は、客用。家の者は台所横の勝手口から出入りしたものです。物は捨てないし。そのせいで、広告の紙や紐、空き箱溢れかえって、こっそりゴミに出しても、いつの間にか元の場所に戻っていたこともあります。戦争をかいくぐってきた世代はたくましい。手...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください